NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2012年 12月号 [雑誌]

  • 39人登録
  • 4.00評価
    • (4)
    • (10)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : ナショナル ジオグラフィック 
  • 日経ナショナルジオグラフィック社 (2012年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910068471222

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2012年 12月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • ◆「静かなる森の巨人」
    米国シエラネバダ山脈にそびえるジャイアントセコイアの木。
    樹高は75メートル。根本の直径は8メートル!
    樹齢3200年という、想像を絶するような長生きさん(笑)
    私達が塵に還った後も、ずっとこの地を見守り続けるんだろうな。

    ◆「メタンは善か悪か」
    新エネルギーとして注目されているメタンガス。
    燃やせば割とクリーンなエネルギー源になるものの、
    燃やされずに大気中に放出されるメタンが増えているとのこと。
    それは地球温暖化を加速させる。

    水道の蛇口から流れ出る水にマッチを近づける写真にビックリ。
    大きな炎が上がっている。おばちゃん、笑ってる場合じゃないよ!
    今後は放出されるメタンをどう回収するかが問題になりそうですね。

    ◆「シャーマン 精霊に選ばれし者」
    なんだか、ドラクエにありそうなタイトルですが(笑)
    現世と目に見えない世界の橋渡しをするというシャーマン。
    モンゴルを中心に、その人数が多くなってきているという。

    何故今になって?と不思議に思ったのだけれど、
    世界的な社会不安が一因になっているのは確実だろうなと思う。

  • 2012年12月号の目次
    静かなる森の巨人

    米国シエラネバダ山脈にそびえるジャイアントセコイア。実測調査で、その驚くべき素顔が明らかになった。

    文=デビッド・クアメン 写真=マイケル・ニコルズ

     米国カリフォルニア州に横たわるシエラネバダ山脈。その南部、標高約2100メートルの高地に広がるセコイア国立公園の斜面に、1本の巨大なジャイアントセコイアがそびえている。「大統領」と名づけられたその木の全容を探ろうと、森林学研究の第一人者が実測調査を敢行。新たな事実が次々と明らかになった。
    編集者から

     本特集は、特製付録のロングポスターをわきに置いて読んでみてください。このポスターで10倍、そして、この写真の撮影秘話が掲載されている「取材現場」のページ(ウェブでは未掲載)で20倍楽しめますよ!(編集H.O)

    ガザ地区の密輸トンネル

    建築資材、家畜、パソコン……。パレスチナのガザ地区では、あらゆる物資がトンネル経由で密輸される。

    文=ジェームズ・ベリーニ 写真=パオロ・ペレグリン

     パレスチナ・ガザ地区では、ほとんどの国境検問所と空港、海域がイスラエルによって封鎖され、人々の出入国や物資の輸出入が厳しく制限されている。街は内戦やイスラエルによる攻撃で荒廃し、利用できる農地も限られていて、食料や物資の不足が深刻な状態となっている。

     この窮状に立ち向かうためにガザの人々が考案したのが、エジプトとの間に地下トンネルを掘り、それを使って物資を密輸する方法。現在、ガザ地区にはこうした「密輸トンネル」が数百本あると言われ、建築資材や食料、医薬品、衣服、ガソリン、パソコン、家畜、自動車など、ありとあらゆる物資の調達ルートとなっている。

     しかし、大半のトンネルは大人ひとりがやっと通れるほどの狭さで、いつ崩れてもおかしくないような粗末な造りだ。坑内では崩落事故や火災が起きるほか、イスラエル軍の空爆に遭うこともある。

     密輸トンネルとはどんなものなのか? そこで働く人々のつらい現実とは? ガザ地区の「危険に満ちた生命線」に潜入した。
     12月号が印刷されていた11月半ば、ガザ地区での武力衝突が激化しました。ハマスをはじめとするパレスチナ人武装勢力がイスラエルへロケット弾を撃ち込み、イスラエル軍は空と海からガザ地区を攻撃しました。イスラエルの攻撃目標は、ハマスの拠点やロケット弾など武器の保管場所、自治政府、メディア関連施設です。特集で取り上げたラファの密輸トンネルもイスラエルによる空爆の対象となりました。
    編集者から

     ガザ地区では、消費財の3分の2がエジプトからトンネル経由で密輸されるそうです。イスラエル軍による空爆で破壊された建物を再建したいと思っても、建築資材を密輸しなければならないという、何とも不条理な現実があります。日本では空爆のニュースはときどき報道されますが、人々の暮らしまではなかなか伝えられません。ガザ住民の窮状を伝える貴重なルポルタージュ。まずは、写真家集団マグナムフォトに所属するパオロ・ペレグリンの写真からご覧ください。(編集T.F)

