ロックアウト [DVD]

  • 176人登録
  • 2.77評価
    • (3)
    • (12)
    • (38)
    • (23)
    • (7)
  • 32レビュー
監督 : ジェイムズ・マザー&スティーブン・レジャー 
出演 : ガイ・ピアース  マギー・グレイス  ヴィンセント・リーガン  ジョセフ・ギリガン 
  • 松竹 (2013年4月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105066472

ロックアウト [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 面白かった。ジョークは大事。

  • スピード感が無い
    つまらない暇潰しにもならない時間の無駄
    女は黒髪ショートにすると、アンジェリーナジョリーかシャロンストーンを真似てる様にしか見えなくなる

  • おもしろかった

  • 「午後のロードショー」にて。囚人300人が占拠する宇宙監獄から脱出するという設定は、ワクワクするというよりは、風呂敷を広げすぎていることがはじめから見え見え。

    というわけでバカ映画です。でも、最初から期待しないでみれば面白いですよ。パワードスーツみたいなのを着て宇宙空間から地球に落ちていくシーンには爆笑。ガイ・ピアース演じる毒舌なタフガイもキャラもたっててグッド。

  • 薄っぺらいのは覚悟してたから、案外楽しめた。
    もうちょっとハラハラするような展開を期待してたけど。

  •  近未来、凶悪犯罪者を宇宙でコールドスリープさせていた刑務所で反乱が起きて大統領の娘が人質に。自身の無実の証言者の為に元CIAの男が単身刑務所に乗り込む。

     宇宙空間やコールドスリープがうまく仕掛けとして機能している。主人公やヒロイン、敵役のキャラクターも立っていて、手堅い娯楽作品として仕上がっている。
     大統領の娘を救っても釈放してくれないのかよと思ったら、なるほどまだ先があるのね。ストーリー展開も見事。

  • 子供なら観ても楽しめるかも。

  • スノー(ガイ・ピアース)は捜査官殺しの容疑をかけられ宇宙刑務所に収監されることになる
    宇宙刑務所ではアメリカ大統領娘エミリー(マギー・グレイス)が囚人の人権保護調査に行った途端に馬鹿SPのせいで囚人が覚醒し、人質になっていた
    そんなことで、スノーはエミリーを助けに行くことになる
    スノーは自身の容疑を晴らすことが出来るのか!?
    スノーはエミリーを助けることが出来るのか!?

    宇宙なんだから脱出する奴もいないし、冬眠させてるから脱出できるわけがないんだけど宇宙刑務所のそばには宇宙分署があったりして、メリケンて裕福なんだね
    タフガイ捜査官スノーが馬鹿っぽくてかっこよかったりする2079年
    それにしてもエミリーのSPは見どころ
    裏の番長というか、黒幕、フィクサー
    「マジかよ」ってつぶやく事、必至

    Lockout (08/12/'14)

  • CIAの冤罪はピンとこないまま。
    主人公のキャラが無理してるように見えた。
    敵ボス?に魅力なし。
    ヒロインのショートカットがとってもよくてプラス1。

  • 面白くなかったということ以外は忘れてしまいました!(土下座)

  • 宇宙刑務所から大統領の娘を奪還せよ!
    軽口叩きまくりで大統領の娘でも
    扱いが雑なガイ・ピアースがおちゃめ。
    トイレの水で毛染めされてからのご令嬢たくましい。

    わおB級。なテイスト
    つっこみどころありすぎてきりがないから
    もう気にしないで観る方がいい。
    なんとゆーか雑(^ω^)

    真犯人がだれだとかそーゆー話も
    結構どうでもよかった。バカアクションに徹してほしかった。

    ご令嬢とキスしないのはよし。

  • んー。
    わーっだだだだーっ
    って感じ。

  • アクションというより、主人公の会話を楽しむ感じでした。こういう台詞回しは好きです。
    それ以外は凡作。

  • こいつら、めんどくさい。

  • 映像は楽しめるが深く考えちゃダメな映画。ストーリィに無理があり過ぎるせいか引き込まれない。悪役側の囚人兄はキレもので、盛り上がりを予感させるが、囚人弟のぶっ飛びキャラの理不尽な行動は度を超していて、本作の説得力も何もかもぶち壊す。

  • リュック・ベッソンの名が製作にあったので視聴。近未来の元CIAエージェントが冤罪で監視下に置かれている最中に大統領の娘が人質に取られたことをきっかっけに救出作戦を命じられるというストーリー。観ていて大統領の娘の救出というのがわかった時点で、ん?スネーク?タバコをやたら吸うのでこれはオマージュだろうと感じました。もちろんジョン・カーペンターの「ニューヨーク1997」のカート・ラッセルが演じたキャラクター、スネーク・プリスキンです。容姿はまったく違いますけどね。制作費はかけられているようなのでアクションSFとしては楽しめるものでした。ただ印象に残るシーンが少なかったのとタイトルがまぎらわしいので忘れてまた借りる可能性ありの作品です。何も考えず楽しめるSFアクションです。

  • アクションのデパート。

  • 何も考えずに観れば充分楽しめる作品。リュック•ベンソンの名前がクレジットにある時点で予想は出来る。緩急激しく、心臓の驚きを計算されて作られたアクション映画。友達とダラダラ観るのにちょうど良い。

  • 主人公の言動にイライラすることが多かったが、最後の方はかっこ良かったからまぁいいか。
    囚人兄弟の弟が本当に気持ち悪くてムカムカした。
    CGは正直期待外れだったが、総合的にはまぁまぁ楽しめたので☆4。

  • 主人公が大好きすぎるので細かいところは気にしないことにした!面白い!!

  • まあまあかなという感じ。面白いけど感動は薄い。

  • 思わぬ拾い物!さすがリュックベッソン!ガイピアーズのおふざけぶりもいい感じでとっても上手くまとめている。展開にもしっかり新しさをちりばめてて最後まで飽きさせないのは脱帽です。いいですこの映画。注)吹き替えで見て下さい。

  • 未来空間だったり、脱獄ものが好きなので、期待してたんだけど残念だった。ストーリーとか面白いはずなんだけど、全然面白くなかった。500人の囚人からどうやってあの囚人が集まったのかもわからんし、囚人兄弟の兄がどうしてあんなに頭がキレるのかも謎だし、ラストも予想はついたけど、鏡とかちゃんと現場見ればわかるやん、そんなんで濡れ衣きせられるなんてアホらし。そもそもヒロイン役のマギー・グレイスが全然かわいくない。大根演技っぷりに終始イライラして観てました。最近のガイ・ピアース、当たりが少なくて悲しい。

全32件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ロックアウト [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする