とせい (中公文庫) [Kindle]

  • 22人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 今野敏
  • 中央公論新社 (2010年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (331ページ)

とせい (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 隠蔽捜査シリーズ以外で、コレ!という今野敏著作に出会えて無かったのだけど、きた。
    これは追い続けることになりそう。

  • 今野敏のヤクザ系エンタテインメント。
    タイトルの「とせい」とは、おそらく「渡世」の事であり、ヤクザの
    生きる日常を指す。

    最近では珍しいくらい義理と人情を大切にするヤクザが、ひょんな事
    から出版社を経営することになってしまう、という、かなりぶっ飛ん
    だ設定。しかしこの作品、非常に面白かった。

    主要登場人物はヤクザと言うよりも、任侠の人。
    カタギには一切の迷惑を掛けることを良しとせず、意地や面子はしっ
    かりと通す。ストーリーの流れはかなり都合が良い感じがしないでも
    無い(^^;)のだけど、彼らの奮闘する様に感情移入しまくってしまう。

    薦めてくれた人はこれを読んで「ヤクザになりたくなった」と言った
    のだが、僕も全く同じ事を感じた。あくまで、こういうヤクザだった
    ら、だけど。

    こういうジャンルの作品でありながら、読後の清涼感はかなりのもの。
    シリーズでもう何作かあるので、これから順次読んでいくつもり。
    かなり良いです、コレ。

  • 文句なしに面白い。やくさのドタバタものといえば、唐獅子シリーズを思い出すけれど、唐獅子株式会社を彷彿とさせる。二作目の任侠学園を先に読んだが、やはりシリーズ一作目ということで力が入っているのだろうか。単なるドタバタというより、ホロリとくるような義理人情の世界も描かれていて、詠み応えがある。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

とせい (中公文庫)はこんな電子書籍です

とせい (中公文庫)の文庫

とせい (中公文庫)の単行本

ツイートする