からっぽ [DVD]

  • 22人登録
  • 2.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (7)
    • (0)
  • 3レビュー
監督 : 草野翔吾 
出演 : 平愛梨  清水尚弥  大杉漣  三浦誠己  宮下順子 
  • アメイジングD.C. (2013年4月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4580189027174

からっぽ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • テーマが勝ちすぎて、内容がついていっていない。
    何よりリアルなのはシーナさんのめんどくささ。
    でもこういうめんどくささは好きだ。

  • ★★☆☆☆
    アイデアはいいが、、「ナイとおもいます!」
    【内容】
    孤独ゆえに、瞬時に場所を移動する“テレポート”能力を持ってしまった少年(清水尚弥)が、行き場のない少女(平愛梨)と出会い、自分を見つめ直してゆく人間ドラマ。

    【感想】
    すっげー退屈だった。
    「テレポーテーションできるけど、裸になっちゃう」って特技は面白いんだけどなぁ。生かしきれてないよなぁ。

    大真面目に「ぼっちの高校生」の片思いを演出しちゃったのでテンポが悪いこと悪いこと。
    後半の河童部分は盛り返したけど、全体的に残念。

    舞台は桐生市。桐生市には河童伝説とか河童神社がある河童の街です。
    でも、映画ではソコには触れません。じいさんが河童マニアとして描かれているだけです。
    この河童伝説と白い河童を絡められれば面白く出来たのに残念。

    「エロ詩吟」でお馴染みの天津木村、の相方がでています。なぜ、そっち。

  • 可もなく不可もない感じの映画だった。
    B級らしさが映画の良さとして出てるんだけど、作品としての綺麗さが残らず、抜け出せきれてない感じがした。

    設定とかキャラクターは良いんだけど、主人公の成長が、(強烈すぎる必要はないんだけど) あまり感動で残らなかった。
    あとヒロインも、結局主人公ほどの哀しさを抱えた人ではなく、ただ元彼に構って欲しい女の子で、なんだか残念。
    B級らしさと、テレポートすると裸になっちゃう という設定だと、どうしてもヒロインのテレポートでムフフな展開を期待するけど、描いて安い感じになることなく、綺麗に描かれてたので良かった。
    最後の走ってるシーンの、わざとらしさがむしろ記憶に残ってるので、全体的に観て、良い映画だったと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする