ヴァンパイア [DVD]

  • 157人登録
  • 3.31評価
    • (9)
    • (15)
    • (21)
    • (13)
    • (1)
  • 24レビュー
監督 : 岩井俊二 
出演 : ケヴィン・ゼガーズ  アデレイド・クレメンス  蒼井優  ケイシャ・キャッスル=ヒューズ  アマンダ・プラマー 
  • ポニーキャニオン (2013年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013331662

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ヴァンパイア [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ストーリーが面白かった。人間なのか、吸血鬼なのか、その境界が曖昧模糊としていてスリリングだった。
    BGMまで自分でつくってしまう岩井俊二監督。でもあれはよくない。既視感ならぬ既聴感をおぼえて調べてみたら、監督、市川崑が大好きだった。なるほど!『細雪』で使われているシンセサイザーの音色なんかにそっくり・・・あれはいけない。
    監督、小説も書くようだ。あれもよくない。
    岩井俊二ワールド。たしかに面白いのだけれども、あらゆるジャンルに手を出しすぎているがゆえの中途半端。映画としては駄作。音楽としては駄作。小説としては駄作。それが歯がゆい。
    ジャンルを横断。なんだかダ・ヴィンチみたいでカッコいい響きだけど、「グローバリゼーション」みたいに、世界をまたにかけるみたいなイメージだけど、やっぱりそれは間違っている。と本作を観て実感。
    やっぱり、芸術の可能性は、「ローカリゼーション」にしかない。

  • 岩井俊二の作品は音楽のような映画だと称している私だが、これはその極みであると云える。
    サントラへの賞賛ではない。
    映像も沈黙も含めて、或る一つの音楽を聴いているようだと感じる。
    サビのように焼き付くシーンがあるのもその特徴だ。
    何度も何度も蘇ってくるので、そのシーンを欲して何度も何度も、繰り返し観たくなる。
    劇場で鑑賞したが、直後にはもう一度観たいと思っていた。
    購入予定。

  • 岩井俊二監督はどうも・・・
    外国人を使ってるのに日本映画にしか見えないところがある意味すごい。
    金髪の女の子がすばらしく可愛かった。

  • 映像はとても綺麗 特に血液を入れる瓶

  • この映画、岩井俊二監督作品なんですけど、もうね、完全に洋画です。

    映像の雰囲気、撮り方、音楽の使い方などはとりあえず置いといて、パッと見、岩井俊二監督作品らしさを感じるのって、蒼井優さんが出てることくらいですかねえ。

    今までの作品とは一風変わった、岩井俊二監督作品といった感じです。

  • 想像以上に良かった。
    映像、人物、挿入曲、全てが美しい。

  • 観てみたい要素がいくつかあるのに、
    それでこれですか?って感じ。
    ヴァンパイアの対象が
    自殺志願者ってところに
    映画全体の根暗な感じがある。
    とにかく変態で根暗な映画。

  • ただもうひたすらに眼福。
    美しい、とても美しい映画でした。
    中でもレディバードの可愛さときたら。
    主人公サイモンも格好良かった。
    ふたりのシーンが切なく素晴らしい。

    ただ虫や注射針など苦手なシーンも多数。

  • 私には彼が悪いことをしているとは思えない。
    静かな悲しい物語。

  • なぜか無性にパンを食べたくなってきた映画。血の描写を見てると口の中が乾いてくるんだよね…

全24件中 1 - 10件を表示

ヴァンパイア [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

ヴァンパイア [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする