破壊的イノベーション (ALBUM+DVD) (初回生産限定)

  • 20人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
アーティスト : 山中さわお 
  • DELICIOUS LABEL (2013年2月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988064279210

破壊的イノベーション (ALBUM+DVD) (初回生産限定)の感想・レビュー・書評

  • 山中さわおさんのソロアルバム。
    前の2作が英語詞ばかりだったのを少し残念に思っていたので、今作は日本語の歌詞があると何かで読んで楽しみにしていた。
    ようやく聴けて、すごくいいぞ!と喜んで口ずさみながら『cast』のインタビュー記事を読んだ。
    このアルバムがどうして今までの2作と違うのかがそこで語られていた。

    どんな理由があったって、最初に聴いた時の感想は変わらない。
    私は山中さんのソロアルバムの中ではこれが1番好き。
    でも、この歌がどんな気持ちで作られて歌われたのかをほんの少し垣間見たことで、知らなかったころよりも愛おしく思えることってある。
    このアルバムにとって幸か不幸か分からないけれど、そういう意味でも他の2作より特別なものになってしまった。

    私はthe pillowsの昔からのファンでも熱狂的なファンでもないけれど、山中さんの書く曲が好きだし歌声が好きだからこれからもthe pillowsの曲が聴けるんだということがとても嬉しい。
    ソロ活動もthe pillowsと近い、遠いに関係なく続けてほしいなぁとも思う。前の2作だって好きだから。

    『cast』を読む前にレビュを書いていたら何て書いたかな。
    書いておけば良かったなと少し後悔。

    「RED BAD」はとにかくカッコイイ。
    山中さんの書く英語詞の曲はカッコイイ曲が多いと思うのだけど、これはまさにそうで、待ってました!って感じ。
    「Answer」の歌詞が好き。
    歌いたくなるというか読みたくなるというか、口にしたくなる言葉。
    「All memories」と「HEAVEN'S PINHOLE」は好き過ぎる。
    この2曲を続けて聴くと泣きそうな心持ちになる。
    そして最後の曲が「Buzzy Roars」なのがとても嬉しい。

    「Thank you God.
     I'm really thankful.」

    25周年にどんな歌を歌うのか、今からすごくすごく楽しみだな。

  • 山中さわお、健在である。
    そう言わざるを得ないソロ3作目。

    「母体のバンド、ピロウズからギターを抜いただけでしょ?」
    と、ちょっと侮ってました。
    出てくる出てくる、捻られたギターリフの数々。
    「もはや捻くれもここまで来れば1流だよ。」って位にオルタナ。
    そのくせに、キャッチーなんだから。中毒になりますわ。

    ピロウズのここ最近作にあった、「固まった感の開放」を確実に、
    しかも作為的に狙っている事は明らか。
    このアルバムをもって、次の母体ピロウズの再始動が一番の楽しみ。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

破壊的イノベーション (ALBUM+DVD) (初回生産限定)はこんな音楽です

破壊的イノベーション (ALBUM+DVD) (初回生産限定)のMP3 ダウンロード

ツイートする