Amok

  • 67人登録
  • 4.00評価
    • (7)
    • (12)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
アーティスト : Atoms For Peace 
  • XL. (2013年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 0634904058326

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Amokの感想・レビュー・書評

  • 最近購入。レッチリもレディへも好きなのですごく期待していた。結果今年のアルバムトップ5に入るくらいよかった。まず最初に思ったのが僕が思っていたよりずっとポップだったということ。そしてリズムトラックがめちゃくちゃかっこいい、この感覚はキッドAに近いかな・・・・・トムヨークのボーカルもいい!ライブで是非見てみたいバンド。

  • トム・ヨーク、フリー、ナイジェル・ゴドリッチらによるスーパーバンドのフルアルバムってことで、もの凄い期待感でもって聴き始めたものの、基本的にはトムのソロって感じです。

    当然、とてもカッコいいのだけれど。

    打ち込みメインのサウンドながら、グイグイ存在感を出してくるフリーのベースはやっぱり気持ちよくて、トムやナイジェルが作るサウンドコラージュにフリーのベースが躍動感を加えていて、その科学反応は聴く価値あります!

    でも、繰り返しだけれども、もっともっと予想を裏切るような、もの凄い音を期待してしまってました・・

    う〜ん、でも、こんなにカッコいい音を出すバンドは現存しない気もします。

  • 音楽をちゃんと聴いていこうと決心した作品です。心に潤いを与えてくれます。

  • どう、これかっこいいでしょ?って感じ。
    トムヨークの声でフリーのベースでエレクトロな要素入れました。1+1+1=3でイメージ通りすぎて。かっこいいんだろうけど。何かもっと違うのができるかなと思っていました。面白くはない。

  • 2000年以降のradiohead/thom yorke が濃縮された作品だと思う。
    目に見えない何か恐ろしいものが知らないうちに進行している という世界観を描かせると右に出る人はいない。
    音と歌詞がマッチしている。
    収録時間も長くなく、まとまりがある。

    7.judge,jury and executioner が一番引っ掛かった。
    いい曲だけど、アルバムの中で一番浮いている。
    この曲があるから、2000年以降の延長線にあると感じた。

  • トム・ヨーク、やってくれました。買いです。ロッキン・オンの絶賛も今作ばかりは同意。ロックを救うのは彼だな、やっぱり。

  • 思ってたより落ち着いてる感じだけど、渋いっ。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

Amokを本棚に「聴きたい」で登録しているひと

Amokを本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

Amokを本棚に「いつか聴く」で登録しているひと

AmokのCD

AmokのCD

ツイートする