J・エドガー [DVD]

  • 250人登録
  • 3.18評価
    • (9)
    • (27)
    • (56)
    • (20)
    • (2)
  • 35レビュー
監督 : クリント・イーストウッド 
出演 : レオナルド・ディカプリオ  ナオミ・ワッツ  アーミー・ハマー  ジョシュ・ルーカス  ジュディ・デンチ 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2013年2月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135976413

J・エドガー [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • BSプレミアム録画>2011年米。伝記映画。
    衝撃の真実というか何というか…。FBIを創設したジョン・エドガー・フーバー長官のお話。老年時代から過去を回想するような形でその時代;今と過去を並行して進む。
    町山さんの前解説をちょこっと聴いていたお陰で何とか助かった。知らなければ何が何やら…で至極つまんない話だと思う。少しここらへんの話の背景を知らないとちょっと辛いような気も…(^^;)
    なかなか興味深い人物でした。マザコンでBLな人だったとはww…お偉方を盗聴し弱みを握り(半分脅しのような形で)、その座に長く君臨し続けたってこの人の根性も凄い。
    硬派なレオ様。雇った部下,トルソン君(アーミー・ハマー)も既にBL臭漂う美形なお顔でww御付の秘書官Miss.ガンディがナオミ・ワッツだったとは!?特殊メイクのせいなのか全然気付かんかった(゚Д゚;)。。老トルソンのメイクにちょっとムリ感がww(関根さんの大滝秀治っぽいw)

  • 本当にクリント・イーストウッドはピアノがポロンポロンというエンディングが好きだよなぁ。この甘ったるい終わり方はこの作品は合わなかったような気がする。まあ、彼はゲイのことが分からないから、しょうがないよなぁ。
    全体にはよく出来ている映画で、史実にもかなり忠実だと思うのだが、惜しむらくはメイキャップである。ディカプリオもナオミ・ワッツも、老け顔があまりにも作り物すぎてなじめない。歳をとれば、顔の筋肉が重力に負けて落ちてしまうものなのだが、それが表現できていないですな。だから、WW2以後の話が学芸会っぽくなってしまった。それにしても、リンドバーグの息子の誘拐事件はいったい誰が犯人なのだろう。父親犯人説がやっぱり正しいのか。

  • クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演でFBI初代長官のエドガー・フーヴァーの生涯を描いた映画。
    フーヴァーは共産主義者対策や犯罪撲滅を通じて力をつけていき、FBIを設立。
    大統領や有力な政治家を盗聴、脅迫などしてファイル化、弱みを握り大統領ですら手をだせない存在になっていく。
    その一方で、フーヴァーはFBIの副長官トルソンとの同性愛関係にあったり、マザコンでもあったりもした…。

    晩年のディカプリオのメイクが凄いです。

  • 初めてのFBI長官だったフーバー氏の物語。
    権力を集中させる方法って一緒なんだなーということをとてつもなく実感した。
    「国に脅威が迫っている」
    と国民を脅し
    「私に力をくれれば対処できるのだ」
    と言う。
    気づいた時には誰も触れられない程の巨大な権力ができあがる。
    ほんと一緒。
    危機を煽る人、国を守るなんて言う人は基本的に権力志向の人であると言って過言ではないという所感。
    あと、長期政権はやはり腐敗しやすいということも同時に実感。
    あまり長く居座るものでない。と、1期で終えた片山元鳥取県知事は正しかったのかもしれない。

  • 字幕: 松浦美奈

    実在の人物を描く作品は、制作者の意図でどうにでもなるものなので、あまり突っ込む気はないのだけれど。この制作者は「執拗に人の秘密を追及し続けた人間でも(orだからこそ)、人には言えない秘密を抱えていた」人物像として描きたかった、という理解でよろしいでしょうかね。
    (彼の性癖については、今でも議論の分かれるところらしいので。)

  • アーミー・ハマーがあまりにもブリリアント過ぎて、ディカプリオがまるでお父さんの背広を着てお遊戯会をしている小学生にしかみえない。こんなに美しくタキシードを着こなせる人ってなかなかいないと思うのよ。話の内容は、まあフーバー長官浮世の夜話って感じで特に面白いわけではない。

  • レオナルド・ディカプリオの映画をアマゾンプライムで探していたらこれを見つけました。
    全くどんな映画なのかわからずに見てみたのですが、映画としてはまぁまぁ面白かった。

    個人的にディカプリオが好きで、彼の絶妙な中立的な立場の人間を演じるのは素晴らしく上手ですね。
    FBIのトップに常に立ち続けて、若い頃のようにうまくいかない、悔しい様子が非常によく伝わってきます。

    気になる点は、老体のフーヴァー(ディカプリオ)の特殊メイクが今ひとつというところ。
    明らかにディカプリオが特殊メイクしてるなぁと一発でわかるところは、もうひと頑張りしてほしかった。

    そして、フーヴァーとその右腕の男がホモという内容。
    実話をもとにした映画らしいので、リアリティはあっていいけれど、なんだかそこに僕が注目しすぎてしまい、肝心の内容が片隅に置かれてしまう感覚に陥ってしまった。

    はっきり言って、ホモの恋愛をみても面白くないw

    実話だから、しょうがないけれど、ホモ要素がない方が面白かったと思った。

  • いまやCSIなど最先端技術で犯罪に立ち向かう米国のシステムも、FBI創世記はこんなかんじだったのね〜と思いながら鑑賞。それだけ大きな仕事をやってのける人は、やっぱり思いきり個が強くないと成し遂げられないのでしょうかね。終盤は、とても泣けた。愛を強く感じた。

  • 演技上手いなあと思う、
    エドガーは同性愛者だったのかな。

  • 映画の最後の方でようやく本作がイーストウッド監督によるものと知って、「あ、そういえば強い信念を持ち、それでいてジレンマを抱え、国家のためにタフな仕事を忠実に果たす、一癖も二癖もある主人公だから、イーストウッドの大好物やったな」と思った。というわけで映画としては「イーストウッドのいつものやつ」という感想で終わり。この爺さんの安定感ほんと凄い。屋外でも屋内でもやたら明暗くっきりした照明が印象に残った。家族が「母親が死んで呪縛から解放されたんで、絶対女装するよ」って予言して的中させたのには恐れ入った。そもそもがえげつない人物なんで、もっとえげつなくコメディ一歩手前くらいに作った方がいいんじゃあないかと思ったが、監督だと妙に上品なイーストウッドにそれを期待するのが間違い。

全35件中 1 - 10件を表示

J・エドガー [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

J・エドガー [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

J・エドガー [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする