踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 スタンダード・エディション [DVD]

  • 550人登録
  • 2.89評価
    • (17)
    • (44)
    • (133)
    • (70)
    • (19)
  • 109レビュー
監督 : 本広克行 
出演 : 織田裕二  柳葉敏郎  小栗旬  香取慎吾  深津絵里 
  • ポニーキャニオン (2013年4月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988632503440

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 スタンダード・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

  • やっと、見ることができた。
    今回の 青島刑事は ちょっと 柔らかい感じだった。

    唐揚げ屋の 夫婦として 青島とすみれが登場する。
    おや、どうした という始まり。
    張り込み でこれだけのことをやるとは、
    ヒマなことだ。そこから、展開していくのだが。
    すみれが 刑事をやめる という意志を表示して
    進行していく。

    ユースケサンタマリアが署長として、
    ふたりを率いる。三人のトリオも指導官として
    登場する。
    戒名がへたくそ過ぎて おもしろい。

    警察の隠蔽する体質を暴こうとするが、
    6年前の誘拐事件がからんでいた。
    クセ刑事を 香取慎吾が演じているが実に控えめ。
    好感が持てますね。

    青島も室井も辞職勧告を受けるが
    事件を解決することで まぬがれる。
    新たな希望とは そういうことなの?
    で終わってしまうのが、尻切れとんぼ。
    巨悪は 退治できない。

  • これで最後かぁ…。
    内容はイマイチだったけど、笑える所もやっぱりあって、終わるとなると残念で仕方ない。
    思えばこんなにオープニングでワクワクする邦画って、滅多にないもんなぁ。

  • 長期潜入捜査から青島&すみれが戻ると、殺人事件発生。湾岸署に捜査本部が設置されるも、所轄には一切の情報が来ないどころか、所轄からの報告ももみ消される始末。事件の影に警察官が関わっていることを隠蔽したい上層部は青島&室井の辞職を提示。
    時を同じくして、すみれは体調悪化から仕事を辞めることを決め。。。

    なんだか色々なものが雑。という印象。コミカルなパートへの導入も、不可解な状況に置かれてからの話の進展も、新署長真下くんとスリーアミーゴスの絡みも、すみれさんが刑事を辞める湾岸署の一大人事が周りに全く触れられないままラストに繋がっていくのも。。。
    シリーズの完結がこれで良かったの?

  • ずいぶん前のTVの録画。なんだか「踊る」というよりは「相棒」みたい。最後の最後にすみれさんが出てこなかったのもちょっと残念。

  • 警察が押収した拳銃が殺人事件に使用された。
    現職の警察官が犯行に関わったと知られたくない上層部は、事件の隠蔽を目論むが、今度は真下署長の息子が誘拐されてしまう。
    全ての始まりは6年前の少女誘拐殺人事件にあった。

    ストーリーは前作よりはマシになったと思う。
    今回のキーワード(テーマ)は“隠蔽”と“繰り返し”か。
    上層部はひどい工作をしているが、実は青島もビールの誤発注を隠そうと目論み、あげく真下に責任を被せている。これは対比のつもりか?
    青島と上層部の根っこは同じだと言いたいのか?

    犯人役の香取はバナナのCMキャラをやっていたから、本作でもバナナと絡ませたのだろうか。
    バスジャックしたすみれは、他の乗客をどうしたのか。
    室井の和久さんのモノマネのようなギャグは映画でやるべきじゃなかった…と、突っ込めばキリがない。

    タイトルバックは格好良かった。

  • 面白くもなんともなかった前作からは、ぐっと持ち直した感はあるが、踊るファンからの評判はあまりよろしくないようで。ファンでもないし、織田裕二が苦手な僕にとっては、押井守っぽい本広監督の原点が戻ってきたようで、結構楽しめたんだけどなぁ。くどいほどの小ネタも、バナナやバスの破天荒ぶりも、『サマータイムマシンブルース』には及ばないものの、踊るシリーズの中では、リアリティを捨てた開きなおりっぷりが爽快。☆3

  • 踊るシリーズついに完結!!

    劇場版第三作は微妙でしたが、あれは序章と布石に過ぎずと思わせてくれた仕上がり!
    十分に踊るワールドを堪能できます。

    随所に見られる小ネタ。
    踊る独特の掛け合い。
    ドキドキ&ワクワク。
    十分な出来じゃないでしょうか。

    ただ唯一残念だったのがラストのバス!!
    あれはなんなのか!!
    あそこでゲンナリです。。。
    なので☆4つ・・・。

  • これがファイナル??
    なんだかなぁ~

  • 前作がとてもつまらなかったので、今回もさほど期待はせず・・
    でも、今まで全部見てるので、一応見てみた。

    なんで、初期の頃みたいにワクワクしないんだろうなぁ。

    すみれさんのくだりはじーんとしたけど。

    小栗くんとか、小泉孝太郎とか、香取慎吾とかが犯罪をおかしてまで警察に恨みがあるのとかが、それほど伝わってこなかったなぁ。

    やっぱりシリーズもの全部面白いっていうのは難しいんだろうなぁ。

  • 劇場で見たことを地上波放送見て思い出した。

    踊るシリーズの大ファンで、中学の頃かな?
    踊る~のファンサイトを立ち上げようとしたことも。

    そんな大ファンからすれば、内容云々よりももはや青島や室井の存在する空間、ワンシーンすら愛おしい。
    そんなわけで普通に楽しめた。
    けどバスは流石にね。。
    劇場で思わず「まじか・・・」と呟いてしまったことが思い出される。

