一刀流無想剣 斬 [Kindle]

  • 10人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 月村了衛
  • 講談社 (2012年10月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (258ページ)

一刀流無想剣 斬の感想・レビュー・書評

  • 最近、二足歩行兵器が登場する警察小説というオタクが好みそうなネタで、立て続けに賞を受賞し、乗っている感のある作者の、オタクごのみではない、純粋なチャンバラもの。たしかデビュー作がファンタジー忍者ものだったので、チャンバラ物は初ではない。また、確かに最近の作品は、別に二足歩行兵器など出す必要が無いんじゃないのって感じであり、設定に入れた以上、無理に兵器を登場させた話になっているが、別に登場しなくてもよい話になっているので、そろそろオタクものから脱却していただいた方がよい。ただし、チャンバラ物としては残念ながら中途半端な感は否めない。過去の贖罪から助けを求めるものを助ける主人公で、卓越した剣士として死地に赴きながらも助けるという話でありながら、基本は助けられているので、本来は何度も死んでいる。贖罪であるという意味での無鉄砲さはある程度は理解できるが、何の伏線も無く助けが肝心な時に登場するのは、やはり無理があるだろう。

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

一刀流無想剣 斬の単行本(ソフトカバー)

ツイートする