おおかみこどもの雨と雪(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)

  • 2677人登録
  • 3.87評価
    • (365)
    • (513)
    • (333)
    • (78)
    • (16)
  • 469レビュー
監督 : 細田守 
出演 : 宮崎あおい  大沢たかお  菅原文太  黒木華 
  • バップ (2013年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988021137362

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

おおかみこどもの雨と雪(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)の感想・レビュー・書評

  • 劇場で観られず、ようやく観ることができた。

    序盤の花とおおかみ男とのラブストーリーはもう少し見たかったな。
    セリフなしで音楽と映像だけの演出は好き。
    つわりで弱っている花に、雉を狩ってくるおおかみ男には「ワイルドだなぁ」と笑ってしまったのに、まさかそれが悲しい事態を引き起こすことにもなるとは。

    一人で子育てする花が強すぎて(強くならざるをえなくて)切ない。

    隣近所や児童相談所員の目を逃れ、こどもたちを少しでも伸び伸び育てるために、花は田舎に引っ越す。
    廃屋のような家の修繕(屋根の修理まで!)や、荒れた庭の畑化など、花が頑張りすぎで途中でへばっちゃうんじゃないかと心配になる。

    雨と雪は、小学校に通いだしてから同じ年頃のこどもたちを知ることで、心にいろいろな変化が起きる。
    雪は語り手であるせいか、他の子たちとの違いを知り、女の子らしくなっていく過程がわかりやすく描かれているのだけど、雨のほうは、どういうことで他の子との違いを感じ、人間界で生きにくいと思ったのかがわからない。
    「巣立ち」の気持ちが強くなったのは、そういう時期だったのか、「先生」に会ったからなのか。
    雪とのとっくみあいのケンカが、まんま野生であまりの変わりように驚く。

    しかし、せっかく「おおかみこども」なのに、なんで「どちらか」でないといけないんだろう。
    雨が人間界で生きにくいと思った理由、「先生」の跡を継ぐのが自分だと思った理由、がわからず、自由に生きていけるはずの「おおかみ」を選んだ雨のほうが、不自由で狭い視野のように感じられた。
    それまでの花の頑張りを見ているせいで、早い巣立ちというより親不孝だなぁ、と思ってしまったのは、わたしが母親ではないからだろうか。
    母親である花は、最終的に雨の選択を受け入れ「しっかり生きて」と微笑んで見送る。
    花さん、本当に強くて切なくなります……。

    大雨の日の雪のほうのお話は好き。
    そうちゃんが、ジブリに出てくる女の子を守る男の子、って感じでステキでした。

    背景、特に田舎に越してからの緑がとてもきれいだった。
    山の中や雪の原を駆けるときの映像が、おおかみこどもの目線で、すごく疾走感があってこれもよかった。

    かわいらしいだけのお話ではなく、母親・こども両方の成長、こどもの自立と送り出す母親の心情、など、観終わった後にじんわりかみしめた。
    突っ込みどころはすべて棚に上げてしまって、観てほしい作品。

  • 映画館で見たかったのに見れず、やっとDVDで見ました。子育てに父親は不要である(時々どこかから父性を借りてくれば間に合う)というこの世が始まってこのかた女性たちがひた隠しにしてきた真実があまりにおおっぴらに…!それを知っているなんてさすが監督!と感激しきり。花ちゃんの懸命さに胸をつかまれる。親子が三人で完成する雪の朝の瞬間がとても喜びに満ちていてしあわせだった。とてもとてもしあわせな朝だったね。

    1カ所どうしてこうなったっていうシーンがあったんだけどそれは念のため口には出さないでおく…どうしてああなった…獣型…

  • 「私が好きになった人は”おおかみおとこ”でした」

     ”隠したい気持ち”と”誇り”が入り混じって、切なくなる作品.人と違うこと、を排除するのは人間.でも、人と違うこと、を受け入れることができるのも人間.
     人と違うことを幅広く受け入れられる社会だったらこんなに隠さなくてもいいんだろう.でも、日本の社会だと、私もはなさんと同じような態度をとるだろうなぁと思う.子を想う母の気持ちはいつの時代もきっと変わらない.親子だから分かりあえるわけではないと思うけど、親子だから分かちあえる部分がたくさんあるんだと思う.母親のはなさんの行動に社会が孕む多くの問題を垣間見る.

