桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]

  • 648人登録
  • 3.89評価
    • (93)
    • (113)
    • (82)
    • (10)
    • (8)
  • 117レビュー
監督 : 吉田大八 
出演 : 神木隆之介  橋本愛  大後寿々花 
  • バップ (2013年2月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988021712408

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 映画館で観てきました!

    おもしろかったです。

    クラス内の格差社会、運動部はえらくて文化部はなんか立場が弱いっていう認識・・・というかレッテル?私は文化部が劣っているなんて思いませんが・・・。

    クラスの”上”に属している子たち、見事に桐島に振り回されています。桐島が消えた瞬間にアンデンティティをなくす彼女や親友、仲間。桐島がいたことで保たれていた部活内の空気、人間関係が崩れていきます。

    文化部の子たちは自分の世界とか生活を持ってて、やりたいことがあったり、打ち込めるものを持ってたりする。だから、桐島がいなくなったからといって自分の生活が変わることはなくて、映画部は映画を作るし、吹奏楽部は練習するんですよね。(部長さわじまは部長にしては、個人の感情でふらふらしすぎでちょっとイラッとしましたが・・・)

    屋上でゾンビ映画を撮る映画部に対して、桐島を追ってきたバレー部の子が「桐島いねーし、頭おかしいやつらにからまれるし・・・」って言って、前田が「頭おかしいのはお前らだろ!」って言った時、ほんとにほんとに(苦笑)って思いました。
    おかしいよ、なんでそんなにふりまわされてんの?桐島いないと自分の存在価値なくなるの?部活がんばれないの?桐島の部活じゃないでしょ、みんなでがんばるのが部活でしょ?。って思いました・・・

    クライマックスの吹奏楽部の合奏をバックに映画部のゾンビ映画・・・すごかったです。
    誰のものでもない「屋上」で、平等で、誰がどういう風に楽しんでも頑張ってもいいはずの「学校」で。彼らは決して自分たちを”下”だとは思っていません。

    前田かっこよかったです!映画が大好きで部活で仲間と熱く語ったり活動したり・・・人に楽しそうに語れるようなことがある人ってすごいです。しかも、決して夢みがちってわけでもなく、きちんと現実も見ている前田。すごいなぁ。

    ひろきの本気になれない自分へのいらだち、かなしみ、どうしたら、何をしたらいいのかわからない気持ちもわかります。不満もないけど満足もしない生活ってむなしいですよね・・・

    リベロの子(小泉?)とバド部のミカの気持ちもすごくわかります。がんばってもがんばっても、自分の能力がここまでってわかっちゃってて、それでもあきらめられない。ひがんで、人に当たって後悔する。でもチャンスが巡ってきたらやっぱり嬉しい。そういう気持ちになる自分も嫌っていう。

    ほんと、いろんなタイプの高校生の姿が描かれていました。よかった!こういう青春映画もあるんですね。

    女子の面倒な人間関係も、あるある・・・(・・;)って感じでした・・・

  • 【メモ】
    ・一日をクラスのグループごとの視線から繰り返す方法によって「桐島の不在」が立体的に描かれる。
    ・その不在によって、「桐島」の影響力が強かった人ほど不安定になっていく。
    ・「自分のやりたいこと」を見つけた人は戦えるようになっていく。
    ・吹奏楽部の演奏とゾンビの戦いのシーンが重なり合うシーン鳥肌たった!
    ・吹奏楽部の子が演奏のあと微笑むところに救いがあった…片思いの呪いから逃れて自分の戦いに戻ってこられたのだ。
    ・「リア充」になれなかった人間は、学校という窮屈な場所で何かしら見つけて工夫しなければ生きて行けないのだ。逆にルックスは「かっこいい」けど自分のやりたいことがわからないって人の気持ちはわかってあげられないかもしれない。でもどっちにしろこんな世界で生きていくのって大変だね。
    ・学校ってこんなんだったなー、と懐かしくなった。二度と戻りたくないけど。

  • 評判高い映画だったので期待してみた。
    しかし、残念だった。

    「桐島」が出てこない。
    作りはおもしろい、しかし面白くなかった。

    きっとリアルな高校生の機微を捉えた映画なんだろうけど、映画を観終わったあとの心に共感するものがなかった。

    痛さは確かに感じた。
    しかし、痛さから得るものがなかった。
    高校生の時って、こうだったよねーはある。
    しかし、それだけだった。

    残念。

  • 狭い世界の中で、奇跡が起きるわけもなくその世界の中でひっそりと息をつめて過ごしていく高校生たち。原作より一層、学校の中の立ち位置、あからさまな線引きや力関係が見え隠れしていて、しんどそうで、モヤモヤした。

  •  大ヒット小説を大胆に映画化。

     原作は立ち位置みたいなものだったり閉塞感だったりという高校生社会の気持ち悪さを描いているものだと感じたが、確かにそれはジョージ・A・ロメロのゾンビのテーマと通じるところがある。自分の選択なんかなくただただ傷つけあって生きているような社会をメタファーとして描いたものがロメロのゾンビ映画だ。
     だから、前田君が先生に「半径1mを描け」とゾンビを否定されるのは心外なことなわけです。彼にとってそれこそがゾンビなのだから。ラスト間近でゾンビ的なものを同級生達に見た彼は反射的にカメラを回し、自分のゾンビ映画の中にそれを組み込んじゃおうとする。このカタルシスはハンパない。
     実はそういう生の衝動こそがゾンビの対極にあるものだと思う。

     ラストはずっと出てこなかった桐島が本当のゾンビになって現れて菊池君に噛み付き、タイトルが「桐島、人間やめたってよ」に変わるという終わり方でもよかったなぁ。
     そこまでやったら絶対怒られるだろうけど。。。

     「桐島、部活やめるってよ」はゾンビの出ないゾンビ映画だ! 
     この発想はなかった。これはすごい。

  • やっと観た!自分が学生時代、男子がこういうカーストっぽいことになってるとは考えたこともなかった。かっこいい子、気の合う子くらいしか目がいってなかったけど、よく考えたら、そうか、こういう世界あるんだ・・。

    反面、女子のスクールカーストの描き方が甘いなと思いました。

    もっと女子の関係って、好きなんだけど、憧れてるんだけど、怖いんだけど、やっぱり好きなんだけど、見下してるんだけど、好きなんだけど・・・みたいなぐちゃぐちゃなのが女子だと思う。

    しかし、この監督の他の映画も見てみたいなと思いました。

  • 高校生活でこんなヤツ、こんなシチュエーションあったよね。って
    いうのが満載。
    学生独自の葛藤や圧迫感の中で、登場人物達は必死なんだろうけど、
    それらの足掻きを現実ではありえない目線で追えるのは、
    戯曲ならではの醍醐味であり、ニヤニヤして見れた。

    全編通して「映画的表現でのリアルさ」があって、
    それぞれの場面が妙に生々しさを感じる。
    演出がうまいと言うんだろうと思う。

    ●自分のポジションはどの位置だったか?

    自分の学生時代を否が応でも思い起こされる作品なので、
    いろいろな想起のやり方があると思うが、
    その一つとして、
    「この映画の登場人物だったら、自分はどのポジションにいたか?」
    というものがあると思う。

    自分の場合は、良くも悪くも全く目立たなかったので、
    この映画でいうならばフレームの外にいる人間の一人だった。

    あえて、言うならば、吹奏楽部の後輩みたいなポジションは
    割りと近い気がした。

    ●外伝「桐島、同窓会来るって言ってた?」を作ってほしい

    この作品自体は面白いけど、おじさんが観てると、
    どうしても「蚊帳の外」感を感じてしまうので、
    おじさん向けて、同窓会もので外伝を作ってほしい。
    30代の同窓会って設定で。

    おそらく開始10分あたりで良いカンジに
    酔った桐島君が校歌を絶唱するっていう。

    あ、あんまり面白そうじゃないな。
    でも、そんなもんだと思うんだよな。
    青春の煌めきっていうものは間違いなくある。

  • 桐島という存在が、バタフライエフェクトのように
    周囲の人間の行動や関係性に変化を生んで行く。
    学校特有の狭い世界観で、彼がもたらす変化は絶大であった。

    でも学校の世界って、そんな狭い世界か?
    そう思わせる物語がもう一方で出てくる。

    そのコントラストが、より物語の余韻を深いものにしてくれた。

    自分も登場人物に話しかけられたようなタイトルも秀逸。
    「どうして桐島は部活やめるんだ」と彼の影をどこまでも追い掛けてしまう、もの凄い引力を持っていると思う。

  • 何度見ても沙奈はムカつく。自分が一番正しいからね。みんなもそうか

  • あー、はいはい、そういう手法ね。なんて、斜に構えながらも結局自分も桐島を造形する一端を担っている。
    面白い映画。

    なにより若い俳優さんが全員すごいパワー。
    とくに松岡茉優って上手だな。
    若手の俳優さんをこれ以上上手く使える映画はなかなかないんじゃないかな。

  • ホモオチかよコレは、と思ってしまってごめん。特別好きな感じではなかったなあ。
    曜日がシンプルに何度も出てくる構成は好き。

  • 正直じ言って何が面白いのかサッパリわかりませんでした。
    高校生の普通の日常を描いていたということはわかりますが、それ以上は何も感じず。
    自分の感性が衰えたのかとも感じていますが。

  • 最初は退屈だったけど、だんだんおもしろくなっていった。
    誰もがみんな経験したことがあるのではないかな、この感じ。
    学校カーストのそれぞれの生徒の立場を、丁寧に上手く表現していると思う。
    桐嶋君が最後まで出てこないのもいい。

    振り返ると、高校のときってどうしてこんなに気を遣って、好きでもない人と友達ぶったりしてたんだろうと思うけど、
    朝から晩まで毎日同じ空間、同じことをさせられ、同じことをする学校は、世界の全てで、逃げ出すことはできなかった。
    ある程度の個を尊重してくれる大学とも、会社とはぜんぜん違う特殊な世界で、だからこそあんな息苦しい人間関係になるわけで・・・

    でも悪いことばかりではなく、あの特殊な空間でしか生まれない感情・一体感・思い出もあり、甘酸っぱい思い出だな。

    あのころに比べると、世界はすごく広くて、守られていない分生きていくって大変だと思う

  • ネタとして知ってはいたけど、今更見た。
    最初はドキュメンタリー風で退屈かな?と思ったけど、だんだん心惹かれるものになっていった。
    ヒリヒリするような思春期のすれ違う感じや身勝手さや賢明さが、淡々とした物語と芝居の中で効果的に届く。
    いわゆるイケてる奴らとそうじゃない奴らの「対立にもなっていない日常」から、瞬間的とはいえ「向き合う非日常」へ。吹奏楽部の演奏が生徒たちがぶつかり合う絵を盛り上げていた。あと、妙に上手いゾンビの動きw
    神木君が上手いのはいまさらだけど、他の子たちも若いからこそ出来るいい演技だった。

    イケてる組はおそらく常に自分が主役で友達のような近しい人しか見えていない。
    自分たちが桐島を巡って大事件だと騒いでいるときに、別の生徒が部活やって頑張ってるとか全然見えていないのだ。
    常に脇に追いやられているイケてない組は逆に周囲にばかり気が行ってしまっているのかもしれない。イケてる組に属しながら気持ちが揺れている実果は些細なタイミングで虐められたりするタイプなのかも。かすみも優越感を覚えながら自分も残酷さを持ち合わせながらも、沙奈の言動に納得していなくて最後にああなるのだろう。それは自分への嫌悪の裏返しなのかもしれない。
    女子同士の複雑な陰湿さも、男子同士の微妙に馴れ合ったり張り合ったりする感じも、どちらもリアルに伝わってくる。
    菊池はおそらく実体のない桐島と同じく空洞感をもっている。他のイケてる生徒は自意識は強いんだけど、彼はそれも曖昧な感じがする。何でもできてしまうからこそ、何もできない感じ。木訥な東出君に似合ってた。
    自分の世界はきちんとある、そして限界を感じている前田とのささやかな交流は彼の何かを変えたのだろうか。

  • もうなんか、感想とか全然うまく書けない。(いや今までも書けたことなんてないけども。)かっこつけの空っぽの人達や、好きに正直過ぎる人達や、うまいことやっていけちゃう人達や、暑苦しい人達や。
    いろんな事に納得できない高校生の、いろんな気持ちが、いろんな所で見えて。本当に良かったなー。

    宏樹と沙奈のキスが、空っぽ過ぎて、イラッとした。
    あんなに気分の悪いキスシーン初めて。
    でもそこもすごく良かったなー。

  • 屋上のシーン、ゾンビのまま終わってくれたら…。神木くん素晴らしい。

  • 面白い。あの、ぎりぎりで生きている感じ。嫌われまいと、気を遣い生きている感じ。やっぱり高校生ならでは世界だと思うし、あの中で渦巻いている感情を丁寧に描いた作品だったと思う。
    たけど丁寧に描こうとする反面、くどいと感じるシーンがすこし見受けられた。

    橋本愛も神木隆之介も期待にたがわぬ演技力。さすが。橋本愛の演じるかすみの、すこーし狡い感じがすごく良かった。

  • 「桐島」も登場しなければ、周囲の登場人物の人物像や考えもさほど描写されない。それでも、それぞれ抱えている、高校生の悩みがリアルに伝わってきました。人物設定が現実的で、こういう人いた~、と共感できたからかなあ。高校時代は、見た目や運動神経で「上」か「下」か決まりがち。神木くんの役のように自分の軸を持っている人がどれほどいるんだろう。

  • 某演劇に似ているとうわさをきき、拝見。
    その演劇との接点は、渦中の人がでてこないというところ。
    あとは、さまざまな人の視点をぽんぽんいれて、ストーリーを進めるところは、『告白』に似てるかも。

  • 橋本あい 桐島はバレー部で県選抜チームに抜擢されたと朝礼で発表された 「君よ、僕の涙を拭け」神木隆之介 ロメロ 半径1m以内 一次通過 野球部キャプテンに試合来いと釘を刺される 外人か⁉︎ おまた〜(笑) 夢ね中で満島ひかりと会った いつか映画にする スクリーム3最後まで観ちゃった。やっぱ2の方が面白いな リベロ 桐島いたらありえねーだろ⁉︎ じゃあ曙 屁しか出なかった このタイミング⁉︎ ボールぱくってくる イオンの映画館で塚本晋也の鉄男を観る橋本あいと遭遇 8ミリは味がある 本当だ汚い ドキュメントタッチだ 謝れ 隕石 格好いいね いいよ俺はと涙 ドラフトが終わるまではな 東出昌大の涙 高知県土佐市 ゾンビの反乱 訳わかんない奴らに絡まれる 吹奏楽部の部長はサックスを屋上で吹く ミサンガ それはお前の主観だろ パーマ失敗 バスケ部入れよ

  • 桐島を中心とした日常が変化したとき。これまでと人間関係が変わり、憤り、怒り、悲しみ、感情が揺れる。印象的だったのは、直接関わりのなかった監督が感情の起伏を一歩離れた視点から描いている点である。各々が望んでやっていることは、他の人には関係あったりなかったりするものなのだ。

  • ちょっと退屈だった。
    けど他のレビューみてじわじわきた。
    自分は高校の時、夢もなくただ文句言ってる奴だった。なんだろうね、学校のイケてるグループて。
    神木くん好き。

  • 神木くん、演技上手いなあ
    ラストの神木くんと東出さんのシーンが好き。印象的でした。
    学校内でのカーストが秀逸

  • この映画、賛否両論あるらしいですね!自分は、最高に面白く感じました。本当に描写がリアル。リアルというのは、本当にこう人物が存在するよね、という感じ。10代の学生のときにはわかりにくいが、学生生活から卒業して数年後、忘れかけていた学生のときの空気感というか、雰囲気が疑似体験できる映画。内容も「桐島」という人物が部活を辞めることで学級内の各々に影響が現れてくる。この影響の伝播に、最後まで映画に引き込まれていく。おすすめ!

  • CATVでやってたのを録画して鑑賞。
    そういえばライムスター宇多丸さんが絶賛してたっけ。

    前知識なしで、なんとなく時間つぶしに家事をしながら見よう…と思ってたら、家事放り出して最後まで見てた。ちなみに私は冴えない系帰宅部でした。輝ける運動部にも文化部にも、イケてる帰宅部にも縁がなかった。

    素敵な若手俳優がいっぱいだなあ。

    最後の屋上でのシーン(ゾンビシーン)はいいなあ、と思うの。あの時にバックで流れる吹奏楽部のローエングリン以外、BGMがなかった気がする。

    「鉄男」を観終わった後のベンチのシーン、橋本愛が席を少し開けてくれたのに、気づかないのか度胸がないのか、立ちっぱなしの神木隆之介君のかわいらしさよ。

    東出昌大が最後のシーンで涙ぐんだのは、野球部キャプテンとのやりとりと、神木隆之介とのやりとりを通じて、「部活に打ち込んで輝いている人間と、霧島に振り回されているだけの自分」との落差に気づいたのかな、と思ってみたり。

全117件中 1 - 25件を表示

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]に関連する談話室の質問

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする