NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2013年 01月号 [雑誌]

  • 53人登録
  • 4.13評価
    • (8)
    • (11)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
制作 : ナショナル ジオグラフィック 
  • 日経ナショナルジオグラフィック社 (2012年12月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910068470133

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2013年 01月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • 本城直季さんのミニチュア写真が載っているとのことで、初めて購入。
    雑誌というには肉厚で、思わず唸ってしまう写真がてんこ盛りでした。

    お目当ての本城さんのミニチュア写真はいずれも新作でしょうか。
    やはり味があるなぁ、どこか癒されるなぁ、と魅入ってしまい、ほくほくです。

    他にも宇宙や虫、秘境が、美麗な写真と共に。
    CATVもたまに見ますが、人気の一端を覗けた気が、します。

    ん、こまめにチェックするようにしよう。。

  • ナショナル・ジオグラフィック協会、今年で創設125周年だとか。
    これからも素晴らしい記事を期待しています!

    さて、今回もボリュームたっぷりでどれも面白かったですが、
    特にインパクトがあったのが「100年前の南極探査」でしょうか…。
    凍てつくブリザードの中、身をかがめて進む隊員たちの白黒写真。
    モコモコの毛に覆われたグリーンランド・ドッグたち。

    耐え難い飢餓状態。壊死した足。仲間の死。
    鳥肌が立つほどの壮絶な記事でした。

    「果てなき宇宙への夢」も面白かったです。
    SFの世界が、すぐそこにまで来ている!!夢が広がりますね。
    でも今研究している人達が生きている間には、実現する事はないのかな…
    それでも人類は探究する事を決して諦めない。

    これまでで最も高速な宇宙船ヘリオス2号の最高時速は、25万3000キロ。
    それでも地球に最も近い恒星を目指すと、1万7000年以上かかるという。
    (クロマニヨン人が洞窟に絵を描いていた時代から現代までと同じ時間、
    なんて丁寧に書かれていて、ちょっと笑ってしまった)
    宇宙というのは果てしないなぁ……

  • 2013年1月号の目次
    探求の新たなる時代

    月面、灼熱の火山、未踏の山や川――人類がはるかな旅路の最前線で目にした光景を、写真でたどる。

     約6万年前にアフリカを出て以来、私たち人類は未知の領域にあえて挑戦し、未踏の陸地を発見し、新たな可能性を追求してきた。人類の文化を形づくってきたその衝動は、いまなお強く息づいている。ナショナル ジオグラフィック協会の創設125周年を記念し、本誌では今後1年間、「探求の新たなる時代」をテーマに、関連特集を掲載していく。
    編集者から

     月面、灼熱の火山、未踏の山や川――人類がはるかな旅路の最前線で目にした光景を、写真でたどります。このうちコーリー・リチャーズの顔のアップは、ガッシャーブルムII峰で雪崩に巻き込まれたとき、脱出直後の表情を自分で撮ったもの。写真家のプロ根性に感服しました。(編集H.I)

    落ち着きのない遺伝子

    アフリカから旅立ち、未知の世界に挑み続ける人類の探求心はどこから来たのか。その源を探る。

    文=デビッド・ドブズ

     アフリカから旅立った現生人類の祖先は、世界の各地へと広がった。私たち人類はその後も、高峰の頂や大海原、宇宙のかなたを目指し、未知の領域に挑み続けている。人類のあくなき探求心は、どこから来たのだろうか。その源を探る。
    編集者から

     「あの丘の向こう側には、いったい何があるのだろう」。未知の世界に憧れる、そんな思いが人類の進化と発展を後押ししてきたんですね。ところで、個人的に気になったのは、記事に登場するオオヒキガエル。南米からオーストラリアに持ち込まれた外来種なのですが、なんと「進化して、どんどん足が長くなっている」というのです。足長ガエルの不思議、詳しくは本文でお読みください。(編集H.I)

    果てなき宇宙への夢

    恒星間飛行は可能か? スペースシャトルの引退から1年。民間の参入で宇宙開発は新たな段階に入った。

    文=ティム・フォルジャー イラスト=ステファン・マルティニエル

     人類は昔も今も、「いつかは宇宙を旅したい」という夢を抱き続けている。だが、米航空宇宙局(NASA)を中心とする宇宙開発は、2011年のスペースシャトルの引退をもって一区切り。民間の介入という次のステップへと進み始めた。新しい素材やエンジンの開発は現在、どの段階まで来ているのか。その実情に迫る。
    編集者から

     「富の獲得に比べれば、科学と好奇心は動機として弱い」という宇宙開発会社のトップの言葉には、ちょっとがっかりした人もいるのでは? でも、自分が生きている間に経済的な見返りがあるかどうかわからない今、やっぱりそこには、おじさんたちの「熱~いロマン」があるんじゃないでしょうかね。(編集H.O)

    石油開発に揺れる熱帯雨林

    世界屈指の生物多様性を誇るエクアドルのヤスニ国立公園。その原生林で石油開発が着々と進んでいる。

    文=スコット・ウォレス 写真=ティム・レイマン、アイバン・カシンスキー、カルラ・ガチェット、デビッド・リトシュワガー、スティーブ・ウィンター

     エクアドル東部のアマゾン川源流域に広がるヤスニ国立公園。木々が生い茂る密林には、ピグミーマーモセットやアカホエザルといった10種のサルのほか、600種近い鳥がすみ、昆虫にいたっては1ヘクタール当たり10万種も生息する生物多様性の宝庫だ。そんな野生の楽園でいま、大規模な石油開発が進んでいる。

     2007年、エクアドルのコレア大統領は、ヤスニ国立公園の北東部に位置するITT鉱区での石油採掘を見合わせる用意があると表明し、その見返りに36億ドルの補償金を国際社会に求めた。この提案は「ヤスニITTイニシアチブ」と呼ばれ、エクアドル国内では幅広い支持を得てき... 続きを読む

  • 探求の新たなる時代
    落ち着きのない遺伝子
    リスク・テイカー
    果てなき宇宙への夢
    石油開発に揺れる熱帯雨林
    未踏の極地へ
    小さな細菌の世界

  • 巻末の、決して長くはない記事だったけれど
    細菌の話に一番興味をそそられた。
    プチ潔癖で菌が苦手なんだけど、菌に生かされてるのも理解していて、
    だからとっても興味深かったです。

    探検モノを読むたびにいつも思うけど、探検家はすごい!
    100年前の南極大陸での冒険、読んでるだけで寒い…。


    やっと1月号!
    読書の合間に読み進めているナショジオ、溜まりまくってるー!

  • 今年はナショナルジオグラフィック協会の創設125周年の記念の年。

    それを記念して、今年は「探求の新たなる時代」をテーマに1年間、関連特集を掲載していくらしい。

    今号は構成も少し変わっていて、表紙が5種類。
    「人類の限りない探究心を5枚の表紙で表現した」とのこと。

    先頭の表紙は「果てしなき宇宙の夢」がテーマの表紙。
    その後、「野生の楽園」「微小な世界」「地球の頂点」「未知の深海」がテーマの表紙が続く。
    (各テーマについての記事もある)

    そして、付録はナショナルジオグラフィック協会地図製作部門が製作した初めての世界地図の復刻版。
    1922年12月号の付録。

    北極、南極には「未探検」の文字があったり、ミクロネシアには「日本委任統治領」の文字があるあたり、時代を感じる。

    裏面には最新の世界地図。
    北極、南極の「未探検」の文字は無くなったが、世界は、どれだけ良くなったのだろうか、とふと思ったりする。

    ところで、記事の方で気になったのは「果てしなき宇宙の夢」
    SFが好きなので、こういうテーマの記事は、ど真ん中のストライク。

    未来の宇宙船(主に恒星間宇宙船を想定している)の動力源についての話。
    ソーラーセイルについての話は、JAXAの「イカロス」が成功したニュースが思い出され、興味深かった。

    最近、民間会社による地球近傍の小惑星の資源採掘(の構想)の記事を見かけたが、地上の争いと同じレベルの争いを宇宙にも持ち込んで欲しくない、と思った。
    が、きっと持ち込むのだろう・・・。

  • 大好きな雑誌が、125周年を迎えたようです。125年も錆びつかず、人を魅了する世界を紹介し続けるって凄いなぁ。
    そしていつの時代も人は冒険心を抑える事が出来ないんだなー

    今回は特集として人間の探究心がテーマとなっていた!周りからみると異常とも言える冒険は人間を世界中へ定住化させた、つまりグレートジャーニーを成功させた大きな要因であり、現代人も持ち合わせているという内容だった‼冒険とは時代や人によって違うと思う。遠くへ行くことだけが冒険じゃない。自分が心底夢中になれることへ挑戦することだと思う。


    と言う事で今年も登山にはまろう!
    憧れの登山家、加藤文太郎が最後に挑戦した北鎌倉尾根へ今年こそ‼‼

  • ナショナルジオグラフィック協会は今年で創設125年。今回は特別号ということで、表紙が5枚あるという今まで見たことのない作り!2~5枚目は表紙と呼べるのか謎だけど(笑)

    「探究の新たなる時代」や「リスク・テイカー」に出てくる写真や言葉は素晴らしく、重みがある。

    100年前の南極探査の記事「未踏の極地へ」も壮絶さが伝わってくる。当時の白黒写真がまたいい。

    「小さな細菌の世界」も比較的短い記事だけど知らないことがたくさんあった。細菌ときくと悪いイメージを連想しがちだけど、人体にはヒトの細胞数の10倍もの細菌がいて、大半はヒトが生きていくうえで不可欠。自然分娩では産道を通るときに乳酸菌などをもらい、帝王切開では大人の皮膚に由来する、ブドウ球菌などの潜在的に有害な細菌をより多く持つ。

    さすが特別号、よい記事が多かったです!

  • 文明人たるもの宇宙をめざさなきゃいけない気がしてきた。

  • national geographicは確かに書かれていることも興味をそそられるが、掲載されている写真も素晴らしい!!一石二鳥の雑誌だ。早くも来月号が楽しみ^ ^

  • 自分じゃできないだろうけど、やっぱり探検って奴には憧れます。

全11件中 1 - 11件を表示

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2013年 01月号 [雑誌]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2013年 01月号 [雑誌]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2013年 01月号 [雑誌]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2013年 01月号 [雑誌]を本棚に「積読」で登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2013年 01月号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする