証拠死体 検屍官ケイ・スカーペッタ (講談社文庫) [Kindle]

  • 12人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 相原真理子 
  • 講談社 (1992年7月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (512ページ)

証拠死体 検屍官ケイ・スカーペッタ (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 検屍官ケイ・スカーペッタシリーズの第二弾。このシリーズは五作目ぐらいから読み始めていて、面白かったので初期の作品にも手を出してみようと思い、読んでみました。

    後の作品を先に読んでしまっているので、どうしてもそちらとの比較になってしまうのですが、主人公ケイの検屍官としての仕事っぷり(=死体の解剖と、その結果判明する被害者の身体的特徴や死因、遺留品)については、この作品ではそれほど詳しく描写されてません。そのあたりの筆力は、作品を重ねるごとに洗練され、凄みを増していったんだということが分かります。

    一方で、この作品のケイは非常によく動き回ります。検屍官って探偵か刑事なのか?と誤解するぐらい、犯行現場にも駆けつけるし、被害者の家族や知り合いに話も聞くし、あるキーアイテムを探すために飛行機で移動すらします。知的であり、感情的であり、行動的であり、ナイーブでもあるケイのキャラクターは、第二作にして既に遺憾なく発揮されています。

    ミステリーのジャンルに入る作品なので、詳しいストーリーについては触れませんが、ケイ・スカーペッタシリーズとしては「控えめだけどなかなか面白い」作品なのではないかと思います。

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

証拠死体 検屍官ケイ・スカーペッタ (講談社文庫)はこんな電子書籍です

証拠死体 検屍官ケイ・スカーペッタ (講談社文庫)の文庫

ツイートする