sakanaction (通常盤)

  • 243人登録
  • 4.07評価
    • (21)
    • (32)
    • (13)
    • (0)
    • (1)
  • 20レビュー
アーティスト : サカナクション 
  • ビクターエンタテインメント (2013年3月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988002642694

sakanaction (通常盤)の感想・レビュー・書評

  • 気がついたらリピートして聴いてる。
    抜けが気持ちいい。

  • サカナクションの曲は、何故か、夜明け前に聴こえてくる気がして成らない。何故か寝付けなくて、もうじき夜が明けてしまうなぁ、このまま起きていて、朝日が昇るところを見ようかな、なんて思っていたら急激に眠気が襲ってくる、そんな時に流れてくるような…特に「ミュージック」は夜明け前に聴きたくなる。実際に、そんな時間まで起きていて、音楽を聴こう、なんて余裕はないんだけど、あの時間帯の空気感が思い出されて仕方なくなる。

  • 予約済み:港区図書館

  • サカナクションが、自らの名前を冠するアルバムを作る。
    それだけ、渾身の作なのだろう。

    「Aoi」が特にいい。

  • サカナクション、いいですね!ライブにも行ってみたい!

  • 前作ほど響いてこなかった。

  • いままでのサカナクションの中で一番すべての曲が好きでエンドレス。

  • 01 intro
    02 INORI
    03 ミュージック
    04 夜の踊り子
    05 なんてったって春
    06 アルデバラン
    07 M
    08 Aoi
    09 ボイル
    10 映画
    11 僕と花
    12 mellow
    13 ストラクチャー
    14 朝の歌

    Thanks to I.Y.

  • 図書館より拝借。すんごく待った。予約いっぱい入ってる。

  • サカナクションをずっと追いかけてみたけれど、最近のアルバムの方が好きだ。

  • mellowが好きです。

  •  6作目にしてセルフタイトル。自信のほどが伺える。そして、期待どおりに素晴らしい内容。
     Jポップばかり聴いていたような層にもリーチしてファンが増えた結果、エレクトロニック/ダンス的な表現の配分が難しくなってきているらしいことは、ライブのレビューなどを見る度に心配な点だった。だけど、彼らは最適な配分と発想の工夫でそこをクリアしてきた。アルバムのコンセプトだという「表と裏」には、表=ポップス:裏=エレクトロニック/ダンスという、彼らの2つの要素を意味してもいるんだろう。
     introの後の INORI では、曲頭からダンスフロア的な音を大きく鳴らしつつ、メロディアスなコーラスでポップス感を盛り込み、さらに両者を往還すること自体でクラブトラック的な空気を生み出してもいる。この曲を1曲目にもってきたところからして、アルバムコンセプトの「表と裏」を体現しているじゃないか。
     アルバム序盤は耳あたりのいいメロディ推しの曲を並べながら、中盤になるにつれ、だんだんとサウンド自体へのこだわりを聴かせるようなトラックへ深まっていく(序盤の曲もサウンドに手を抜いてはいない)。Tr.5 「なんてったって春」なんて、近年まれにみる “ポップスとダンスフロアの幸せな融合” だ。思わず口ずさみたくなるフックの効いたサビと、腰を揺らせるヘヴィなシンセベース!さらに白眉なのが、Tr.10「映画」。これが彼らのサウンドへのこだわりの真骨頂だろう。この曲をJポップのリスナーに届けられるのが、今の彼らの特異な価値、バリューだと私は考えている。サカナクションを聴いたためにその後の音楽鑑賞ライフが変わったという中高校生が、たくさんいればいいなと思う。
     だいたい叫びたいことは叫ばせてもらったんだが、最後に蛇足で付け加えるなら、準ラストの Tr.13「ストラクチャー」に彼らの次の可能性を聴いた気がした。ライブのアンコールでのこの曲の荘厳かつ躁的な雰囲気は、他に類似の曲がない。この方向を深化させて生音なんかも加えていったら、面白い展開があるんじゃないだろうか??

  • ミュージック
    夜の踊り子
    僕と花

  • intro / INORI / ミュージック / 夜の踊り子 / なんてったって春 / アルデバラン / M / Aoi / ボイル / 映画 / 僕と花 / mellow / ストラクチャー / 朝の歌

  • まだ全部は聴き終わってないけど。
    『ミュージック』は相当なヒットだ。
    エンドレスリピートだ。
    ああいう曲調だのに。
    何故か泣きそうになってしまう。
    山口一郎さんは凄いね。
    ありゃ相当な持ち主だわ。
    『夜の踊り子』もだけど、PVもいけてる。
    大好きだ、『ミュージック』。

  • 夜の踊り子だっけ、ド忘れしたけどそれについては☆4。

  •  3枚のシングルを聴いて、アルバムが出ることをとても楽しみにしていた。どの楽曲も素晴らしかったから。
     ぜひイヤホンで聴いてほしい(もしも、立派なスピーカーがあるなら別だけど 汗)。臨場感が違う。前作『DocumentaLy』は迷いに近いものを感じたが、今作はそれがあまり感じられない、と勝手にいちリスナーは思ったり。
     山口一郎さんの向上心と周りを巻き込む求心力には、いつも恐れ入る。3月19日のボーカル山口さんのツイート、「これでもっと音楽で遊べそうな気がしております。」。かっこよすぎるでしょ!笑

全20件中 1 - 20件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

sakanaction (通常盤)を本棚に登録しているひと

sakanaction (通常盤)を本棚に「聴きたい」で登録しているひと

sakanaction (通常盤)を本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

sakanaction (通常盤)を本棚に「いつか聴く」で登録しているひと

sakanaction (通常盤)のMP3 ダウンロード

ツイートする