PRESIDENT (プレジデント) 2013年 2/4号 [雑誌]

  • 89人登録
  • 3.29評価
    • (4)
    • (7)
    • (15)
    • (4)
    • (1)
  • 15レビュー
  • プレジデント社 (2013年1月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910276510232

PRESIDENT (プレジデント) 2013年 2/4号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • 年収に比例して、時間の使い方がうまい。

  • President2013.02.04

    自分のグズ・ノロマが変わる
     ・今すべきことは何か。成し遂げたい目標が明確なら、余分なことを遮断できる
     ・不安要素は紙に書き出すことで、前頭葉のパフォーマンスを落とさないですむ。
     ・やる気を出す方法→背筋を伸ばす・目線を上げる・口角を上げる
     ・体を動かすことで脳の老廃物を除去できる
     ・VW。「Vision(長期的目標)」「Work Hard(ハードワーク)」山中教授の信条。
     ・午前中、15時以降は頭を使う仕事
     ・5分でできるタスクリストを作る(隙間時間の活用)

    睡眠の作用
     ・脳細胞の修復
     ・脳の活動に必要な脳内物質の再合成
     ・記憶の固定化

    人をてきぱき動かす
     ・部下への指示は3つ「これ・それ・あれ」。1つは飽きる。4つ以上は多すぎる
     ・ほめるときは、努力をほめる。
    ​→結果をほめると、結果が落ちたときが不安になり萎縮する為。

    24時間の使い方
     ・会う以上は必ず目的を掲げる「何のために会うのか?」
     ・部下には自分の考え方を浸透させる
     ・自分の時間を部下のために使う。

     働けるのは516ヶ月しかない。
     自分にとっての目標、目標達成のための課題、本質を考える。
     仕事にかかる時間は、想定の1.4倍。
     毎週・毎月目標に対しての進捗をはかる(定量観測)

    ユダヤの教え
     毎日、今日が最初の日と思え。毎日、今日が最後の日と思え。

  • 人生は1,000か月⇔72万時間

    週末7時間をかけて現状を分析し、翌週の会議準備、資料の仕上げ、部下へのアドバイス作成に充てる

    部下との対話を増やすことで双方の意図の摺合せが出来、結果的に時間短縮につながる

    週報の提出⇒その週に実施した仕事内容や課題、計画を書き出したレポートを提出させる

    読んでみて気になった言葉や内容。少しでも仕事に生かせるといいのだが。

  • 特に学んだ事はない。

  • 仕事とは人格の延長。
    かけているものは何かを考えなければならない。
    知識労働者に道具は1つしかない。情報である。
    重要なことはすでに起こった未来を確認すること。

  • ■個々の仕事には結びつかない全体的な習慣
     寝る前に翌日やることを書き出しておく
     話すときは3つまで時に視覚時に聴覚などにも訴える
     普段からのGive and Give

    ■個々の仕事の進め方
     MTGの密度を高めるための徹底した準備
     ROIを意識する

    概念的には参考になる部分が多かったが、具体的に自分の仕事に当てはめるにはさらに考えを深める必要がある。
    特に、個々の仕事の進め方。
    密度を高めるためにどのような準備をすればよいのか?
    ROIのReturnとは具体的に何なのか?自分が使ったのこの時間のROIは高いのか?
    実際にやろうとするとたぶん迷うと思う。
    どちらのポイントもその時間や作業にたいする期待(イメージ)を持つことが大切なのではないか・・・。

  • 「24時間」革命。といっても、脳科学で立証できるくらいなら、頑張ってやってしまってくださいという話し。できない人は消えてしまうだろうし。具体的には、計画、集中、実行、反省、メリハリの5つがポイントで、それぞれに達人がでてきて解説する手法をとっている。具体的には、未来に向けて投資する時間を作っているかどうか、人生の目標をたてているかどうか、が年収を2000万と500万で分けているらしい。当たり前だけど、目標設定無く、だらっとやっていても近づくことすらできないので、それが大きな差となって30代以降に出てきてしまう。ホウレンソウではなく、レンホウソウの順番にという仕事のやり方はなるほどと思った。

  • <メモった内容>常にROIを意識すること。リターンを生まないタスクには時間をさかない。VW(Vision、WorkingHard)が大事。ただ勤勉なだけではNG。常に大きな目標を見据えて努力を続けること。年間計画を立てる。/時間をいかに効率よく使うかと言う支店。長文メールを書く人に仕事ができる人はいないとか。。勉強しないことは練習しないスポーツ選手と同じらしい。確かにそうだ。

  • 私が好きな橘玲さんと本田健さんが寄稿されておられたので購入しました。

    お二人の記事は必読だと感じました。

    一冊分の価値があったと思っています。

    そのほか、「なぜこの中小企業が元気なのか」という特集は読み応えがあり、お徳感がありました。

    『もとはこちら』という本にも出会えたので満足です。

  • 大前さんの『日本経済好転せず、アベノミクスは古すぎる』という記事が読みたくて購入。

    やっぱり痛みを伴わない改革は存在しないよね、と再認識。
    高齢者負担を維持するのは選挙対策以外の何物でもないでしょ。。。

    この記事が目的だったけど、24時間の使い方を見直すこともできたし、全体的に良い内容でした。

  • 脳科学の記事が面白く、もっと勉強して、実践してみたいと思いました。

  • お金より何より時間が大事であると肝に命じ、時間を有効に使うために無駄な時間をなくし、リターンの大きなものに時間を使うようにする。不透明なこの時代には、お金、経済、人脈に投資し、仕事ではナンバーワンかプロフェッショナルを目指すべし。

  • 時間の使い方についてしっかりと考えていきたい。

全15件中 1 - 15件を表示

PRESIDENT (プレジデント) 2013年 2/4号 [雑誌]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

PRESIDENT (プレジデント) 2013年 2/4号 [雑誌]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする