Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 1/24号 [雑誌]

  • 37人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (4)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 文藝春秋 (2013年1月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910268540131

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 1/24号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • 90年代前半に愛読したNumberですが、あのすべてに物語を無理矢理作りたがる「Number史観」にすこしうんざりしていて、しばらく離れています。でも、これは読んじゃいました。結局ぼくはカズが大好きなんですね。松井よりもトップに持ってきたのもナイス判断でした。

  • カズが表紙の820号。タイトルとカズダンスのミスマッチさが笑える。けど、カズだから、なんだかかっこいいわ。

    浅尾美和の記事が興味深い。良くも悪くも、メディアの寵児だった選手。記事読んで気づいたけど、まだ26歳。これからでしょう。疲れちゃったんでしょうね、人気と実力のギャップで。コンビ解消後の西堀選手の活躍もあるし。メディアに対抗できるだけの力が、ビーチバレー界になかったゆえでそうか。人気の極先行っていう。
    ビーチバレーだけでなくて、全てのスポーツにおけることだけどね。
    話題性の暴走みたいなのは。格闘技とか。

    難しいよね。そのジャンルの間口を広げるためには、話題性って大事だし。わかりやすいコンテンツが、そのためには必要。浅尾美和選手みたく、外見っていうわかりやすい要素は、もってこいだし。

    こういうことを何度も繰り返して、ジャンルとして確立されていくしかないのかなぁ。
    それって、メディアに使われる形の選手としては、しんどいこと極まりないねぇ。

    とまぁ、そんなこといいながらも、新春特別企画の「美女アスリートファイル2013」は楽しみました。
    いつぞやの「オグシオ」が表紙のように、それメインのNumberも読みたいです。
    女子アスリートの目力ギンギンと、試合後の笑顔が大好きなんで。

  • カズや松井たちスポーツ選手の選択や決断をテーマにしたインタビューがたくさん載っている。澤と武豊のインタビューがとくに印象深かった。

  • 成功者たちはみな、リスクを取り攻めの選択をしている。

全4件中 1 - 4件を表示

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 1/24号 [雑誌]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 1/24号 [雑誌]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 1/24号 [雑誌]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 1/24号 [雑誌]を本棚に「積読」で登録しているひと

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 1/24号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする