踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 FINAL SET [DVD]

  • 25人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (3)
    • (4)
    • (3)
    • (1)
  • 4レビュー
監督 : 本広克行 
出演 : 織田裕二  柳葉敏郎  小泉孝太郎  北村総一朗  小野武彦 
  • ポニーキャニオン (2013年4月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988632503488

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 FINAL SET [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 最終作でこれまで積み上げてきたものを台無しにしたね、こりゃ。これまでの登場人物を総花的に出演させた分、かえって散漫な作品に仕上がった。
    中盤までは「隠蔽」をテーマに展開させた。しかし、終盤はもうグダグダ。すみれ刑事は一体最後、どうなったん!刑事課の拍手や室井の去り際の一言も、くさすぎるし。反面教師としたい。

    あと、音響処理に対しデリケートじゃなさすぎ。ヘリの音をあんなに低音きかせてどーすんねん

    【ストーリー】
     警視庁湾岸署管轄内で開催されている国際環境エネルギーサミットの会場で誘拐事件が起こり、さらに数時間後には被害者が射殺体で発見されるという事件が発生。警察が押収した拳銃が使用されたと見られ、全ての捜査情報を文面にて管理官・鳥飼(小栗旬)へ報告すること、所轄の捜査員には情報開示されないことが捜査会議にて発表される。
     異例と言える捜査方針が敷かれる中、第2の殺人事件が発生。さらに、今では湾岸署署長となった真下(ユースケ・サンタマリア)の息子が誘拐されるという第3の事件までも起こる。青島(織田裕二)は疑念を抱きつつも事件解明に向け懸命に捜査する。
     1997年のテレビ放送開始以来圧倒的な人気を博しこれまでに3度の劇場版公開、2本のスピンオフ映画を輩出した刑事ドラマ『踊る大捜査線』シリーズ完結編。前作「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」で係長に昇進した青島に降りかかる最後の事件を描く。
     「アマルフィ 女神の報酬」の織田裕二、「ステキな金縛り」の深津絵里、「日輪の遺産」のユースケ・サンタマリア、「聯合艦隊司令長官 山本五十六」の柳葉敏郎らが出演。監督は、同ドラマテレビシリーズ演出や劇場版の監督を務めてきた「サマータイムマシン・ブルース」の本広克行。脚本は同シリーズスピンオフ映画「容疑者 室井慎次」ではメガホンを取った君塚良一。

  • DVDレンタルで観ました。発売直後で殆どレンタル状態でしたが、中身は山もなく、謎も少なく、ストーリー論拠も乏しく、非常に残念な出来。昔の作品を見て目直し予定です。

  • これが最後の「踊る」となれば、ってことで
    迷わずFAINALSET購入。

    面白かった。
    ま、面白いのは言わずもがなか。
    冒頭からつかみはOK。
    いつもながらのどたばたコメディとしっかりした
    ドラマ部分。
    主要メンバーが揃っていなくなる?!な展開に
    どうなっていくのか目が離せなかった。
    過去の出演者のちょこっと登場なんて遊び心も
    このシリーズの見どころの1つ。
    スリーアミーゴスは、もちろん健在。
    前作では出演のなかった雪乃さんも登場だ!
    新城さん、もっと出てほしかったなぁ。

    そして。
    小栗旬、かっこいい!!
    くぅぅ、たまらんぜよ(笑)
    大杉漣さんも、いいとこ持ってったなぁ。

    そして、あの「熱い」青島の正義についての
    あのセリフ。しびれる~。

    ちなみに、室井さんの「バナナだ」はかなりツボ(笑)

    公開直前に放送のTV版に、深夜も踊るも含め、
    盛りだくさんのDVDセットに大満足。
    織田さんと主要キャストとのインタビュー映像
    まであって、かなり嬉しい。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 FINAL SET [DVD]はこんな映画です

ツイートする