シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム [Blu-ray]

  • 186人登録
  • 3.59評価
    • (17)
    • (24)
    • (30)
    • (5)
    • (3)
  • 26レビュー
監督 : ガイ・リッチー 
出演 : ロバート・ダウニー・Jr.  ジュード・ロウ  ノオミ・ラパス  ジャレッド・ハリス  エディ・マーサン 
制作 : ブルース・バーマン  スティーヴ・クラーク=ホール  マイケル・マローニー 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2013年2月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135976147

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 私は生粋のシャーロキアンで原作至上主義の毛があるので、「これは別物」と思いながら見ました。ら。面白かったです。
    ミステリーというよりアクションというより若干SF…?笑
    原作よりもホームズがデレでワトソンがツンでした。

  • モリアーティが相手だったので、ホームズが死んでしまうのではないかとドキドキした。あいかわらずこのコンビは良すぎる。

  • 総合的にはとても良い作品でした。ただ、アクション映画寄りだから、ホームズ作品の中でも観る人を選ぶものかも。

    気になったところとしては、前作『シャーロック・ホームズ』と較べると、ホームズの欠点(洞察癖、観察癖が原因のイザコザとか)の描写がなかった。ホームズは天才的な観察力をもっているが、それが時として欠点にもなる‥‥という描写はすごく評価していたから、そこはすこし残念。

  • 中々面白かった。最期はかなりあっさりしてたけど。

  • 安定のガイ・リッチー。面白くないわけがない。

  • たたかうシャーロック・ホームズ。

  • DVDではなく、TV 溜め録り視聴の感想です。
    関東圏地上波 (日テレ) で 2014/11/14 (金) に放映された分です。

    小学生の子供と一緒に見ていたので、お色気シーンがあったら気まずいな―と思っていたら、前半の早いうちにその候補があっさり退場なされたので安心して楽しめました。

    ですが、、、少々期待はずれでした。
    マトリックスあたりからずっと取り入れられている、接近の超スロー表現はあたりまえの、アクション映画でした。

    謎解きは当たり前すぎるとしても、サブタイトルの「シャドウゲーム」からして、伏線満載の裏の裏を取っていくような頭脳戦を期待していました。
    複雑なシナリオは、グローバル・スタンダードではウケないという話も聞くので、どうまとめたのか楽しみでした。

    シャーロック・ホームズでアクション映画を期待したりはしませんです。。。

    納得行かない結末でした。。。
    少年マンガじゃないんだから、理由無しにそんなのあり?的な。。。
    TVでカットされている部分があったのか、もしくは、なにか見落としたシーンがあったのな?と思ってしまいました。

    アクション映画としてみるなら、まあアリだと思います。

  •  今回はスケールでっかくなって、ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr.)とワトソン君(ジュード・ロウ)が戦争を防ぐためヨーロッパ本土へ! なお話。
     ワトソン君も結婚できたようで何より……と思いきや、ハネムーンでめっちゃ襲われてた。ホームズの女装はなかなかキツいものがあったね! 面白かったけどね!(笑)
     今回鍵となるのがジプシーの占い師シムザ(ノオミ・ラパス)。ガイ・リッチーはジプシー好きなのかな?

     モリアーティ(ジャレッド・ハリス)が渋くて悪そうでかっこいいおじさまだった。ホームズと同じようにビジョンを見ることができるライバル。この話で死んだことになっているけど、もし続編あったらまた出てくるんだろどうせ……と思ってる。
     マイクロフト(スティーブン・フライ)も弟に負けず劣らずの変人っぷりでよかったです。

  • 前作の終盤でその名前だけが登場したモリア-ティ。
    今作はホームズ&ワトソンとモリア-ティの全面対決を描いています。

    ロンドン各地で連続爆破事件が発生、ホームズはその黒幕がモリア-ティであると断定。
    彼らの前に現れるモリア-ティからの刺客。
    それらを倒し謎を解き、真の黒幕モリア-ティに迫っていくが…
    といった流れ。

    前作以上にアクションシ-ンが多めで派手。
    それと同様にややこしく難解なストーリー。
    仮に続編が作られても観ないでしょう。
    やはり英国TVドラマ「SHERLOCK」の方が好みです。
    よかったらチェックしてみて下さいな♪

  • 前作に引き続き、相変わらずユニークでした。
    監督、ガイ・リッチーだったのですね。どうりで好みなわけだ。

  • ミステリというよりアクション映画? アイリーンがいきなり死んでいたり、前半推理っぽいシーンがほとんどなかったりであれ? と思いました。ラストはモリアーティとの知恵比べっぽくなって盛り上がりました。

  • うーん、sherlockにハマってしまっているせいか、この映画のアクション満載のシャーロック・ホームズにはどうもノレない。ラインバッハフォール後の切なさの違い。。。

  • ああなるほど「ホームズ最後の事件」を膨らませた内容になってるわけだね。
    マイクロフト兄さんのキャラ立ちと、ワトソン夫人の受難w
    いやん、原作とは別の世界だけど面白い。

  • ミステリーやサスペンス要素は控えめになり、テンポよく痛快なアクションコメディ色が強くなっていました。
    ワトソンが万能すぎる。

  • ミステリ嫌いだけど前作を観たので続編も。ミステリ色は減っててその辺は個人的にGOOD。全体的にもうちょっとスマートにまとめて欲しかったな。

  • ハリウッド感溢るるアクションと手抜き無い映像
    画面の端から端まで視覚にフルで迫ってくる感じがする
    森を駆け逃げるホームズたちのシーンがすごく印象に残った
    あれを3Dで見たらさぞや迫力があっただろうとおもってちょっと未練…
    銃火器、大砲、あの立木を抉り飛び散る木端は映画館で見たのなら避けたくなること必至だと思われる
    更に言えばドンパチは大音量でこそとおもうので、ハリウッドはやっぱり映画館で見るのがたのしいんだろうなと今更ながらにおもう
    アクションに不慣れなせいでめまぐるしい展開に付いていくのでせいいっぱいではあったけど
    結婚してもなんだかんだで離れられないホームズとワトソンの関係(”relationship”)や
    案外肝が据わってる…いえ、ワトソン夫人ですものね、ええ、柔軟でたくましいメアリーさん、
    マイペース、怖いとか恐ろしいとかじゃなく、柔和、なんだけどその輪郭はどことなくぼんやりとして掴みきれないマイクロフト、
    そして、モリアーティ教授。
    役者さんたちの魅力たっぷり、惜しみなく注がれて作られていることをひしひしと感じた

    特典映像かな、制作者や出演者たちのコメントという本編視聴後のごちそうでもまた満腹になった


    【TL移植】
    アッ(察し)

    アッ

    現場で唐突に阿波踊りもどきをし始めるダウニとジュド癒し

    「モリアーティはホームズの邪悪な双子」…なる…

    特典映像みたいなやつのRDJが萌え袖だ こいつ狙ってるな!!!(警戒)

    口紅がジョーカーみたいだよホームズ君

    ダウホムのだいしゅきホールドに思わず目を逸らす

    ひどいと噂の女装は本当にひどかったね…なんかもういっそ安心した…

    カードゲームしてるワトソンくんの笑い方かわいい

    チャーミングだなRDJ! 『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』 #DVD借りた

  • 2作目。
    ちょっとロケーションを広げすぎてドラマ性が薄くなってた気がする。
    前作の方が面白かった。

  • シャドウゲームみた!
    なんか教授に納得だわ。人の攻め方心得すぎで怖い!
    長期的にみると教授の言った通りなんがなんともいえません。

    しかし、面白かった~!
    教授って原作もいたっけ?推理小説にハマったのが、ちっさいころ過ぎで、しかも、乱歩ハだったから覚えてない…。
    かろうじて赤毛と犬しか…。もっかい原作を読もうと思いました。

    最後のシャーロックさんは変態だと思います!まんま人間椅子やん笑。

    あ、シャーロックの愛称はシャーリーなんだね。向こうの名前の愛称ってかわいい!

    あとワトソン君のわんこと奥さまが毎回気の毒すぎる…。

    まぁ、いずれにせよ~続編が楽しみだ!

  • 2011年 アメリカ・イギリス

    世界各地で連続爆破事件が発生。謎を追う名探偵ホームズは、この事件の黒幕が、「もう一人の天才」モリアーティ教授であると見抜いていた。彼はホームズとワトソンを抹殺すべく、欧州中に巧妙な罠を張り巡らせる。史上最強の名コンビは、次々と襲いかかる危機を乗り越え、ついに決戦の地へ。大滝で繰り広げられる宿命のライバルとの軍配は、どちらに上がるのか?
    前作が面白くて映画館で観ようと思っていたのに、そういう時に限って忙しくて映画なんて観てる暇がない。結局2作セットのBlu-rayが発売されてからほくほく顔で購入してきました。いや、絶対面白いだろうという期待を込めてね(笑)
    舞台も俳優も同じで変わらぬ安定感を保ちつつ、スケールは大きくなって見応えたっぷりでした。すごく良かった。個人的にミステリーはもちろん、アクションにはこだわって欲しいと思っていたので、もうホームズが一人でびしばし敵を倒しちゃうところはときめきまくりでした。やっぱりカッコいいなあ、ロバート・ダウニー・Jr.!と言いつつ実はワトソン派なんですけど←
    今回ワトソンが新婚旅行に出かけて、その途中で妨害が入りワトソンは再びホームズと組むわけですが、奥さんもなんか微妙に諦めてるのに笑いました。旦那さんにとってホームズがかけがえのない親友だって本当は分かってる。こういうの、本当にいいなあ。
    モリアーティ教授と一緒に滝つぼに突っ込んだときは、さすがにホームズも死んだのかと思いましたが、そこは原作通り戻ってきてくれて嬉しい。なんかこうしてる間にも原作を一から読み直してきたくなっちゃった。私は全然シャーロキアンではないんですが。原作を上手く現代風に工夫して描いてるところは好感を持てますね。ぜひ続編を望みたい。
    ホームズ兄の役割がいまいち分からなかった。あの人何してたんだろう?あんまり好きなキャラじゃなかったな・・・何となく。

  • 予想通り 面白かった!

  • 前作を観た時にも思いましたが、ホームズがこんな感じでもまったく変だと思わないですね。
    Blu-ray特典が素敵だなと思います。

  •  ロバート・ダウニー・Jrが名探偵シャーロック・ホームズに扮し大ヒットしたアクション・アドベンチャーの続編。ホームズとワトソンの名コンビが、天才犯罪者モリアーティ教授の巨大な陰謀に立ち向かうさまを迫力のアクション満載で描き出す。

  • 一作目よりも楽しんで観れた。ちょっと展開が早くてついていけないとこもあったけど、ミステリーではないのであまり問題なし。
    モリアーティ教授との戦い。コメディタッチのアクション映画。

  • 一作目より、安心して観れたのは何故か?ロバート演じるホームズは、格闘家で、魅力的なキャラ、サスペンスと言うよりコメディタッチで面白い。最後が?で終わったのは続編ありでしょうか...しかし、変装は下手だね(笑)

  • 噂に聞きし、ホモ映画。
    Sherlock Holmes (Robert Downey, Jr.) と Dr. John Watson (Jude Law) がホモホモしています。
    コナン・ドイルの子孫に訴えられるのも仕方がないかな。
    要するに、シャーロック・ホモムズ。


    前作同様、ミステリではなくアクション映画です。
    ミステリ要素なんてありません。

    Irene Adler (Rachel McAdams) の退場が早すぎて驚きましたが、その分、Professor James Moriarty (Jared Harris) が悪そうな顔をしていました。


    なお、Sherlockian としての棚旗は、ホームズ=モリアーティ同一人物説を応援しています。
    (※ 本作とは関係ありません。)

全26件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする