桐島、部活やめるってよ (集英社文庫) [Kindle]

  • 105人登録
  • 3.59評価
    • (11)
    • (13)
    • (13)
    • (5)
    • (2)
  • 23レビュー
著者 : 朝井リョウ
  • 集英社 (2012年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (256ページ)

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この作品だけだったらそんなに気にしないのだけれども、どの作品についてもあちらこちらですこぶる評判がいいので、とても気になり、まずはこれから、と読んでみた。正直、すごく若い作家だから、文章もイマドキな感じなのかな、高校生の話なんてついていけないかも、とあまり期待していなかったんだけど、すぐに入りこめてぐんぐん読めたし、おもしろかったし、すごくよかった。そんな資格まったくないのに上から目線で偉そうに言うと、ストーリー運びも文章も達者、って感じで、安心して読めた。高校生女子のパートも若い男性が書いたとは思えない。
    文章も、いい意味でごく普通というか、もってまわったところがなくてすごく読みやすくて、勢いがあるのに繊細な感じがよくて。

    なんだろう、高校生の話とか青春もの、っていうと、きれいごとすぎる感じがしたり、まっすぐさが鼻についたりすることあるけれど、そういうのが全然なくて、すごく素直に受け入れられる感じで。
    高校生ひとりひとりのパートになっていて、起承転結があるわけでも、とくに盛り上がるっていうわけでもなく、淡々としている構成がいいのかな。

    ほかの作品もぜひ読んでみたい。

  • 青春学生生活を思い出したけど、ストーリー的に見ると全然内容がない。ストーリー性を求めてたのでなんかしっくりこなかった。読みやすく、こんなこともあったなくらいはある。1人重めの生活を抱えてた女の子のは楽しめた。こうゆうこも自分の学生生活にいたのだろうか、周り全然見てなかったな

  • 高校生の青春っぽさと、嫌なところがいっぺんに描かれていた。それぞれの話に深い関連性はなく、短編集のように読めた。自分の名前を忘れられた、自尊心の高い女の子の話が好き。

  • 高校生ぐらいまでの、あのうっとうしさがみごとに再現されていて、ある意味しんどかった。運動部のなかでもいろいろあるんでしょうけど、正直、運動部に属している時点で勝ち組(^_^;;

    『何者』に比べると文章がまだ洗練されてなくて、それもちょっとしんどかったかな。そこがいいという考え方もあるかもしれないけど。

  • 2016/7

  • 【真似したい比喩表現がたくさん。】
    遅ればせながら読了。
    1つの出来事が、波紋のようにゆらゆら広がって、変化します。
    学生時代は、ほかの女の子の可愛さや制汗スプレーの香りを気にしてたなぁとか。
    誰にも共通でありそうな日常を、カラフルに切り取った作品でした。

  • 期待して読んでみたのですが、
    読む人の年齢で読みやすさが変わる気がしました。

    私は最後まで読むのが結構大変でした。

  • 学生時代に溜め込んだルサンチマンを
    思い起こさずにはいられなかった。

    本書、人によってはきっと特別な一冊になる。

    読み終わってなお、胸の奥がチリチリしてる。

  • 多分私の好きなジャンルじゃなかった。話題になった本だからと手に取ってみたが、初めの章でやめてしまった。もう少し頑張って読み進めればよかったのかな?

  • 映画がものすごく評判がよいので満を持してまずは原作を…原作越えする映画なんてそうそうないのですが、なるほど原作が大変シンプル。そして映画オタクの前田が神木きゅんで主人公なのだからそりゃあもう…はよ観よ。

全23件中 1 - 10件を表示

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)はこんな電子書籍です

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)の文庫

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)の単行本

ツイートする