宮本式・ワンランク上のサッカー観戦術 (朝日新書) [Kindle]

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 宮本恒靖
  • 朝日新聞出版 (2012年6月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (192ページ)

宮本式・ワンランク上のサッカー観戦術 (朝日新書)の感想・レビュー・書評

  • 各世代毎の代表ではキャプテン、そして日本代表のセンターバックとしてワールド・カップ出場を果たした宮本氏ならではのサッカー観戦ポイントをまとめた本。

    選手が試合中にボールに触れられるのはおよそ2分程度。ならば観戦時はその他の88分間に選手がどのようなプレーをしているかに着目するべきとの指摘。テレビではどうしてもボール付近の選手しか目に入らないことが多いが、例えばボランチが前を向いてボールを持った時に前線の選手と相手チームのセンターバックの駆け引きや心理戦が常に繰り広げられている。そういうプレーを楽しめるようになると、ゴールに結びついたプレーの分析なども充実してくるというもの。

  • DF目線がやっぱり多いけど、セットプレーの時の見るところなどなるほどって思えた。

  • 一般の人にもわかりやすい語り口で、サッカーのいろいろな見方を短時間で楽しく学べます。サッカー未経験の方だとより楽しめそうです。

  • 選手目線でサッカーのことがとてもわかりやすく書かれていて読みやすい。
    ただ本当に内容が薄かった。
    いいことが書かれているだけにそこが残念。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

宮本式・ワンランク上のサッカー観戦術 (朝日新書)の新書

ツイートする