  • 子供のためにどんなに苦労しても、自立して巣立つことを止めたらいけないんだろうなぁ。

    子育てにてんてこまいの毎日も、犬にかまれたテーブルの傷跡も、過ぎれば幸せそのものでしかないんだろうなぁ。ファンタジーなのにとても当たり前な親子のテーマが描かれていて良い作品でした。

    最後だけ、はなちゃんの第二の人生も描いてほしかった気はする。

  • ――おかあさんが好きになった人は、狼男でした。

    つらい時でも無理やり笑って、たくましく前向きに生きる。
    そんな「花」が狼人間を愛し、夫を亡くし、子どもを一人で育てる。
    狼男との恋愛から、現代社会で「おおかみこども」を育てる大変さまで、リアルに描いたファンタジーアニメ。

    CMで物語の筋を分かったつもりになって映画館まで行かなかったんですが、もったいなかったなあ。
    登場人物の表情が繊細で、やわらかくて、すごく素敵。
    脚本もいい。
    言葉がスッと入ってくる。

    「家があったらいいだろうな。ただいまって言う。
     靴をぬいで、顔と手を洗って、椅子に深く腰かける。…いいだろうなあ。本棚をつくる。本でいっぱいになったら、また新しい本棚をつくる。何をしてもいい。自分の家だもの」
    「じゃあ、わたしがお帰りって言ってあげるよ」

    「これから、どうしたい? 人間か、狼か。
    引っ越そうと思うんだ。どちらでも選べるように」

  • たまたまCSの映画番組で主人と観ました。

    オオカミと夫婦になった花。
    2人の間に産まれた、長女・雪と長男・雨。

    自分が出産してるせいか、出産や子育てのシーンでグッとくるものがあった。
    多分、妊婦検診とかも受けてないだろうし心細かっただろうな・・・。
    でも、何が何でも産んでやる!と云う、花の凛とした強さが本当に素敵。

    人間の2歳児育ててますが、保育園にお世話になってても嫌々期にひーこら云ってるのに花って凄い!

    きちんと子供たちの事を将来まで考え、「人間」として「オオカミ」として好きなほうを選べるようにと行動する花に頭が下がります。

    そしてやってきた思春期、自立。

    私はこんな風に子を見送ることが出来るだろうか・・・。

    設定とかは深く考えないで、ただ観てほしい。
    そんな作品です。

    ただ、狼の姿をしたまま性行為はちょっと受け入れにくかったです…すみません。

  • なんといっても脚本が大甘。母親一人で赤ん坊を育てるのも、廃屋と化している家を再生するにも、畑を耕すにもあんなに簡単に行くはずがない。そこからして大いにがっかりする。だいたい、死んだ夫の貯金で暮らしているっていうけど、どんだけ引っ越しのバイトで稼げるっていうんだよ! それとも死んだ親から莫大な遺産でも相続したというのだろうか。同じ監督の「サマー・ウォーズ」はファンタジーであるから、どんな設定であってもそれは通るが、これはそうはいかない。
    まだまだ脚本に空いている穴を指摘すれば数限りない。エンディングのところで息子が独り立ちするのを百歩譲って認めたとしても、それは一般社会からすれば「失踪」であり、「事件」であり、いくら田舎でも、いや田舎だからこそ、なかったことにはできるはずがない。また、なぜ母親である花が雪のことをいっさい心配せずに雨を追いかけるのか、そこのきちんとした説明もない。見ている側は「どうしてこの親は娘のことを一瞬も考えなくて息子を追いかけられるのか」とどん引きする。
    さらに、あれだけ心配して探し回った息子が親離れをするからといって、あんなにキラリンと笑って簡単に済ませられるはずがない。こんなので通用すると思っているんだったら監督は頭がおかしい。
    また再婚したから、今の子どもは要らない、集中豪雨が降っても迎えに来ない親なんてありえないし、ランドセルが2個転がっていても探さない学校の管理体制もめちゃくちゃおかしいだろ!
    というわけで、もっと本気でシナリオを練らないといかんですよ。これじゃあ子供だましだ。
    細かい演出とか、作画とかはけっして悪くないのだが、シナリオの悪さがすべてを台無しにしていますね。

  • 見るだけならレンタルで十分かと。
    (ただし、子供と見る場合は、まず大人が見てから子供にふさわしい内容か判断する事をお奨めしたいです。
    あと、トトロみたいな家族を想像していると、肩透かし喰うかもしれません)

    この作品へのツッコミはあちこちで入り尽くしているので、私が特に気になる部分を……。

    家族の映画なのに、家族の絆が感じられなかった。
    家族でも、三人集まって長く暮らせば多少なりとも衝突があるはずなのにそれがない。
    一回姉弟喧嘩してたけど、兄弟喧嘩でお姉ちゃんにあそこまで傷負わせて泣かせたんだから、普通の母親だったら、「どうしてお姉ちゃんに怪我させたの!?」って、子供を叱り付けてる。
    なのに、叱らなきゃいけないシーンで、息子に赤い目でガンつけられて、竦んでしまうお母さん。
    娘は傷だらけで泣いてて、息子はすっぽんポンで睨みつけてくるって、尋常じゃない事があったと思うはずなのに、事情を聞かない。

    母親の制止を聞かずに、雨が黙って山へ行ってしまう所とか、弱腰の母親を自分より下と見なしたから自分勝手に行ってしまったのかな。
    狼や犬は群れの中に順位があって、相手が自分より格下だと分かると言う事を聞かなくなる。姉のように飛び掛ってくる相手じゃないから、雨の中で母親の順位はすごい下かも。
    子供があんまりお母さんを大切にしていないのも、気になる。

    山の主システムが分かりにくいのも気になる。
    人間と暮らしている雨はすごく人間くさいはず、しかも他所の土地から来た新参者なのに、山の動物に簡単に溶け込んで、次期「山の主」候補になるって、どういうことなんでしょう?
    なんとなく、雨が狐に騙されてる気がして仕方が無いです。

    映画とはいえ、寿退学はしたらいけません。
    なぜ、そんなに急いで子供を作る必要があったのか。
    卒業するまで待てなかった事への説明もなかった。
    まるで、あと数年後に狼男が死ぬのを、あらかじめ知っていたから急いだように見えちゃうよ。

  • テレビでしよったやつ!
    話は分かりやすくてよかったが、もうすぐ出産なのでこれからの生活のことを考えるとうぐううううとなった。ああこわい。
    雨を探しに行く母親が、何と言うか子どもの成長を受け入れられてないというか、いつまでも子どもがむかしの子どものままだと思って接する大人を何人か見ているけども、これから子どもと関わる中では気をつけないといけないことなのかなあと思った。どっちも選べるようにしたのはあなたですよ。いや大人の気持ちもほんとよく分かるのでそれがだめだとは言えんのだけども。
    いちばんだめやったのは父親の遺体片付けるとこやった。むり。

  • 面白かった。
    けど、狼男の出自が雑(実際にいたらそう言うものかもしれないが)なところとか、あめが生き方を決心して出て行った後の騒動(あるはず)を描いていないところとかツッコミどころは多かった。確かにあめ不在後の騒動は限られた時間の中で省く必要はあったのかも知れないが、それはゆきのナレーションで結果だけでも数秒で入れれたんじゃないかなとも思う。

    でも退屈せずに観れた。

  • 孤独に奮闘する花が切なかった。どんどん成長していく雪と雨。母親は、強い。

  • 半分狼、半分子どもという設定からするといつか狼であることがばれて追われる というあたりが想定され、どう展開するのかという興味で見た。

    狼子どもの苦悩など荒唐無稽な設定なので共感するのは面倒と思ったけど、考えてみればみんな狼人間なのかもしれない。人間はどこか他者とは違い、本当の自分を隠して疎外感と孤独感を抱えている。と分析しても自分のことのように見ることはできないのですが。

    展開の仕方に対する興味から主眼は子育て、親の苦労、田舎の風景、自然の美しさ、子どもの個性といったことを丁寧に描かれていて、その瑞々しさが心に沁みる内容だった。
    自然の描写が素晴らしい。ここはCGを使っているのかな。《時をかける少女》《サマーウォーズ》、抜けるような青空の広がりが印象的な作品群だ。

  • 狼おとこのパパ、知的&ワイルドでかっこいいし、たくましく生きるシングルマザーも素敵。狼になって走り回る子供たちもかわいいし、揺れ動く青年期の子供たちもまたよし。

  • 人として生きるのか、狼として生きるのか・・・

    10年という月日は狼としては大人なのかもしれない。

    かといって、今まで一緒に暮らしてきたのに、簡単に子どもを山に送り出すなんてこと理解できない。

    狼父が死んで、清掃車の放り込まれるシーンがなんだか切ない。

  • みはじめてすぐ、なんか好きだなあと思った。
    でもはなが、隣近所から怒られるあたりからずっと、悲しく寂しかった。
    田舎のおじいちゃんが少し優しくしてくれただけで、涙が出るくらいに。
    でも町の人と少しずつ仲良くなっていくにつれて、本当にはわかりあえない苦しさを感じる。 変わっていく寂しさも。
    あめが森に生きたがっているのは、とめたくなった。自由な生き方を選ぶことを、望んでいるはずなのに。
    こどもが自分の元を離れていくっていうのはあんな気持ちなのかなあ。
    お父さんが、ずっと生きていて、ずっと側にいてくれたらよかったのに。
    そしたらはなも、あめも、きっとゆきも、曇りなく晴れやかに生きていけていたかもしれない。

    でもけっきょくのところ、寂しさ、悲しさ、苦しさを、これくらいの割合で胸に秘めて、生きていくことになるのが人生なのかな。
    一点の曇りもない幸せを、未だ信じてはいるけれど。

    わかりあって一緒に生きていけるのは、パートナーただひとりなのかな。

  • 泣く映画ってうわさは聞いていたけど、終始悲しい家族の物語…

    景色がとてもきれいだった。

    田舎暮らしは大変そうだけど憧れるな!!!

  • 映像、音楽がきれいですね。
    さすがです。

    導入部だけで泣ける。。

    狼だとしても受け入れられるような相手に巡り合えること、
    そんな気持ちを持てることはとても幸せなことですね。

  • 必死さに胸を突かれる。シングルマザー、無国籍児の問題のようで、さらに本質的には全ての差別されている人の崖っぷちを描いている。どの場面も苦しく、ときおり清々しい。生きる、背負うことの意味を震えながら考えた。

  • 本よりいいかも。
    やっぱり花は、素敵な人でした。

    そして、日本の田舎で四季を感じて暮らすこと。
    冬は雪が降って、夏は青い空、山の緑、いいな。

  • 子供の成長と母親の愛と、人間として生きていく事、狼として生きていく事。
    人間社会と自然との対比によるカタルシス。

    最後まで心を揺さぶられる作品でした。

  • 山から池を見下ろす景色、草むらや森を駆け抜ける目線の低い描写、カーテン越しに雪が狼の容貌を垣間見せる場面など、ハッとする映像が幾つもありました。ナレーションで、淡々と筋を進めているのも心地よかったです。素晴らしい母親ですが、子供は自力で成長していきました。子育ての時期は大変だけど、振り返れば、かけがえのない珠玉の時間ですね。

  • ぱっと見、全部同じ顔に見えるのはいつものことなのですが、今回のお話はトラウマ物でした。


    まずお父さんの死に方がトラウマです。ゴミ収集車に持ってかれるのを見て吐きそうになりました。
    次に、大学勝手に入って勉強してたとか、それを手引きしてたとか言う所であり得ないと引きました……。
    なんじゃそりゃー!

    話の流れで二つの道に別れた姉弟も、これほど感情移入できないのも珍しいくらいです。
    見てて痛いと言うか、誰もが不安定な将来を想像できて不安と心配になって話に集中できません。
    それでも前向きに生きてこう! って話なのかもしれませんが無理です。
    TVで流れても絶対チャンネル変えます……。

  • ファンタジーを現実に寄せたつくりの話なんだけど、現実の部分に非常識なところが多くて話に入り込めなかった。主人公は最初から向こう見ずな行動が多く終盤になってもそのまま。なのにそれを肯定するような演出が目立つところがノれない。あと狼人間である必要性がわからなかった。私にとっては疑問符の多い作品で合いませんでした。

  • {2012年・日本}

    細田守監督作品。
    ────── 録画してあり何の気なしに観たのですが、泣けました。

    “おおかみ男がこの世にいるのか?”というところから始まり、賛否両論ですが、“狼であること”を個性と捉えると母親である花の選択は正しく、その時に自分ができる最善の選択だったのではないかと。
    親子という形でこの世で関わり合いを持てた命だけど、自分の持ち物ではない。
    巣立った後の長い人生の為に下地をどう作って行ってあげられるか、親としての資質を問われているような…。

    二人がとても愛し合っていたのは分かるけれど、結ばれる場面は要らないかな。ちょっと、現実的すぎるので(*_*)

    映像は、すごく綺麗。雨の粒や蜘蛛の巣、空の色。
    とても丁寧で、優しい映画でした。

全469件中 1 - 25件を表示

おおかみこどもの雨と雪(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

おおかみこどもの雨と雪(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)を本棚に「観たい」で登録しているひと

おおかみこどもの雨と雪(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする