宇宙軍士官学校―前哨―1 (ハヤカワ文庫JA) [Kindle]

  • 17人登録
  • 3.83評価
    • (2)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 鷹見一幸
制作 : 太田垣 康男 
  • 早川書房 (2012年7月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (288ページ)

宇宙軍士官学校―前哨―1 (ハヤカワ文庫JA)の感想・レビュー・書評

  • さあ、この本をどれくらいの方が知っているでしょうか? 鷹見一幸さんの『宇宙軍士官学校 -前哨-』というシリーズなんですが、ぼく、これをつい最近見つけて、一日2冊ずつ読んでいます。もうこれ、やばいんです。ぼくの世代的にどんぴしゃなんですよね。鷹見さんは1958年生まれで、小学生のころに、ウルトラマンとか、ガメラシリーズ、東宝のゴジラシリーズというのを同世代で見ているんですよ。そういう人が書いた宇宙戦争物って面白いじゃないですか。当然ぼくもアメリカのスペースオペラの古典、レンズマン・シリーズとか『宇宙の戦士』とか読んでいるので、「ああ分かる、分かる」という感じですね。

    (石田衣良公式メルマガ「ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』」6号より一部抜粋)

  • 彼方からやってきた宇宙文明によって地球が統一政府になってから15年.
    治安維持部隊の新人少尉が突然
    宇宙軍の特別士官学校へ入ることに.

    というわけでエスエフです.
    ちょう面白かったよ.
    この先の展開が気になりすぎる.
    いやー,鷹見一幸さんの話はわかりやすくて面白くて良いなぁ.

  • 意外と軽めのSF、内容はそんなに重くないが…

  • 日本人作家が書くミリタリーSFは、欧米のそれとは全くことなるものだったが、嫌いではない。マッチョなだけの話より(それはそれで好きだが)、しなやかなつよさがあって好感が持てるのは同じ日本人のせいなのかも(笑)。
    それよりも、本書は正統なジュブナイルとして良くできていると思う。まさにビルディングス・ロマンである。そのあたりの狙いについてはは著者あとがきに詳しいので、参照して欲しい。
    若い人から大人まで、楽しめながら何かしら得ることがある小説ではないだろうか。

全4件中 1 - 4件を表示

鷹見一幸の作品一覧

鷹見一幸の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

宇宙軍士官学校―前哨―1 (ハヤカワ文庫JA)はこんな電子書籍です

宇宙軍士官学校―前哨―1 (ハヤカワ文庫JA)の文庫

ツイートする