LES MISERABLES

  • 23人登録
  • 3.57評価
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
アーティスト : OST 
  • POLYD (2012年12月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 0602537245857

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

LES MISERABLESの感想・レビュー・書評

  • もっと曲を入れて欲しかったな。

  • !装置すごい、オブジェすごい

    !サマンサさんの声と役柄が好みだった

    !女難みたい

    !DVDより劇場で鑑賞した方がよいのはたしかかも

  • 2012年公開のHugh Jackman主演"Les Misérables"のサウンドトラック。同名の大ヒットミュージカルを映画化したもの。使用された曲全てが収録されてはないです。それでも十分に感動的な作品です。国内盤もありますが輸入盤のジャケットの方が素敵だと思います。

  • あけましておめでとうございます。新年一発目の映画はこれ。世界各国でロングランされていた同名のミュージカル作品の映画化。
    一言で言うと大作!とてもダイナミックで、世界観に引き込まれた。これは劇場で観るべき作品だ。
    罪とは、正義とは何か、がテーマ。
    優しさ故の出来心である罪を犯してしまったことで19年牢獄に入れられ、仮釈放されながらも、過去の自分を捨てるため、人生をリセットすることを誓う主人公のジャン・バルジャン。市長として新たな人生をスタートさせた彼は。しかし1人の女性と出会い、また運命が大きく揺さぶられる。そしてまた再び永遠のライバルである、警官のジャベールに執拗に追われる羽目に。何かこの設定が銭形警部とルパンみたい、と思ってしまった。
    もう一人の主人公の、ヒロイン・コゼットは、幼い頃自分を救ってくれた「パパ」(ジャン・バルジャン)の過去を知らない。やがて成長した彼女の前に、運命の相手・マリウスが現れる。二人同時に一目惚れして恋に落ちるのだ。(あり得ないんだけど、ミュージカルだから有り。)コゼットのキラキラした瞳がとってもキレイ。
    喜び、哀しみ、怒り、愛情、嫉妬、憎悪、・・・人間のあらゆる感情がぶつかりあって、色んな登場人物に感情移入出来てしまう。
    そしてすごくこの映画、長い。正直、一瞬寝てしまった。
    何故なら、ミュージカルなので、ほぼ台詞はゆーっくり歌いながら進んで行くのだ。途中、「ああもう早く言えよ」って思ったけど、後半は慣れて来た。
    最後のシーンは、圧巻!感動大作でした。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

LES MISERABLESはこんな音楽です

ツイートする