やがて哀しき復讐者【DVD】

  • 13人登録
  • 2.63評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (2)
    • (1)
  • 4レビュー
監督 : ロー・ウィンチョン(『タクティカル・ユニット 機動部隊 -絆-』『デッドエンド 暗戦リターンズ』)  製作:ジョニー・トー(『奪命金』『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』監督) 
出演 : アンソニー・ウォン(声:山野井 仁)  リッチー・レン(声:川島得愛)  キャンディ・ロー(声:斉藤恵理)  ジャニス・マン(声:下山田綾華)  マギー・チョン(声:安原麗子) 
  • キングレコード (2013年2月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988003815912

やがて哀しき復讐者【DVD】の感想・レビュー・書評

  • WOWOW。
    あまり感情が乗らない映画だった。
    忘れちゃいそう。

  • 今週も名画座に来ました。3本立てだと1本は訳わからん映画があるけど本作がそれです。これヒットしたの?みんなのレビューが2つしかない。私が3つ目。どう評価すればいいんでしょう。時間潰しにはいいかも。

  • これは秋生さんとリッチー主演でDVDも持っていたので(未見ですが)
    楽しみにしてました

    でもこれはちょっと、、、なんか、???が多すぎて
    イマイチでした。。。

    あらすじ
    「不動産会社の社長ウォンは、再婚した妻と一男一女の四人家族。娘デイジーは再婚相手を嫌い、グレて薬に手を出していた。ある日、ウォンに叱られたデイジーは家を飛び出すが、その後拉致された彼女の動画がウォンの携帯に届く。ウォンは娘の自作自演を疑い警察に届けず、誘拐犯の要求通り身代金を渡した。だがデイジーは遺体となって見つかった。ウォンは忠実な部下でボディガードであるイウとともに犯人を捜し始めるが…。」

    秋生さんは超ワンマンな社長で家庭でも横暴
    顔怖いし、きびし~~
    娘はぐれててはすっぱで全然可愛くない
    その娘がけんかして家を飛び出して誘拐されるんだけど
    狂言誘拐だと思う父親
    でも実は本当で殺されてしまう
    それでまあ後悔したんだろうけど、それよりも犯人を見つけて復讐したいって感じ
    それになんか父親も娘も自業自得って感じがして
    なんか可哀想に感じられないんだよね~

    しかも部下のリッチーが、命じられるままにすぐ殺人とかしちゃって
    いくら前科のある自分を雇ってくれたからといって
    ここまで忠実に罪を犯してまで命令に従うか???
    って、ちょっと納得がいかないんだよねー
    もうちょっとリッチーの過去とかを描いてくれればよかったんだけど
    現在の息子との関係ばかりでわかりにくかったです

    あんまり娘を思う父親の愛とか後悔っていうのが感じられませんでした
    仕事のやり方も犯人探しも復讐もかなり横暴。。。
    だから最後にボリビアの塩湖にまで娘のために行くんだけど
    いまいち感情移入できなかったなー
    うーん、これはもう一度見ないとだめかな?

  • テーマ的にあまり好きではないけど、ありだとは思う。
    リッチー・レンがいい味。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする