Princess Arthur (プリンセス・アーサー) (通常版) - PSP

  • 116人登録
  • 3.85評価
    • (8)
    • (25)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 16レビュー
  • アイディアファクトリー (2013年3月28日発売)
  • Sony PSP
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4995857092659

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Princess Arthur (プリンセス・アーサー) (通常版) - PSPの感想・レビュー・書評

  • 【あらすじ】
    城下に暮らす「普通の少女」だったはずの主人公だが、「選定の儀」にて聖剣を抜いたことで人生が一転する。
    なにも知らない少女は王となる。

    【主人公】
    元騎士で現在は城下街・キャメロットにて剣術道場の師範をしている父のもとで育つ、上流階級の少女。
    剣の腕は騎士である兄より優れている・・・という猛者。
    家庭的で心優しい。
    とても生ぬるい思想を持ってはいるものの、頭は悪くないしお花畑でもない。

    一方で、性格が卑屈。乙女ゲームならではの”私って謙虚な主人公デショ”を表そうとしていたんでしょうけど、上流階級の女性で頭が悪くないのにこれだけ自分に自信がなくヘコヘコしているのは「卑屈」。
    また、「…きゃああああっ」みたいな叫び声を比較的頻繁にあげるのも気になる。”騎士のお兄さんを倒す剣の腕”はいったい何の為についている設定なのか気になる。


    【攻略対象】
    いわずもがな円卓の騎士たちがお相手です。

    どのキャラも騎士なだけあって比較的紳士的(王様である主人公に対し「おまえ」呼びなど、正直「敬っていないでしょう」な行動に目を瞑れば、ですが)。
    クセもそんなに無く、王道。ガラハットの教科書ツンデレには毎度吹く。
    基本的には主人公と攻略対象、という視点で描かれ第三者が絡まないので(一部例外あり)、キャラ同士の絡みが欲しい人にはちょっと弱いやもしれません。


    【システム】
    いつものオトメイト。
    共通パートが長いので、本当に選択肢スキップが欲しいです。
    お願いします…orz


    【形式】
    ノベルゲーム。
    4章までは共通、5章から個別、8章が終章。
    個別に分岐してからも長いですが、他キャラとかぶるイベントもあるので、既読が使えないのが痛い。長いだけに本当に痛い。


    【ストーリー感想/考察】
    <<主軸>>
    王として何をすべきなのか、右も左もわからない状況ながら、次第に「自分に課せられた運命とその意味」を模索し、「平和な国」という遠き理想を思い描くまでの流れ(~4章)は燃える展開で面白い。

    …なのに、個別に分岐した途端恋愛脳になって終わるので、中途半端感は否めない。

    <<恋愛>>
    「好きになったきっかけ」の描写はないですが、「惹かれあった後の距離の詰め方」は丁寧かなぁ、という印象を抱きます。
    好きになったのは唐突だけど(笑)、好きになってからイベントを挟み、トラブルに一緒に立ち向かい、エンディングまでに確固たる絆を築いて終わる。

    留意点として、恋愛しているときの主人公は「王様」でなく完全に「ただの女」です。
    身分とか、葛藤とか、国際問題だとか、そういうのとは無縁な”乙女ゲーム仕様”なので期待すると拍子抜け。


    【その他】
    <<音楽>>
    結構、いいと思います。
    メインテーマの曲が好きで、「ここぞ」なシーンでかかるのは盛り上がって良い。
    同曲のバラードアレンジはどこか悲壮感があって、それはそれでとても好き。

    <<絵>>
    クセのある絵で、個人的にはあまり好きな絵ではありません(笑)
    見馴れた後でも、特段「綺麗な絵」とも思わないです。(汚いとも思いません)

    …が、しかし、スチル数がとにかく多いのには脱帽!
    差分を含めると各キャラ30枚越えるスチル数です。すごすぎる!


    【感想】
    話が長いです。
    …もう少し具体的にいえば、無駄な設定と無駄なエピソードが多い、と思う。
    「話が長い」といっても、「薄桜鬼」や「緋色」のような、テンポが悪いグダグダとした長さではないんですが…、

    例を挙げるなら、主人公のスペック。
    序盤、主人公のハイスペックぶりをこれでもか!と語られる訳ですが、実際彼女が活躍するかといえば「否」。
    「騎士であるお兄さんに勝てるほどの剣の腕」なのに戦場では「きゃああ!」って叫んだり逃げ出したり・・・。
    ストーリーに関係ない設定って「無駄」以外の何物でもないです。
    イベントも、たくさん収録してくれるのは嬉しいのですが、もっと削ぎ落として大事な一点をしっかりと描写した方が印象に残って良いと思う・・・。

    また、シナリオの途中まで王様業を頑張っているのに、個別に分岐した後一気に恋愛脳になっちゃうのも…もったいない。
    目標は定まったのに、目標に向けて歩き出す、その道筋や過程の提示がなく終わるので、終盤のラスボス戦(笑)をもうちょっと、目標に絡めて構成できていたらもっと良かったんじゃ…と思います。

    物凄く辛口で書いていますが、2013年のオトメイトさん新作では群を抜いて良く出来ている作品だと思います。
    私はこの作品、好きです。好き故に色々目に付くというか、惜しい要素が多くてやきもきします・・・。

  • 文章が一部気になったり、もっと序盤から恋愛Ev.を入れればもっと盛り上がったりもしたのに…と思いますが、少女の成長をじっくり描いた良作だと思います。それにしてもサブキャラ勿体無い…攻略したかった。好みだったのはランスロットルート。

  • アーサー王と円卓の騎士のif物語でした。

    メドラウトが何故攻略できないのか
    1日かけて教えて欲しい作品


    何はともあれガラハット可愛すぎます。
    大嫌いからのキスとかその後の大好きとか
    かわいいなぁ・・
    ツンデレ岡本くんは十八番ですね。
    堂に入っています。

    後はもっと攻略キャラの心情をしれるところがあれば
    よかったなぁとはおもいます。
    オマケでも良いので・・・
    苦悩してるところを対象キャラ目線でもみたかったかな
    特に設定が複雑なモードレットにおいては
    葛藤、苦悩っていうのが重要なので
    教会で泣いてる彼がどういう気持ちでそこにいたのか
    裏切られたとわかってもそこにきた主人公にどう思ったか
    そのあたりがもっと知れれば魅力につながるかなと思いました。
    基本的に好きな設定だったので・・気になって


    ファンディスクでてメドラウトやらせて欲しいです
    彼が孤独から解放されて幸せになるルートがあってもいい・・・

  • 好評な作品らしいときいて、だいぶ後になって購入。
    美声キャラ満載で嬉しいのですが、内容は壮大過ぎて個人的にはあまりハマれなかったような…。
    むしろオマケが面白かったです(おい)

  • PS+でvita版が配信されたのに、なぜvita版を売り出さないのか疑問なくらい、楽しかったので切望。
    一度vita版へ作りなおしたなら、そのまま販売してくださいよおおおおおお!! バンバンッ(ノシ;ω;)ノシ

    もっと評価されていい……。
    音楽もとてもとてもとてもよいものなのに、なぜ!なぜ!!サントラがないのか!!!
    解せない……解せないまま月日が流れていく……

    個人的には、サブも魅力なので、√がほしいなって思い続けています。
    特にメドラウトちゃん……
    声優が豪華なのに落とせないことが解せぬ。

  • オトメイトのゲームの中では比較的によく出来てた方じゃないかなあという印象です。
    ストーリーとしてはわかりやすく言うとアーサー王物語のアーサーが女の子だったら、という話。ここまでいうとFateっぽいですが、話のベースはアーサー王の話なのでFateとはまたちょっと違いますね。
    センターですがランスロットの話が薄くてぶっとんでて「あれ、あれ・・・?」と首を傾げたのはいい思い出です。個人的にはガウェインの話とトリスタンの話が好きです。
    何の解決にもなってなくね?!とかすごくあるあるです。
    物語のキャラクター別ルートに入る直前の展開が一番個人的には滾りました。

    …で、メドラウトのルートはないんでしょうか…。

  • 乙女げーにしては糖度低め。しかし内容が戦争なので、これがいい!
    キャラデザは好みではなかったけど、各キャラのエピソードはどれも良かった。
    これもPSplusの無料でやったけど、VITAでファンディスク出るならやってみたい。

  • キャラクターが良く出来ていて凄く萌えました。
    主人公も良い子でやりやすいし、
    話が重くシリアスながらもテンポは良いかと思います。
    ガラハッドは個人的に結構ツボで凄く良かったんですが、
    他の人のルートでイマイチ解決しない出来事が多くて
    モヤッとするところがあるのが残念です。
    モードレッドルートの隣国の人との結婚とか
    ランスロットルートのギネヴィアさんとか、ハッキリさせて欲しかったかなぁ。
    でも総合的に面白いゲームでした。

  • 声目当てで期待して買ったのですが、
    キャラが好みとずれてたので少し残念な結果に。
    何人かのキャラはルートが消化不良気味な印象。

  • ストーリーが厚く熱い、正に恋と戦いのクロニクルでした。
    キャラクターも割と王道で、サブキャラクターもきちんとシナリオに絡んできます。あまり主人公主人公されるよりもキャラクター同士しっかりとした人間関係を持っていて欲しいタイプなので嬉しかったです。
    ヒロインも嫌味のない素直さで好感が持てます。

    ただ、張り巡らせた伏線を上手く回収出来ていないのは残念。
    原作を知っていれば特に後を引く謎はありませんが、知らない方からすれば謎のまま。せめて原作を手に取ってみたくなる程度には匂わせておくべきだったのではないかと。

    原作改変で深みを持たせたいのならその辺りを注釈入れるなり、キャラクター攻略後に解放された某コンテンツなりでもっと丁寧に描くなりしてくれれば文句無しの★5でした。

  • 攻略順は公式のオススメ順をほぼ無視してプレイしてました。
    モードレッド→ガウェイン→ガラハッド→マーリン→トリスタン→ランスロット

    システムもストーリーも、全体的に丁寧な作りで、ボリュームもあります。
    だけど、特定のルートで最後が唐突気味なのが惜しいと思いました。他で回収される伏線は良くても、あれはどうなったの?と疑問が残るのはなんなのかなあ。続編とかで補完があればなあ。

    サブキャラがみんな魅力的なので、攻略できないのがくやしい。

    ストーリーは、というか、マーリンルートがもう、ものすごく、好みな展開でした。ある意味王道なんですが。
    大人で何でも知ってて、ナンパで余裕な態度だけど、愛情に臆病とか…厄介な男を粘り勝ちで落とし切った主人公に拍手を送りたい。
    ランスロットルートは、最後の最後で盛り上がり、楽しかったです。クリア後の日記は破壊力抜群でした。

    絵は、発表された時は正直変だと思ったんです…でも今は綺麗だと思ってます。キラキラ整ってる絵より愛着沸くというか、こういう独特な絵、というより塗り?もいいですね。

    何だかんだではまったので、買って良かったなあと思います。気になるところもちょこちょこあるけど、作品として好きなので★1盛っておきます。
    今後の展開があればうれしい。


    追加
    2014/4/28 VITA版をフリープレイでダウンロードしました。画質が美しくて感動。オープニング曲も変わっています。

  • ランスロット→ガウェイン→トリスタン→ガラハッド→モードレッド→マーリン、の順番に攻略

    ランスロットは中々デレない!そして最後の最後にデレる…話が進む事に王妃がちらついてイライラしたわ…
    彼は騎士の中の騎士だった…(自制心とか、むっつり的な意味で)ショートストーリーは笑えた!天然万歳だな(笑)
    聖剣を刺した後のキスシーンの名前を呼ぶ声がキュンとした!!
    セクシーニムエさんとの関係もうやむやだしランスロットはFDに期待かな?
    珈琲を飲んだらカップの底に砂糖がジャリジャリ溶け残ってたみたいな感じだったかな(笑?

    ガウェインはBADから回収。筋肉馬鹿な割に肌が白いとは…
    メドラウドがちょっと心開いて嬉しかったな。
    現代なら男子校の強豪野球部とかにいそうなキャラだった。

    トリスタンは…善かった、アルの踊り子の衣装はエロかったな。
    彼の辛辣な言葉を乗り越えると糖分が待っていたわ
    パーシヴァルがなんだかかっこよく見えた(笑)トリスタンは意外と若いのかな?

    ガラハッドは理想のツンデレだった!可愛い!!
    ガラハッドとガウェインは勝手に純情コンビと呼んでしまう程ウブだった。

    モードレッドは領国の○○様でした!
    聖剣とニムエさんの関係とか発覚したけど、じゃあランスロットとの関係は?っとランスロット√を持ち出したくなる(笑
    政略結婚の話はうやむやになってるし…魔物の血を持っているから尖んがり耳だって言ってたけど周りとあんま変わってないよね?
    泣き顔はツボだった!中々ないよね泣き顔とか
    聖剣を手放してアルをただの少女に戻したかったのかな?生贄にしたくなくて。あれだけ酷いことされても赦せるのは恋は盲目の力なのかな?

    マーリンは女好きなエロジジイで最後は女に封じられる、女で身を滅ぼした典型的なタイプだって記憶があったし見た目で色男だって想像出来た。
    マーリンの√でイロイロと解った事があった。マリーとか蛇とか
    マーリン√はニムエさんに惚れそうになるほど男らしかった!
    両親に愛される事の無かったせいで愛に臆病でいるマーリン。でも、あんなことして恋愛おっかないとかないだろ…
    マーリンの服って最初は「上半身の柄って魔法使いっぽいわー」って思ってたらそこは開けていた(笑)

    サブキャラは

    ボールスはピンクエプロンしてるみたいで勝手にオカンと呼びそうだった(笑)ボールスが対象外なのは残念だったわ。
    パーシヴァルは…露出し過ぎだろ!戦の時の鎧とか…鎧の着る意味解ってるよね?
    モルゴース様は…可哀相な人だった。PVみた時は味方だと思ってた馬鹿な自分(笑)でも私は憎め無かったな。もし王妃がウーゼル王を愛せていたら彼女はこんなことには為らなかっただろうと思った。
    モルゴースの息子のメドラウドも母親に愛されない可哀相な人だったな。彼も攻略対象になれる気がしたのにな。前王の姉の息子と現王である少女の結婚とか周りは納得出来そうだけどな?
    王妃はランスロット√での真の敵だと思う。王妃に一目惚れしたウーゼル王に形だけしか返さなかった王妃。近親相姦な姉でなくとも、これが弟の嫁なら嫌いになるわな。ランスロット√の御前試合の時もモルゴースに厭味言われて途中退場とか…彼女が1番守られてるな。
    ニムエさんはモルゴース様の反対で敵だと思っていた(笑)今では惚れそうなくらいです


    好きな√は

    マーリン→ランスロット→トリスタン→モードレッド→ガラハッド→ガウェイン

    かな?

    結構好みなゲームだった。FDが楽しみだな

  • 思ったより面白かった。ただひとつ残念と言えるのが絵柄が苦手おrz
    ガラハッド→モードレッド→ガウェイン→ランスロットで進んでいくつもりだが、モードレッドルートでちょっとドン引きした。理由はどうであれ、とりあえず裏切りという設定には受け入れないていうか…幸いほかのやつは良い人だね。甘さがあまり足りないけど…(´・ω・`)

全16件中 1 - 16件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

Princess Arthur (プリンセス・アーサー) (通常版) - PSPを本棚に「プレイしたい」で登録しているひと

Princess Arthur (プリンセス・アーサー) (通常版) - PSPを本棚に「プレイしている」で登録しているひと

Princess Arthur (プリンセス・アーサー) (通常版) - PSPを本棚に「プレイし終わった」で登録しているひと

Princess Arthur (プリンセス・アーサー) (通常版) - PSPはこんなゲームです

ツイートする