    極楽鳥を追いかけて

    ユニークな姿と生態をもつ極楽鳥。その39種をすべて記録する前代未聞の調査に、二人の男が挑んだ。

    文=メル・ホワイト 写真=ティム・レイマン

     「極楽鳥」の名で知られるフウチョウ科の鳥たちは、ニューギニア島など限られた地域に生息する。食料が豊富で天敵の少ない楽園に暮らす彼らは、多彩な進化を遂げてきた。なかでも雄の華やかな姿と、彼らが繰り広げる求愛行動の奇抜さは、自然界でも例を見ない。

     雄たちの涙ぐましいまでの競争は、すべて雌の歓心を買うためのものだ。では、こうした求愛行動は、観客である雌たち... 続きを読む

  • 大きな木は魅力的。

  • なんと言ってもジャイアントセコイア!!!

    数年前の特集の時は、自分でもよくわからないけど
    セコイアの姿に、その佇まいに、涙が出てしまったことを思い出す。

    その雄大で壮大な、それでいて凛と控えめな姿に、
    彼らが見てきた年月の長さに、
    その静けさに、ただただ感動する。

    できるなら死ぬまでに一度はこの目で拝んでみたい。

  • ネットなどでジャイアントセコイア「プレジデント」の画像が話題になっていたので、書籍を購入。
    ジャイアントセコイアの特集はもちろん、パレスチナの地下壕の写真特集もおもしろい。
    よく撮ったと感心する。

  • 印象に残った記事は次の3つ

    ・ガザ地区の密輸トンネル
    重い話。
    イスラエルの経済封鎖により、人や物資の行き来を制限されたパレスチナ・ガザ地区。
    隣接するエジプトに通じる密輸用の地下トンネルが住民の暮らしを支えている。

    その多くが、いつ崩れてもおかしくないような粗末なトンネル。だが、それに頼らなければならない。生きるために。
    政治の都合で、割を食うのは、いつも庶民。

    ・極楽鳥を追いかけて
    世界に39種いる「極楽鳥」と呼ばれるフウチョウ科の鳥。
    その39種全てを写真に収めた”紳士録”

    大航海時代、フウチョウの剥製は足を切られた状態で本国に送られた、という。
    それを見たヨーロッパの人々は、「この鳥は木にとまらず、ずっと飛んでいるから、足がないのだ」と思い込んだらしい。

    本来なら「そんなバカな」と一笑に付すところだが、フウチョウの姿を見ると、そう思ってしまうのも無理はない、と納得してしまう。

    また、フウチョウの仲間は、ユニークな求愛ダンスでも知られる。
    しかも彼らは、自分のダンスがよく見えるように「舞台」を整えることまでするらしい。

    まさに「極楽」の名前がピッタリ、という感じの鳥。
    今回、重い話の多い中で、ホッと一息つける記事だった。

    ・メタンは善か悪か
    石油や石炭に代わるエネルギーとして注目されるメタン。
    新聞やテレビで時々、メタンハイドレートの話題がとりあげられることもあるので、知っている人も多いだろう。

    が、「負の面」が語られる事は少ない。
    メタンは燃やせば、比較的クリーンなエネルギー源だが、そのまま大気中に放出された場合、二酸化炭素以上に温暖化を加速させてしまう。

    米国では採掘の競争が過熱気味で環境への影響調査や汚染対策が不十分なまま、「石炭に比べれば環境負荷が小さい」(石油と比べたら?は不明)という美名の元、採掘が先行しているらしい。
    この構図、単語を入れ替えたら、どこかで聞いた話そのままのような気がするが、気のせいだろうか。

  • 海面が低かった頃、北海に広大な土地が広がり、そこに住んでいる人たちがいたなんて話は初めて知った。海面上昇で土地を追われるのは今に始まった話ではなかった訳だ。

    巨木のセコイアが樹齢三千年を超えた今でも生長しているというのに驚き。同じ生物として時間の尺度が全く違っているなぁ。人が三千年生きたとしたら、何を見ることになるだろうか。

全7件中 1 - 7件を表示

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2012年 12月号 [雑誌]を本棚に登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2012年 12月号 [雑誌]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2012年 12月号 [雑誌]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2012年 12月号 [雑誌]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2012年 12月号 [雑誌]を本棚に「積読」で登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2012年 12月号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする