徳川家康(1) 出生乱離の巻 (山岡荘八歴史文庫) [Kindle]

  • 17人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 山岡荘八
  • 講談社 (1987年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (502ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

徳川家康(1) 出生乱離の巻 (山岡荘八歴史文庫)の感想・レビュー・書評

  • 半分近くが家康が生まれる前の話。病弱で凡才だった父親と隣国から政略結婚で来た母親が主役だが、女性ではあるが才知に長けた母の遺伝子を家康が受け継いだという事らしい。吉法師時代の幼少の信長が早くも登場している。

  • 中学生の頃 に読んで挫折したこの大作を、再び読み始めることにした。
    戦国時代の人々がどのようにな生き様をしていたのか、今の自分と照らし合わせて読んでいきたい。
    おそらく史実とは大きく違うストーリーなのだろうが。

    本巻はあくまで序盤。
    主人公は赤ん坊でしかない。
    これからに期待である。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

徳川家康(1) 出生乱離の巻 (山岡荘八歴史文庫)を本棚に登録しているひと

徳川家康(1) 出生乱離の巻 (山岡荘八歴史文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

徳川家康(1) 出生乱離の巻 (山岡荘八歴史文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

徳川家康(1) 出生乱離の巻 (山岡荘八歴史文庫)はこんな電子書籍です

徳川家康(1) 出生乱離の巻 (山岡荘八歴史文庫)の文庫

ツイートする