ナ・バ・テア None But Air スカイ・クロラ (C★NOVELS BIBLIOTHEQUE) [Kindle]

  • 18人登録
  • 4.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 森博嗣
  • 中央公論新社 (2010年10月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (338ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ナ・バ・テア None But Air スカイ・クロラ (C★NOVELS BIBLIOTHEQUE)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3回目の読了です。

    スカイ・クロラシリーズの2作目。
    でも、時系列では一番最初です。
    前作、「スカイ・クロラ」より…10年くらい前?

    スカイ・クロラでカンナミの上司だったクサナギが主人公です。
    クサナギスイト(草薙水素)。女性なんだけど、彼女の一人称は「僕」。
    彼女もカンナミと同じく、戦闘機のパイロット。
    女性のパイロットはあまり登場しないので、珍しいんでしょうね。

    永遠の時を生きるキルドレである彼女は、これまで自分と空しか見えないような生き方をしてきました。Not But Airですね。
    でも、そこに変化が。
    自分以外のヒトに執着してしまうような、そんな感情が生まれました。
    そしてその結果は、クサナギの身体も人生も変えてしまいました。

    クサナギのこんな言葉が出てきます。


    どうして、普通のものを決めるのだろう。普通を決めるから、普通じゃないものができてしまう。理不尽な話ではないか。何をもって普通なのか。意味はないのに。そういう確固とした理由もないところで境界を無理に作ろうとする姿勢が、普通という馬鹿なやつの正体だ。

    ホント、「普通」ってなんでしょうね。
    普通であることに安心したがること自体、クサナギたちからしてみれば「汚れたオトナ」ってことになるのでしょうか。

    ただ飛ぶことが好きで、戦う相手を尊敬していて、自分たちの命を懸けた空での戦いを汚されることが大嫌いなクサナギ。
    でも、クサナギが所属するカイシャは彼女を広告塔にしたがっているようです。
    「スカイ・クロラ」では、出世してしまって、ほとんど飛ぶこともない様子でした。

    かたくななまでに自分の世界を守ろうとするクサナギが、これからどんな風に変わって行くのでしょう。楽しみです(数年ぶりに読み返したので、細かなところは忘れちゃってます)。

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ナ・バ・テア None But Air スカイ・クロラ (C★NOVELS BIBLIOTHEQUE)を本棚に登録しているひと

ナ・バ・テア None But Air スカイ・クロラ (C★NOVELS BIBLIOTHEQUE)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ナ・バ・テア None But Air スカイ・クロラ (C★NOVELS BIBLIOTHEQUE)はこんな電子書籍です

ナ・バ・テア None But Air スカイ・クロラ (C★NOVELS BIBLIOTHEQUE)の文庫

ナ・バ・テア None But Air スカイ・クロラ (C★NOVELS BIBLIOTHEQUE)の新書

ナ・バ・テア None But Air スカイ・クロラ (C★NOVELS BIBLIOTHEQUE)の単行本

ツイートする