BRUTUS (ブルータス) 2012年 12/15号 [雑誌]

  • 249人登録
  • 3.68評価
    • (9)
    • (16)
    • (20)
    • (2)
    • (0)
  • 26レビュー
  • マガジンハウス (2012年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910277531229

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
いとう せいこう
羽海野 チカ
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

BRUTUS (ブルータス) 2012年 12/15号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • ネットで評判をちらちら聞いていたので、少し前に買い置きしていたもの。

    『BRUTUS』は本の特集を定期的に企画しているのだけれど、どこかちょっと自分の好みとは合わなくて、数年前に一度買ったきり。今回も、「どうだろう?」と思って目次をめくると、各文芸誌さんがお抱えの売れっ子作家さんの短編、もしくは連載の初回を提供し、小説以外にも作りこんだ記事がちりばめられている。メジャー文芸誌とのタイアップ企画というより、増刊号の趣き。気合の入りようが尋常でなく、思わず買ってしまった。

    若手・中堅の作家さんに格別のごひいきはいないので、こうして並べて読めるというのは、ズボラにとってはありがたい。あらためて読むと、売れている作家さんというのは、素直に「上手いなあ」と思うし、しばらく読まなかったら「うわっ、こんなふうに書くんだ!」と新しい視点を見せられてドキドキしてしまい、ページをめくる手が止まらない。有川浩さんは直球で人間の感情のツボをついてくるのが本当にお上手で、「引っかからねえぞ!」と思ってもうるっとやられてしまうし、朝井リョウさんは、表現に細やかさが加わって、順調に作家のキャリアを伸ばしてらっしゃる。マジでskyrocketingじゃん!

    鹿島田真希さん、堀江敏幸さん、絲山秋子さんの、愁いと感情のざらつきと不安定さや疎外感を描く文章の巧みさには、安定感がありながら、「どこかで読んだような…」というマンネリ感もなく、新鮮に感じた。この号の中では、正統派の「文芸」という感じで美しい。

    掲載小説のマイ・ベスト2は万城目学さんと舞城王太郎さん。万城目さんは中島敦の本歌取り(だと思う)で、「『ホルモ―』や『しゅららぼん』でなくても勝負できるじゃん!」とすごく楽しかったし、舞城王太郎さんの160km剛速球ど真ん中ストレートなボーイ・ミーツ・ガールにはハマった。舞城作品は基本、どれもトンデモカオス+ラブなストーリーなんだけど、これはトンデモカオス部分を抜いて、少し抑制された明晰な表現で正面突破してくる。いやあ、もう拍手喝采アンコールの嵐。でも、これで終わるからいいんだからねっ!続編はいらないよっ(笑)!

    小説だけでなく、周辺企画も楽しかった。文壇バー、作家の缶詰部屋、アメリカで最も恐れられる書評家のミチコ・カクタニといった小ネタコラムも面白いし、インターミッションに挟まれる対談が、作家・書評家・装丁家と、本にかかわるかたを全方位の人選で、文芸至上主義というより、本を愛する人たちをリスペクトしているようで幸せな気持ちになれた。ただ、対談の背景写真と本文のコントラストをもうちょっと何とかしてほしかった。目がチカチカします(笑)。

    文芸誌は好きなところだけ読めばいいとわかってはいるものの、むやみに完読癖があるせいで、大変面白かったものの、結構疲れました(いつも同じこと言ってる気がする:笑)。充実度からいうと☆5つなのですが、『海外文芸は翻訳者で選ぶ。』のリファレンスにあと5人ほど追加していただければ無敵だったと思うので、この☆の数となりました。ちょっとだけごめんなさい。

  • 特に有川浩「みとりねこ」、万城目 学「悟浄出立」が印象に残る。
    たまには文芸誌を読むのもいい。
    「海外文芸は翻訳者で選ぶ。」楽しく読めた。

  • 面白かった。久しぶりに活字ばかりの本を読んだ。
    そうだ、僕は本が好きだったんだ。
    今は時間が無くて、雑誌ばかり読んでるけど、ちゃんと小説が好きな気持ちは無くなってないと分かった。

  • 「みとりねこ」と「濡れ衣の話」がじんわりきた。年末のんびりしながら読みたかったので年末恒例みたいにしてほしー。

  • 個人的に読みたい作家さんが連なっている!読みたい!

