ミッション:8ミニッツ [Blu-ray]

  • 125人登録
  • 4.00評価
    • (17)
    • (25)
    • (15)
    • (1)
    • (0)
  • 16レビュー
監督 : ダンカン・ジョーンズ 
出演 : ジェイク・ギレンホール  ミシェル・モナハン  ヴェラ・ファーミガ  ジェフリー・ライト 
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2013年1月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241714190

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ミッション:8ミニッツ [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • おもろい!一筋縄ではいかない脚本と疾走していく展開にグイグイ惹き込まれた。本年ベスト3を伺う勢いだぜ。ダンカン・ジョーンズ監督すごいなー。『月に囚われた男』も良かったし名監督になる予感。これも二回観てなんぼだなー。パラレルワールド的風味もあいまって満足感半端ない。大満足ですよ。

  • 正直この映画の存在を上映中は知らなかった。
    名前からしてB級だろうとも思っていた。


    けど面白かった。

    残されているのは自分自身のいままでの記憶と、全く知らない他人の亡くなる前8分間の記憶のみ。

    分けも分からないまま、悪夢にように死までの8分間を繰り返す。

    とにかく感心させられるのがこの主人公の精神のタフさ。
    多分わたしだったらとち狂ってしまう。

    視聴者も主人公も全く同じ???から入り徐々に繰り返される悪夢の中で少しずつ主人公と同じだけ状況を理解していくので、こういうSF系にしては以外と置いてきぼりにされるような難しさが無いのが素晴らしい。

  • ダンカン・ジョーンズ監督作品

    これがもう本当に最初から最後までずっと凄い
    すべてを見逃せずすべてが最後まで効いてて、話だけでなく画面の色合いといい、文句の言いようがありません
    ぜひおすすめ

    一応SFに入るけどあまり難しく考えず見れば入り込めます

  • 過去を繰り返す話としてはやはりバタフライイフェクトにはかなわない。でも、まぁ楽しめたかな。

  • wowowで見た。冒頭の謎と展開が気持ちいい。設定とちょっと違う演技を繰り返すトコがかっこいい

  • パラレルワールドの世界。
    最後の最後の展開はネタばれサイトみないとわからなかったけど、
    とてもおもしろい!!
    こういうの好き。

  • 何度も過去を行き来するってのはもうどこかで見た感じするけど、本当の過去じゃないってのは新しかったかな。ただ最後のメールがすっきりしない。あのままプログラムの中で生きるっていうオチで終われば良かったと思うんだけどなぁ…。

  • この監督の前作のタイトルがまさに「囚われた男」であったように、今回も主人公は状況の中にトラップされていて、そこから逃げ出すことはできない。そういう意味では前作も今作も密室劇であるわけだ(まあ、今回はループものでもあるんですが)。

    だから、ひょっとしてこの監督は小さなバジェットの作品しか撮れない、職人タイプの人なのかもしれない(今回の映画も派手そうに見えるが、ハリウッドの水準から見ればロー・バジェットだろう)とちょっと心配になる。

    だが、いや、こういう小規模な作品で腕ならしをして、いよいよ大作に・・・という流れを期待する次第である。

    余計なお世話ばかり書いたが、この作品では「ブロークバック・マウンテン」のジェイク・ギレンホールが好演しているし、エンディングもうまく決めている。

    今期は「猿の惑星」が一番かなぁと思ったが、こちらも甲乙付けがたい出来である(ま、予算の違いがあまりにも大きいから、階級が違うとも言えるので、両方チャンピオンかな)。

    みなさんに安心しておすすめできる一本です^^

  • ループもの。面白いんだけど、ながら見をしてしまったので評判ほどの感情移入はできなかった。
    90分という長さは同じシーンループ映画としては悪くないが、スティーブンスが乗客を救いたいという気持ちに至るまでが急すぎるのと、グッドウィンの心変わりが早すぎる。いくら頼まれたからといってもあそこまでやってくれるものだろうか、と思ってしまった。もっと何ループかして主人公やグッドウィンの苦悩があれば感情移入できたかな。

  • 何これっ!おもしろっ!前半中盤でもっていかれて最後までもつかという心配があったけどまさかの尻上がり。
    This is the movie.

  • 最後の8分間の濃さ。余裕。
    生き生き過ごせる8分間の使い方。

  • 視聴完了。
    前評判だけ聞いて、内容全く知らずに見たのですが、派手なアクション系じゃなかったんですね……
    入りが抜群に上手いと思いました。主人公にとても感情移入しやすかったです。
    使い古された要素かと思いますが、上手く料理されているので良かったかと。
    ラストは好みが分かれそうでした。あの静止で終わっても良かったかなと、ハッピーエンド好きな私でも思うほど……うん、まぁこれもアリですが。

    しかし、落し物を拾う彼は目立った割にモブだったのか。

  • 基本的に8分間の出来事が繰り返すのが、基本ストーリーなのに
    飽きさせない演出はさすが。

    パラレルワールドものなので、ツッコミをいれようと思えば入れられるが、
    そんな細かいことを気にしてはいけません。

    今作が気に入ったらば、是非ダンカンジョーンズ監督の前作『月に囚われた男』を観てください。間違いは無いです。

  • これは面白い!SFサスペンスとして脚本が知的で秀逸。心温まるラスト。時間を止めた車内の映像シーンが美しく心に沁みます。本編を見たあと、特典の解説編、吹替番と三連続で見てしまいました。

  • 「月に囚われた男」で注目を集めたダンカン・ジョーンズ監督のハリウッド進出第1作となるサスペンス・アクション。列車爆破事件の犯人を見つけるべく、特殊な装置で爆発8分前の乗客の意識に入り込み、事件の真相に迫っていく主人公を待ち受ける衝撃の運命をスリリングに描く。主演はジェイク・ギレンホール、共演にヴェラ・ファーミガ。

  • 間違いなく良作。

    『月に囚われた男』の、ダンカン・ジョーンズ監督作品。

    この監督の作品は、100%見ています。

    なんといっても、今回が第2作。

    そして、前作に引き続き、こちらも良作。

    「8分間の過去を何度もやり直し、ミッションコンプリートせよ」

    時間ループものとしては、『恋はデジャ・ブ』とか、『リプレイ』、『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』、『火の鳥 異形編』とかありますが、僕の好きなところでは、『ジョジョの奇妙な冒険Part4・ダイヤモンドは砕けない』ですかね。

    拙作にも、時間ループものはあります。

    『Re:RE:』 #puboo http://p.booklog.jp/book/30122

    ちょっと前までは、けっこう類似作品を探すのが大変だったんですが、最近だと、けっこう人気のあるテーマのようです。

    「エンドレスエイト」(『涼宮ハルヒの暴走』収録の短編)、『魔法少女まどか☆マギカ』とか。

    特に、ゲームと相性がよいようです。一つには、ゲームとはその性質上、一度クリアしたらそこで終わり、になるところを、「二週目は一週目のやり残しをクリアする」というテイストを付加することにより、再プレイを促すのに最適であるから、ということも言えそうですが、単純に市民権を得たテーマなのだろう、とも言えるだろうし、そもそも、自分でも作ったように、「一度はやってみたい」テーマであるような気もします。

    キャラメルボックスとかでやりそうな話ですよね。(最近の流れからするとやりそうにないけど)

    -----------------------

    閑話休題。

    さて本作。

    『月に囚われた男』が、「月面基地にひとりぼっち」という、限定状況ならではの面白さと展開を用意して、観るものを楽しませてくれたわけですが、今回も、この「限定状況」ならではの面白さは健在。

    ・時間は、8分間のみ
    ・場所は、走行する列車内のみ
    ・目的を果たさなければ、みんな死ぬ

    これだけの限定状況を作り出してくれると、それだけで物語がきっちりと定義され、そして、前に前に物語を動かす原動力になる。

    なにより、8分という時間定義が、素晴らしい。

    あまりその点に言及したレビューは見かけたことがないけど、実はこれ、非常に巧妙なのです。

    どういう点で巧妙なのか、ここに書こうと思ったけど、レビューにあまり関係ないので割愛。

    そしてなにより、ラスト。

    時間ループもので、きっちりここまでやってくれたら、それは嬉しいわけです。

    もちろん、SF的な定義の問題は、どうしたってある。

    だけど、その定義よりも何よりも、この映画の「運命」の行き着く先が、「こうであってほしい、いやこうあるべきだ」という、まさに楽しむべきフィクションとしての、「いいラスト」になっていると思う。

    この作品は、丁寧に作られているので、非常に好感が持てて、好きです。

    ダンカン・ジョーンズ監督の、第3作も期待しています。

全16件中 1 - 16件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ミッション:8ミニッツ [Blu-ray]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ミッション:8ミニッツ [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ミッション:8ミニッツ [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする