おひっこし (アフタヌーンコミックス) [Kindle]

  • 42人登録
  • 3.56評価
    • (2)
    • (6)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 沙村広明
  • 講談社 (2002年6月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (244ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

おひっこし (アフタヌーンコミックス)の感想・レビュー・書評

  • つまらんとは思わないけどたぶん面白さを自分がよくわかっていない感じで読み終わってしまった。
    読後にレビューを見たりすると美大生の青春がユーモラスに描かれていることに共感を覚えたという感想も多いので、根っこの所でライフスタイルが違う気がする。

    物語の冒頭、遠野が一方的に恋する赤木さんのカレシ滝先輩が青年海外協力隊でザンビアに行く件について、赤木さん曰く「なんかエゴ通すみたいで嫌だった」から渡航には反対しなかったというが、物語中盤では滝先輩は向こうで同僚とお付き合いを初めてしまったことがわかり破局する。
    物語の最後、誰かを待っている理由が無くなった赤木さんは部屋を引き払い遠方の四国へと引っ越す。そこで遠野が取った行動は自分も四国まで押しかけてしまうということだった。

    愛しい人が遠くに行ってしまうという同様の場面で取ったふたりの行動の違いがなんだか印象的で、最後の赤木さんの爆笑も遠野の突飛な行動に対してだけじゃなくて重ね合わせたところがあるんじゃないかなと思ってる。

    個人的には終始小春川がいいキャラしてて好きだった。幸せになって欲しいけどずっと何かしら「思うところあって」って悩み方をしてそう。

  • 女キャラがどいつもこいつも色気があって魅力的。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

おひっこし (アフタヌーンコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

おひっこし (アフタヌーンコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おひっこし (アフタヌーンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おひっこし (アフタヌーンコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

おひっこし (アフタヌーンコミックス)はこんな電子書籍です

おひっこし (アフタヌーンコミックス)のコミック

ツイートする