追想五断章 (集英社文庫) [Kindle]

  • 65人登録
  • 3.45評価
    • (1)
    • (9)
    • (9)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 米澤穂信
  • 集英社 (2012年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (296ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
米澤 穂信
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

追想五断章 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 古本屋バイトの主人公が客の依頼で5つの短編小説を探すことになるミステリ。淡々と話が進み登場人物も話の雰囲気もすべてが薄暗く結末もしんみりさせられた。「雰囲気」を味わって読みたい一冊。

  • 好印象な一冊。決して、ビブリア古書堂とか、そういう風潮に絡めて読んではいけません(時系列的にも整合しません)。「さよなら妖精」にあったような、そうはいっても世界はこんなに波乱に満ちているよという観測はよしとして、ああ、そうか、解説にあるロス疑惑をここに見いだしたくは無かったし、そういう印象は持たなかった。アメリカ合衆国、特に西海岸に見られる、現在と歴史との分断ぶりは、主人公(とは、古本屋の彼ではない)の振る舞いとの親和性が低いと思うから。
    いや、うまいじゃないですか、米沢穂信。それで十分ですよね。

  • 再読。作者の筆力に驚嘆です。
    主人公は依頼を受けある方の遺した五つの短編を探すのですが、見つけ出した作中にはある過去の事件の謎を読み解く鍵が隠されていた…という感じの物語なのですが、まずこの短編が素晴らしい。
    年代も思想も、ましてや執筆の動機も違う別の人物になり切って物語を書き、それでいて妙に惹かれる面白さがあるのですから。参りました。
    問題提起も何もない所から静かに始まり、いつの間にやら深い事件に巻き込んでくれる所なども流石。ちと弱いが意外な結末も控えており素晴らしい一冊でした。
    これ作者の代表作でいいのでは?

  • ふと似ている気がしたのは最近話題の「ビブリア古書堂の事件簿」ですが、古本屋とミステリーという共通項だからでしょうか。こちらが探すのは実在する本ではなく、時代設定もまたこちらのがやや古いのですが、古本屋のどこかほこりっぽいような静けさ、みたいな空気感が似ているのかもしれません。
    5つの物語をどう見つけるか、という要素と、そこから浮かび上がる大きな謎解きと、ミステリーは二つの要素が含まれているのですが、最後はあまり衝撃!という感じではありませんでした。ただ、それなりのインパクトを持つ結末は用意されていたとは思うので、これは前ページを見返しながら読み進めたいこの本と、電子書籍という媒体の相性が悪かったのかなと思います。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

追想五断章 (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

追想五断章 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

追想五断章 (集英社文庫)はこんな電子書籍です

追想五断章 (集英社文庫)の単行本

追想五断章 (集英社文庫)の文庫

ツイートする