    室井も青島もかっこいい
    そして内田有紀がかわいすぎる

  • 巨大組織腐敗を描くには力量不足。
    残念だなー。
    全てにおいて。
    ラストの犯人逮捕もなんじゃそりゃ、という出来。
    俳優さん、本当にこれでいいのですか。

  • ファイナルということで、鑑賞。
    テレビシリーズの頃から観続けて、無事最後まで観届けられたことに一安心。

    内容は…正直微妙な部分も感じつつ、まぁ…どうしようもなかったのだろうと納得。
    ラストの破壊衝動に近いスミレさんの暴走は、行き詰まった先にあった唯一の突破口で…色々な意味で閉塞しながらも最後まで走り抜けてくれた作品でした。

  • 文字通り、踊るシリーズ最後の作品。

    “湾岸署管内で開催中の国際環境エネルギーサミット会場で誘拐事件が発生し、被害者が射殺体で発見される。緊急招集された捜査会議では、すべての捜査情報を鳥飼管理官に文書で提出するという異例の義務が課され、所轄の捜査員は一切の情報を開示されないまま捜査を進めなければならない。そんな中、第2、第3の殺人事件が立て続けに発生し…”

    前作に比べればまだ観れると言った程度。事件内容としては、映画シリーズの中では一番まともで、変な話これが映画一作目だったら話の広がりとしても面白くなったんじゃないかなぁと思った。時既に遅し。

    前作のごちゃごちゃと詰め込むだけ詰め込んだみたいなものもなく、一定の緊張感はあったが最後のオチが・・・。香取慎吾の使い方に関してもこれで良かったのか謎。“踊るらしい”ギャグも最早寒い。

    前作最大の不満でもあった織田と柳葉の共演シーンの少なさについては幾分解消されたが、やはり少なく(室井さんの役職的な問題もあるが)、筧&真矢みきコンビも最後の最後にちょっとだけ登場とおまけにしかならず、「シリーズファイナル」を唄うにはかなり寂しい。

    やはり、いかりやさんが亡くなった段階で作品としての着地点を模索するべきだったんだろうなぁとしみじみ思う。

  • 踊るシリーズはスピンオフ以降、積極的に追えずにいました。
    しかし機会もあったのでTHE FINALまでやっと見られて・・・
    もうね~
    室井さんと青島君が協力してるだけで感無量だわ。
    『容疑者 室井慎次』のときでしたっけ。まだ織田雄二が踊るシリーズに復帰してなくて、「青島君」を別人が演じてて後ろ姿ONLYの登場だったの。
    あのとき「ムリだわーもうコレ踊るシリーズじゃないわー」と失望したけど、やっとシリーズ最終で協力体制!よかった!

    しかしスミレさんの暴走しすぎじゃないですか(笑)バスwww
    和久くん可愛いよ。スピンオフあってもいいのになあ。

    ↓『ネタバレ』

    犯人グループが豪華すぎる。香取くんの無駄遣い。
    小栗旬がキレた時のザ――ッていう砂嵐の音が非常に怖くて好きです。

  • 映画2作目から迷走し、TVシリーズからするとゆるふわファンタジー的世界というずいぶん遠いところに行ってしまったけど、それなりに完結したんじゃないでしょうか。さようなら、踊る…です。

  • オールスター総出演。でも、終わりが少し蛇足的のような感じ。全員出すために少し取ってつけたような...。どうせそうなら、もう少し「大団円」的に終わればよいのなどとも思ってもみたり。

  • Tsutayaレンタル。

    今までのシリーズに出てきた小ネタをおさらいしておくともっと面白く観れるよなー。芸が細かすぎるっ(笑)。

  • 人気があった(過去形?)シリーズの多分完結編。
    う〜ん、と思う設定もありましたが、それなりに楽しめる作品。

  • 瀧野さんが「管理職目線」で観たらしいので。

  • 期待外れだけど少しだけ笑えた。

  • ひどいネ……(笑)。けれどこう感じさせることも、意図なんだろうなぁとは思うのですが。ROBOT、もうちょっとCG頑張れよー!

  • since 1997 って出てましたね。
    大学生の頃を思い出して懐かしかったです。

    内容は無いです。
    青島刑事、さよならー!

    本広監督、もっと他の映画撮ってね。
    『サマータイムマシン・ブルース』は良かったよ。

  • Frankfurtからの帰路機内、タブレットにて。

    FINALと銘打つわりには2時間ドラマみたいにまとまっちゃってる気がしたけれど、娯楽としては期待通り。

全109件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 スタンダード・エディション [DVD]はこんな映画です

ツイートする