外資系はつらいよ (中経☆コミックス) [Kindle]

  • 18人登録
  • 4.17評価
    • (3)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : ずんずん
  • KADOKAWA / 中経出版 (2012年12月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (142ページ)

外資系はつらいよ (中経☆コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 笑えるのでオススメです。

  • ずんずんさんの著作を続けて読了。自分の日常とは遠すぎる「外資系」企業の実態(?)が垣間見えて面白かった。

  • 本屋で見て、僕が買ったのは結局Kindle版なんだけどね。

    コレはけっこう本音で外資系について書いてるなぁ、と思った。ここまで書くのも結構珍しいんじゃないかな。

    外資系ってどんなイメージやろか。

    ・成果主義
    ・給料いいけどすぐ切られる
    ・英語話せないとダメ
    ・契約主義
    ・冷たい

    ステレオタイプに出すとこんな感じ?これをズバッと切っている。

    まあ間違っていないんだよね。確かにそういうところはあるし、日本と違ってすぐに切られたり辞めたり、ってのが当たり前でもあるから、他社も普通にそういう人間を受け入れる。

    でね、あと本書に書かれてて一般的にはあんまり知られていない(んじゃないかと思う)ことが、『どれだけ上司に媚を売れるか』ってのがものすごく大事だってことだ。

    外資系では、Executiveにどれだけ媚を売れるかで出世が決まる。出世したかったら、露骨なくらいに媚を売りまくって、その人の方を向いて仕事をすることが大事。この辺は日本もかなり一緒だねー。

    あとね、自分をアピールしまくらないと覚えてもらえないから、ってのもあるし、アメリカ人とかはもう自分を少しでもよく見せようとアピールを徹底するけど、そこに混じって日本人らしい謙虚さで「いやいや、私なんて大したことないですよ」なんて言ってたら、即アウトです。もうその時点で「コイツに仕事は任せられん」って判断になる。だからドンドン自分を主張するし、自分をアピールするし、自分に自信をもつんだろうなー、と思う。僕もそうなるのかな?

    このスタイル、僕個人としては嫌いじゃないけど、多くの日本人には合わないんじゃないかな。外資系に行きたい、とか、転職先は外資も考えている、とかって人は、この本を読んでみることをオススメします。安いし、マンガだからサラッと読めます。

    ちゃんと外資のことを書いてるなーと思う。でも外資で働くのって、後書きにある「死ぬほど辛いけど死ぬほど楽しい」って言葉に集約されていると思う。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

外資系はつらいよ (中経☆コミックス)はこんな電子書籍です

外資系はつらいよ (中経☆コミックス)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする