アゲイン!!(1) (週刊少年マガジンコミックス) [Kindle]

  • 60人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (10)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
  • 講談社 (2011年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (201ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アゲイン!!(1) (週刊少年マガジンコミックス)の感想・レビュー・書評

  • タイムスリップもの。

    メインヒロイン(? 主人公の目的となる相手)はわりとクセが強いが、その周辺を固める女性キャラクター、特にアキラがチョロ可愛くて面白いのでバランスよく物語に興味が持てる。

    主人公もだいぶ性格が面白い。根深くヒネているわりに、純情というか一途というか、「これ」ということに目を付けたら一直線。「過去の自分ができなかったことをする」、「退屈な三年間の打破」。それがメインヒロイン、ひいては彼女が心血を注ぐ応援団を助ける行動に集約されている。
    その関心のまっすぐさ、純粋さに共感できない読み手にとっては、疑問符の浮かぶこともあるのかもしれない。
    また、少なくとも一巻時点では、主人公ははっきり「時間が戻った」とは認識していないようだ。いつ本来の時間軸に戻ってもおかしくない、時が巻き戻ったのではなく、「過去の記憶に入り込んだ」ような非現実的ものだと考えている。
    そしてだからこそ、「効率的・効果的」なことではなく、自分の心に従って「一番やりたいこと」をやっている。
    その結果として、生臭い損得勘定のない面白さが生じているように感じた。

    続きが読みたい作品だ。メインヒロインは正直ちょっと苦手だけど。

  • 1巻を無料キャンペーンにて。

  • 登場人物のキャラクターが生き生きとしていて、表情豊かでものすごく引き込まれる漫画。
    ヒロインは某アイドルがモデルらしいが、すごく似てる。

  • 過去に時間移動した男が自分が見たことのない未来を作るために活動する話。



    一応、応援団の話がメインらしい。キャラ設定がいまいちすっきりしない話。ヒロインの性格がよく分からんし、主人公の性格がもっと訳分からん。一貫性のないストーリとキャラ設定で、何がどうなったら嬉しいのかよく分からんかった。



    ひとつ言えることは、久保ミツロウって女作者みたいなマンガ描くな、ってこと。具体的に言うと、恋愛しか描いてないので、女っぽいと感じた。もうこいつの作品は読みたくない。げちょぐろの恋愛を見たければ、少女マンガ読めばいいからね。

  • 卒業式の日、主人公+1は階段から落ちて、入学式にタイムスリップする。なるほどそれで「アゲイン」なんですね。新しい高校生活は応援団話になる。なぜストレート応援団の話じゃ悪かったのか不明。普通戻れば、株など他にすることがあるだろうにそちらの方には頭が向かっていかない。
    そして話は猪突猛進でむかし気質の女団長と彼女を陥れようとするチアリーダーのキャプテンの確執となる。チアリーダーキャプテンはそのために部員を使ってハニートリップをかけるなどなぜそこまでの悪質さ。そのあたりの全体のバランスの悪さは残るがそこそこに読めるというところ。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

アゲイン!!(1) (週刊少年マガジンコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アゲイン!!(1) (週刊少年マガジンコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アゲイン!!(1) (週刊少年マガジンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アゲイン!!(1) (週刊少年マガジンコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

アゲイン!!(1) (週刊少年マガジンコミックス)はこんな電子書籍です

アゲイン!!(1) (週刊少年マガジンコミックス)のコミック

ツイートする