ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]

  • 1477人登録
  • 4.01評価
    • (209)
    • (249)
    • (133)
    • (27)
    • (6)
  • 213レビュー
監督 : スティーブン・ダルドリー 
出演 : トム・ハンクス  サンドラ・ブロック  トーマス・ホーン  バイオラ・デイビス  ジョン・グッドマン 
制作 : セリア・コスタス  マーク・ロイバル  ノラ・スキナー  ジョナサン・サフラン・フォア 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2013年2月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135976437

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ひさしぶりに5つ星。

    9・11を扱う映画。

    9・11で父親をなくした11歳の少年オスカーが、その1年後、父親が遺した「何かのカギ」を見つける。

    アスペルガー症候群であるオスカーは、パニックを起こしながらも桁外れの能力を用いながらカギの開ける場所を探す。

    その出来事は、同じく大切な夫を失った妻、つまり、オスカーの母には内緒で進められていく。
    母は、オスカーがひとりで何かをしていることを黙って見守る。

    オスカーに、途中で助っ人が現れる。
    それは、声が出ない老人である。

    その声亡き老人との関わり。
    そして、ふっと心を包んでくれるようなラスト。
    「失う」とはいったいどういうことなのか。
    「生きていく」とはいったいどういうことなのか。

    そんなことを、じんわり考えさせてくれる、最後には心が少しだけ温かくなるような、そんな映画でした。

  • アメリカの文化的な面白さ。
    さっきまでは他人だったのに、今まで誰にも話してなかったことを打ち明けてしまう。そして今はハグしてしまう。
    他人同士だから、分かり合える国なんだろうな。

  • WOWOWにて鑑賞。
    久しぶりに涙を堪える事ができなかった。
    家族の愛情をものすごく深く感じた作品。
    どちらかというと社会的に弱者になる人達に対して、大国でも色々と一生懸命考えたり、感じたりしてる人がいるんだなぁと当たり前のことなんだけど、再度考えるきっかけになった。
    特に母親の愛情を強く感じた作品。
    もちろん、お父さんもおばあちゃんもおじいちゃんも、それ以外の人達も、みんなすごく愛情深いのだけれど。
    そして、どうしても言えなかった事を家族以外の人に打ち明ける気持ちもなんだかすごくわかるような気がした。
    心のドアを強くノックされるようなそんな気持ちになる作品だった。

  • アフガン報復とイラク侵略の過失を通じてアメリカが不可謬の加害者となったことで、アメリカ国民として911の悲劇を国際情勢の一連の文脈にあてはめて語る正当な資格を持つ者は一人もいなくなってしまった。しかし、語る事なしにだれもトラウマを乗り越えられない。だからアメリカの集団意識は架空の少年を捏造し、彼に語る資格を引き受けさせることで乗り切ることを欲望する。寡婦でも退役傷病兵でもない、外部からの攻撃に対してこの上なく傷つきやすく、詩的感受性ゆたかな自閉症の男の子を選んで、この子を犠牲(いけにえ)に供し、彼に苦悩を託し、過ちを負わせ、彼に苦難を克服させることで自らも救済されようとした、――それがこの映画の試みである。

    このような委託、つまり世界一の軍事超大国が無防備な対人恐怖症の男の子に自己を投影し、謎を背負わせて被害者として殉教者のように祭り上げる祭祀は、もちろん倒錯的責任放棄であり、到底許されるものではなく、断固糾弾しなければならない。

    しかし、この映画は同時に私たちに教えてもくれる。トラウマに遭って人間の生はくずおれる、――あたかも直立していたビルが崩壊するように。そうして少年は一目散に走り出す――、あたかも太陽が消滅して光なき闇に突き落とされたかのように。しかしたとえ世界が滅びたとしても、いまも頭の中で鳴りやまない電話からは逃げられないことを。電話は誰かにではなくて「お前」に宛てて呼びかけ続けられ、「お前」が立ち上がって受話器を取ることを待ちわびていることを。その関係性においては年齢や病歴といった一切の留保の条件が存在せず、どれだけ理不尽でも、ものすごくうるさくてあり得ないほどの近さから響く声を、ひとは両手で耳を蔽って遮ることはできず、ただ嘆き、うつろな目で空を見つめるように、ただ受け止めるしかないことを。

  • 幸福はどれも同じように見えるのに、不幸はいつも人の数だけ存在するというのは、悲しみにコネクトするのに人は想像力を必要とするという事だ。人は悲劇で必ずしも繋がれる訳ではないが、だからこそそれを求めてしまうのだろう。父の痕跡を探し続けるオスカー君の話はどこまでも自分に突き刺さって、家族の死に目に二度も会えなかった自分の負い目を少しだけ解きほぐしてくれた。これは個人の問題であり私的な感想だ。他の人が何を思うかなんて自分にはわからない。ただ、この悲しみが何かと繋がることができるのなら、それに優ることはないと思う。

  • 「太陽の光が地球に届くまで8分かかる。

    もし太陽がなくなったとしても、

    僕たちは8分間太陽がなくなったことに気づかない。」

    とても素敵で、心に響く例えだ。

    ーーーーーーーーーーーーーーーー

    鍵の正体が分かった後、

    走り出し、めちゃくちゃになっていくシーン。

    そのシーンから後でとても泣いた。

    すごく丁寧にオスカーの心理を表現していた。

    とても良い映画。

    ーーーーーーーーー

    オスカー役のトーマスが、演技初というのにも驚き。

    この映画の主役に選ばれるまで、一般人だったなんて・・・!

    演技上手過ぎ。

    そして、美しすぎる。

    これからどんどん活躍して欲しい!!!!!

  • 9.11で父親を亡くした男の子の話。
    アメリカは深い悲しみに沈んだんだなーと思った。
    なぜ?どうして?ずっと考えない日はないんだろうな。
    突然家族を亡くす悲しみもだけど、同じ人間が起こした国と国のレベルでの罪に、持って行き場のない怒りにツラくなる映画だった。
    オスカー役の男の子の名演技がハンパない。
    サンドラブロックが母役だったけど、気持ちの擦れ違いや、通い合いが見えるときに、見守るってことは。。。と考えさせられた。

  • EXTREMELY LOUD & INCREDIBLY CLOSE
    2011年 129分 アメリカ

    久々に母と鑑賞。
    どんな話か全く知らずに観始めたのですが、
    最後の最後まで観続けて(特に最後の20分くらい)、
    話がすべて繋がってきて…鼻がツーン。(T-T

    大好きな父親を失った男の子が成長していく話なんだけど、
    彼の設定が軽度のアスペルガー症候群があるというもので、
    大切な人や何かを失った痛みを抱えながら
    多くの恐れや苦手なことを克服していく姿は
    ワクワクしたし、遠ざかりつつあると思っていた
    母親からは気づかないところで深い愛情を注がれたいたんだと
    とわかるシーンでは…切なくて泣けました。

    戦争ものとか、こういう心が震えまくるヒューマンドラマは
    何度も観たい映画ではないのだけれど、
    一度は観て欲しい作品だと思います。

  • 子供の大冒険を密かに見守り続ける母親。
    心配で、不安で、なかなかできることじゃない。
    その母親の愛情に泣けた。

    ずっとハグし続ける人が印象に残った。

  • 心が揺さぶられるとかじゃない。痛い。
    人それぞれにかけがえのない人がいて、そこに愛や傷つきがあって、いろんなものを抱えながら生きている。そしてその生きている姿こそかけがえがないことにも気づかされる。

全213件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする