エビデンス 第6地区 [DVD]

  • 18人登録
  • 2.92評価
    • (2)
    • (0)
    • (6)
    • (5)
    • (0)
  • 3レビュー
監督 : ハウィー・アスキンス 
出演 : ブレット・ローゼンバーグ  アビゲイル•リッチー  アシュリー・ブラッケン  ライアン・マッコイ  キース・エドワーズ 
  • アメイジングD.C. (2013年4月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4580189029727

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

エビデンス 第6地区 [DVD]の感想・レビュー・書評

  •  映画学校の生徒が4人でキャンプに行き、その様子をドキュメンタリ映画に撮ろうとする。しかし、謎の生物を目撃したところから思いもよらぬ展開に。。。

     序盤はドキュメンタリを撮ることがいかに人を傷つけるかを描いていて、この人はドキュメンタリを分かってるなぁと関心する。
     そういう繊細な描写の映画なのかと思わせておいて、後半は全く違う映画になる。後半はどんどん主人公達が逃げていくのだが、そこで展開が一気に加速していく。化物から逃げてたはずがどんどんとんでもない方向へ話がスケールアップしていく。それをただ逃げるだけで表現しているのがすごい。

     これは確かにPOVモキュメンタリーホラーの新境地だ。

  • これは思わぬ掘り出し物でした。パッケージなどのビジュアルでは、単なるPOVもので、しかも出てくるモンスターがゴリラの着ぐるみみたいなやつで「ああ、きっとこれはつまらないだろうなぁ」と思って見始めるんですが、途中からカメラマン役の男(実は彼が脚本も書いているらしい)がクレイジーな自己中心的な人間だと思って、「こいつ死ねばいいのに」と思うようになっていくあたりから「あれ? これって演出うまくない?」と気がつく。そして、後半になってからが予想を上回る怒濤の展開で、観客もまるでジェットコースターに乗っているような感覚にとらわれます。そして最後のあたりになると「これは低予算のPOVものに見せかけた、実は緻密に計算された力作だったんだ」とアゴが外れるわけです。ひょっとしたらエンドロールがいちばん手間もお金もかかっているんじゃないかと思うのですが、尻上がりに話の規模がでかくなっていくというのは、ちょっと例がないと思いますね。とにかく騙されたと思って観てみてください。怖いですし、びっくりですよ。
    追記:IMDbによれば予算は1万ドルだったそうです。これはちょっと信じられない。本当なんだろうか。だとしたら、さらにすごいわ。

全3件中 1 - 3件を表示

エビデンス 第6地区 [DVD]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

エビデンス 第6地区 [DVD]はこんな映画です

ツイートする