日経ビジネス Associe (アソシエ) 2013年 01月号 [雑誌]

  • 123人登録
  • 3.48評価
    • (4)
    • (15)
    • (20)
    • (3)
    • (0)
  • 19レビュー
  • 日経BPマーケティング (2012年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910171070138

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2013年 01月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • 反省の神髄は人のフリ見てわがふり直せ。
    多様な環境に身を置く。

  • トニー・ブザン氏によるマインドマップの書き方
    ハバタク小原さんインタビュー

  • ■反省
    ・人のふり見て我がふり直せ。他人の失敗から学ぶ。
    ・希望的観測をしない。仮想演習し、第2、第3の選択肢を用意する
     (思考を停止させない。未来を観測しつづける)
    ・人生、1日を振り返る。振り返り方は自分で考える
    (事実と主観を切り分ける)
    ・1日必ず成果物を作る
    ・記憶が鮮明なうちに振り返り、記録する
    ・体調を具体化する
    ・自分軸のぶれを意識する

    ■スキル&キャリアアップ
    やりたいこと、求められること、できること、この3つが重なった部分を
    専門的に学び自分の強みにしていく

  • 計画と反省を会社へ持ち込む方法に気付いた本。

  • 年末年始に相応しい題材。

    長期計画をたてるためには、自分が死ぬ年齢を推測し、今までの人生を反省することが必要。
    家族の年齢も計画に大きく関係してくる。

    学生時代、綿密な勉強計画をたてて試験勉強を行ったが、きちきちで実行出来なかったなぁと思い出した。

    同じ轍は踏むまい…!!

    ('13.1購入)

  • 毎日のタスクを管理するTO DOリストは作っていても、中長期的な視野での計画ってなかなか立てられていない(立てても意識が薄い)。日々の業務に忙殺されず「なりたい自分の姿」を明確にイメージしてそこに近づくための努力が大切。

  • 読み終わり、昨年の反省と今年の目標を考えている。。
    明日から仕事始まりなのに、、夏休みの宿題みたい。

  • 流し読み。いろんな方法が載ってる。やり方は知ってるけどどう続けていくか、どう他のことにも活かすかが個人的な問題。

  • 反省と計画の手法。毎年この時期になると、1年間の振返りとプランを考える。スマホのアプリEvernoteでライフログを残して振返るというもの。だから何という感じの記事が多かったが、13単位で大づかみにプランニングしたら、1週間の予定に割り振ってゆく。PDCAの勘所は計画にあり。いまいちだけど、自身のやり方は、まずは大事なことは何かを考える。そのために、何をすべきかを出して、それをプランに入れて行く。ここ数年は投資、健康、お金の3つをどのように配分するかを考えた。また、大前学長の仰るサラリーマンに必要なスキル「語学、IT、金融」を学ぼうとか、松浦弥太郎の日々意識することの大切さを入れたやつにしようかな。今年も終わり。早いものですとは言えないくらい、いろいろな事がありました。

  • 特集1 反省と計画の手法
    特集2 新しい働き方

  • 成功者の多くは、やり方は人それぞれだが、自分のライフプランをまず決めて、そこからブレークダウンして中期・短期の目標・計画を決めていることがわかった。
    様々な人の反省と計画の手法が紹介されているので、じぶんにあうやり方も見つけることができる。

  • しっかりと反省をしていきたい。

  • 自分自身が振り返りがうまくできていないと思い購入しました。
    端的に漢字1文字で表す、など、ハードルをあげないで
    手を付けやすいところから取り組んでみようと思いました。
    また、そもそも長期プランを描けていない(考えているが
    いろいろ悩んでプランになっていない)ので、それも
    なんとかアイデアが欲しいと思います。

  • 来年のために、しっかりと今年の反省をしておこう。

  • 年末年始に相応しい一年の振り返り方と来年の計画の立て方の特集だった。参考になることがいくつかあった。

    PDCAのPの重要性
    ⇨最近会社で受けた研修内容より、もっとテクニックに落とし込んだ内容だったので実践しやすい

    13週計画

    マインドマップを使った振り返り方と計画立案
    ⇨これは使える。なかなかマインドマップ使う機会がなかったけど、これを機会にマインドマッパーになってみようと思う。今度本屋で本を買う。

    第二特集の新しい働き方も面白かった。マインドマップで30年後50年後を考える時に、今の働き方についても再考する必要があると思った。

  • 毎月購読の日経ビジネスアソシエですが




    毎月1回なのに、ポストに届くのが早くなった感じがします。




    それだけ1カ月が過ぎるのが早いといことでしょうか。




    そんな自分なので




    今回の第1テーマの「反省と計画」




    計画はよくしますが、反省が全然できていなくて




    PDCAがうまくいっていません。




    気持ちの中で6割できればいいという割り切りもありますが




    この『反省』ができていれば、もっとよくなるのにと思っています。




    やっぱりそういう時にこういう特集を組んでくるのがジャストフィットです!




    特集2の「新しい働き方」も




    とっても新鮮な考えが多くて、よかったですね。




    最近、アソシエ、よくなってますね。

  • ライフログっていいなと思う。

  • トランジットの成田にて購入。

    ちゃんと生きたい。と前向きに考えられるようになっただけ改善。
    年末らしい特集で、年末らしくやりたくなる。
    振り返りと計画。
    まずは夢を見ることからか。
    どうやって毎日を意識的に生きれるか、ほんと、課題です。。。



    特集2の新しい働き方には憧れを。。
    そして、『日本の若者たちよ 慣れ親しんだ環境から世界へでよう』は今まさに実感としてアグリーできる。
    日本の短期思考と世界の長期思考。
    何でこうも違うのだろう、と、つい最近の幹部へのインタビューで思ったところでしたため。。。


    なお、NHKの討論番組以来好きになってしまった猪子寿之のインタビューもあり。らしさそのまま。やっぱりかっこいいっす。

全19件中 1 - 19件を表示

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2013年 01月号 [雑誌]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2013年 01月号 [雑誌]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2013年 01月号 [雑誌]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2013年 01月号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする