ブラックジャックによろしく 第7巻 [Kindle]

  • 19人登録
  • 4.20評価
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 佐藤秀峰
  • 2012年11月10日発売
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (222ページ)

ブラックジャックによろしく 第7巻の感想・レビュー・書評

  • 読み応えが出てきたなぁ。
    序盤の主人公の青臭さはなんだったんだろう。
    そのギャップがむしろ引き込む一因なのか。
    庄司先生、宇佐美先生の存在は大きいけど。

  • 末期膵臓がんの児玉典子のエピソードが終わり、斉藤自身が膵臓がん患者の辻本にどう対処するかという問題に直面する。
    小児科研修以来、制度の前に医者に何ができるのかという無力感に支配されていた斉藤だったが、皆川との中途半端な交際の中でふたたび自分を見つめ直す。そして、辻本に対してがんの進行状況や治療による回復の見込みがないことを告知する。そして未承認抗がん剤を勧めるのだが……。
    がんに対する無力感、がん治療に携わるすべての人々が不幸になっていく過程が、ときに熱くときに淡々と描かれていく。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ブラックジャックによろしく 第7巻はこんな電子書籍です

ツイートする