  • んーー読みたい!

    http://magazineworld.jp/brutus/745/
    「文芸ブルータス」。たった一度きりの文芸誌、創刊です。
    たくさんの魅力的な小説がモノクロページにぎゅっと詰まった「文芸誌」。ある意味、ブルータスともっとも対照的な雑誌といえるのかもしれません。今回、その「文芸誌」を作ってみようと考えました。新潮、小説新潮、オール讀物、群像、小説すばる、文藝、yom yom、en-taxiといった日本を代表する文芸誌8誌の協力を得て、本邦初公開や単行本未収録作品など、人気作家の小説11篇を掲載。それ以外にも、新作が出たら読みたい作家32人を一挙紹介。文芸に関わる人たちによる5つの対談に、翻訳者や文学賞、文芸誌カタログなど、文芸誌になかなか手が出せなかった方々にも、これを機に文芸に親しんでもらえるような内容になっています。
    普段のブルータスとは全く違った、モノクロページ中心の豪華198ページ。ここで多くは語りません。まずは手に取って、それぞれの物語に夢中になってみてください。

  • 「みとりねこ」…泣きました。有川浩さんの他の作品も読みたいです。
    「文芸で越境する。」…堀江敏幸さんと都甲幸治さんの対談は、2ページ目の殆どの文章を引用したくなりました。翻訳への批判、しがちですが…。
    読んでみてよかったです。

  • 「 . . . 中島敦や芥川龍之介の王朝もののような格調高い歴史短編を書いてみたいというのが憧れとしてあった」という万城目学のインタビュー記事をみて、本誌に載った『悟浄出立』と文芸誌に載った『趙雲西航』を読みたくなった。

  • やっと読んだ!

  • 最後の二話だけ残してたのをやっと読みました。いろんな作家さんの短編を読み比べできてよかったです。日頃だったら絶対読まないようなタイプの文にも触れられるのがこういう本のいいところかな。yom yomとかね。

  • こういう企画、是非またやってほしい。
    読まず嫌いな自分には良いです。
    全部読んでないけど笑

  • 有川浩「みとりねこ」
    やばいくらいの号泣。また優しく男のこに感動。

    伊坂幸太郎「濡れ衣の話」
    よくわからない。

    万城目学「悟浄出立」
    わー、西遊記をこう読むのも楽しい。河童と豚と猿。猿が偉かったんだ。

    新作が出たら読みたいまだ読んだことない
    白石一文「僕のなかの壊れていない部分」
    紫崎友香「わたしがいなかった街で」
    米澤穂信「さよなら妖精」
    西加奈子「漁港の肉子ちゃん」

    読んだことある
    三浦しをん、綿矢りさ、中島京子、金原ひとみ、辻村深月、道尾秀介、沼田まほかる、湊かなえ、窪美澄

  • 風呂で読んで保存できなくなってしまったので「新作が出たら読みたい作家32人」と「海外文芸は翻訳者で選ぶ」のみ切り抜き。ブルータスってページ右下にphoto、text、editってローマ字でクレジットが、人名は漢字にしてほしいなって思う。

  • 文芸誌への愛が詰まった、贅沢な一冊。
    寄稿している作家陣がそうそうたる顔ぶれで、それだけでも読む価値ありだけど、他の企画も充実している。

    読みたい本が増えたり、対談の言葉たちに頷いたり、小説を読んで泣いたり(電車で涙が止まらなくなって困った)、
    楽しませてもらいました。

  • 一つ目と三つ目が好き

  • 舞城「あなたは私の瞳の林檎」再読。これは勢いがない気がするなあ。
    伊坂「濡れ衣の話」言いたいだけ感。
    都甲・堀江対談(海外文学を読もう)よかった。
    いしい・朝吹対談は浮世離れ、世界が違うわ。
    対して戌井・津村の地に足つきぐあい、よかった、こちら側にしたって極めきわめてらっしゃるけど。
    名久井・池田の装丁対談も夢がふくらむ。名久井さんショートヘアなの。

  • ふだんは好きな作家の本ばかり読んでいるけど、読んだことのない作家の文章にいろいろ触れられて、小説の愉しみの世界が広がった。作品以外のコラムもとても面白く、読んでみたい作家や作品もたくさん見つかった。長い付き合いになりそうな保存版になりそう。

  • 掲載されてる短編全部はまだ読んでないけど、有川浩「みとりねこ」、舞城王太郎「私はあなたの瞳の林檎」がオモシロかった。今まで読んだことない作家に挑戦してみようかと。

  • とても素敵な企画ですね。
    文芸誌はあまり買いませんが、こういう事されると飛びついてしまうミーハー気質。

    作家のラインアップも、当たり外れの少ない実力派が揃っております。
    でも私はやはり舞城が好きでございます。

    小説の合間の企画物も、とても楽しかったです。

    13.01.07

  • ブルータス文芸号を読んでいる。http://magazineworld.jp/brutus/745/ 表紙にある堀江敏幸の名前だけで買ったのだけれど、読み物ぎっしりで面白い。これはお買い得。読んだことの無い作家は、本だとなかなか手がでないけど、こういうアンソロジー的なものだと作家の新規開拓ができる


    文芸ブルータス読んだ。http://magazineworld.jp/brutus/745/ 短編以外の読み物がよかった(え?)特に装丁の対談とか翻訳者ガイドとか、あとページ左に時々出てくるコラムとか。作家&代表作紹介のブルータス選書の欄も。短編群はそれこそ「学習と科学」の読み物特集みたいだった(つづく


    書評についての対談で書評家と言われている人が、あらすじをかいつまんで面白い部分を紹介するだけの雑文を書評の括りに入れていてびっくりした。もはやそういうことになっているのか、それで書評家を名乗ることが許されるのね。翻訳家による訳者あとがき/解説のほうがずっと書評っぽいよ(つづく


    翻訳家紹介の欄で柴田元幸の次に藤井光の名前が。そうかこの人はこんなに注目されているのか、面白い本ばかりだものね。わたしの中の翻訳家年表は堀口大學や野崎孝で始まり、野崎歓や青山南、沼野充義は最近のつもりだったけど、どんどん新しい人が年表に追加できてうれしい。都甲幸治もすき(おわり

  • 毎回楽しい特集で興味の幅を広げてくれるBRUTUSが文芸!?
    そう思い手に取ると、これはスゴイ。
    普段のBRUTUSとは違う、文芸誌を意識した装丁。これだけで一つの名前を持つ雑誌の可能性を感じたが、中身は今を輝く作家さんたちの作品がぎっしり詰まっている。
    いつもより広告も少なめな気がして、広告費とか大丈夫かな?と心配してしまったのは余計なお世話か(笑)
    とにもかくにも満足な一冊となったのは間違いない。
    この一冊を読んだことで掲載されていた文芸誌なども手にとって読んでみたいと思った。
    「みとりねこ」は「私はあなたの瞳の林檎」思わずほっこりとなるお気に入りの物語になりました。

  • 650円安い、うれしい!

  • 悟浄出立が中島敦のもじりかしら!?ってわくわくして買ったら、有川浩のみとりねこに轟沈されました。いい話だった。

全26件中 1 - 25件を表示

BRUTUS (ブルータス) 2012年 12/15号 [雑誌]に関連する談話室の質問

BRUTUS (ブルータス) 2012年 12/15号 [雑誌]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

BRUTUS (ブルータス) 2012年 12/15号 [雑誌]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

BRUTUS (ブルータス) 2012年 12/15号 [雑誌]を本棚に「積読」で登録しているひと

BRUTUS (ブルータス) 2012年 12/15号 [雑誌]の作品紹介

BRUTUSが一度限りの文芸ブルータスに。
8誌が出版社の垣根を超えて、文芸誌を作ってしまったようです。豪華。

BRUTUS (ブルータス) 2012年 12/15号 [雑誌]に関連するサイト

ツイートする