黒部の太陽 [通常版] [DVD]

  • 63人登録
  • 3.42評価
    • (4)
    • (11)
    • (17)
    • (4)
    • (0)
  • 14レビュー
監督 : 熊井啓 
出演 : 三船敏郎  石原裕次郎 
  • ポニーキャニオン (2013年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013326460

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

黒部の太陽 [通常版] [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最近観た映画の備忘録です。

    「黒部の太陽」。1968年日本映画。カラー、196分。
    石原裕次郎、三船敏郎が制作・主演。監督は熊井啓。
    上映時間の長い映画はそれだけであまり好きではないです。
    でも、この映画は好きでした。
    存在自体に脱帽の映画です。
    娯楽、という意味でも十分面白いです。少なくとも、男子部としては。

    実話に基づく映画です。1956-1963の、黒部ダムの工事のお話です。
    つまり、建設会社さんたちが一生懸命ダムを作る。
    今でも、黒部ダムはあります(当たり前ですが)。
    富山県です。山の中にあります(当たり前ですが)。
    関西の電力は、この黒部ダムの水力発電のおかげです、と言われています。
    (最近は原発なのかな・・・)。

    この映画を楽しむ前提として、封切りの1968年当時、日本人のほとんどにとって常識だったことがあります。
    それは、「黒部ダムを作るのは大変だった」ということですね。
    詳しくは僕も知りませんが、難工事。人がいっぱい死にました。
    だから、いっぱい新聞記事になったりしていた訳です。
    「黒部ダムを作るのは大変だった」ということと。
    「いやあ、できて良かったね。これで日本(関西)の経済が成長するね」ということ。
    それを踏まえて観ないと、ちょっと空気感がつかみづらいんですね。

    #############

    1945年、昭和二十年に、太平洋戦争/日中戦争/第二次世界大戦が終わっています。
    この直後の日本は、昭和初期の日本よりよっぽど貧しかったそうです。
    その状態から、アメリカさんの都合で、

    「朝鮮戦争もあるし、ソ連と中国という2大、共産/社会主義国が目の前にある。
     日本は、"多少貧しくても理想主義の平和国家” にしようかな、と思ってたけど。
     やっぱりやめた。
     共産主義が東アジアを制圧しないよう、アメリカの子分として踏ん張り給え。
     国民が貧しいと共産主義に走る。支援するから工業起こして、多少金持ちになれ。
     そのためには、強い政府が必要。
     そのためには、アメリカの言いなりになるなら、戦犯も財閥も復活していいや」

    ということになったんですね。これが1946-1950くらいに断続的に起こるわけです。
    これが戦後の「逆コース政策」と一部で呼ばれることですね。
    当然ながら、それまでやってたことをいきなり180度転換です。
    労働組合ってものをどこまで自由に活動させるのかとか。
    そういうところでいきなり弾圧が始まるわけです。
    そのあたり、松本清張さんなど、異常な執念と情熱で暴いております。
    「日本の黒い霧」とか、一章だけでもいいので、是非読んでくださいね。
    自民党的な世間で言いますと、ゼッタイに学校の歴史の授業で教えないトコロであります。隠すところっていうのは、いちばん大事なトコロと決まっております。ヒトのカラダと同じですね(笑)。

    閑話休題。
    と、言う訳で、1955年から、55年体制。自民党安定政権。
    1959年、美智子さんご結婚。怒涛の勢いでテレビが普及します。
    1960年、安保闘争。で、岸信介さん辞職、継いだのが池田内閣「所得倍増論」ですね。
    1964年、東京オリンピック。
    四大公害病と呼ばれるものは1950年代後半からありましたが、
    世論と民意が昂ぶり、シラを切る企業と行政にようやく訴訟に踏み切ったのは、
    水俣病が1960年代終盤でした。

    何が言いたいかっていうと。
    戦後の日本は、そういう経緯で、おっとっと、という間に経済成長。
    復興したんですね。
    なので、急激に大量の電力が必要になりました。
    関西は電気が足りず、停電がしょっちゅうだったそうです。
    という訳で、黒部ダム。水力発電。
    戦前から水力発電用のダムとして地形は最適、という調査はあったそうです。
    関西電力が全力で取り組みました。
    ま、日本国が政府が。国を挙げて取り組んだんですね。

    #############

    映画は、関西電力の「黒部ダム担当者」役が、三船敏郎さんです。
    熊谷組、大成建設、間組、エトセトラエトセトラ。
    とにかく全日本ゼネコン各社がそれぞれ、工区を担当します。
    もちろん、正社員が現場で泥にまみれたりはしませんから、下請けに出します。
    その下請けの社長さん、土方の親方が、辰巳柳太郎さん。
    とにかく昔気質。経験論と精神論。権威主義で金にガメツイ。強い強いオトナのオトコなんですね。辰巳柳太郎、名演です。すごいです。
    で、この辰巳柳太郎の息子で、犬猿の仲なのが、石原裕次郎さんです。
    でも似たような仕事、建築デザインの仕事をしている。
    裕次郎は、はじめ、工事と関係ないんです。
    だけど、ひょんなことから三船敏郎と面識を得て。三船の娘である樫山文枝と交際するンですけど。

    「黒部ダムは無理だ。
     なぜなら山にトンネルを掘れないから。
     フォッサマグナを貫くことになる。
     破砕帯にぶちあたったら、アウトだ」

    と予言。
    破砕帯とはなにか。
    僕も全く知りませんでした。
    何だかトニカク、岩みたいなものが塊になっている、ヤッカイ極まりない地層らしいんですね。

    さて、工事が始まります。
    当初から、「大変だ大変だ」と言われてたんですね。何が大変なんでしょうか。

    物凄い、山奥なんですね。

    まあ、ダム作るっていうんだから、平原な訳はないんですけど。
    あまりにも山奥だってコトなんですね。
    無茶苦茶に山奥で、ヒトも資材も機械も運べないんですね。
    でも、ソコに作らねばならぬ。

    馬に乗って行く。歩いていく。ヘリコで空から落とす。
    工期に絶対間に合わぬ。
    という訳で、トンネルが要る。トンネルを掘ろうと。
    A地点からB地点まで、山を貫いてトンネルを掘ろう。
    コレさえ掘れば、物資運搬、飛躍的に楽になる。

    そうなんです。
    この映画は、黒部ダムを作る話なんですけど、実際にはこの「関電トンネル」を作る話なんです。
    「穴」「抵抗」「大脱走」。穴を掘る映画は面白いんですね。
    ま、当然、客層的に女性向けの映画は一本もないんですけどね。

    三船は現場、黒部の山中、事務所に泊まり込んで暮らし始めます。
    辰巳柳太郎も飯場に暮らして土方を仕切ります。
    もうとにかく、実際にひとつの町くらいの労働者たちが何年も富山県の山中に住み着くわけです。
    工事始まりしばらくすると。
    辰巳柳太郎、持病があって、ダウンしちゃう。
    そしてその頃、裕次郎。
    たまたま黒部登山に訪れて。
    たまたま気になって現場を見に来て。なんだか体の血が騒いで。
    たまたま現場を仕切っちゃう。
    親父の跡を継ぐように。現場監督になっちゃう。そのまま工事に居残る。
    このあたり、超絶に強引で素敵です。
    僕は好きでした。むちゃくちゃです(笑)。

    という訳で。

    ●関電正社員・総指揮=三船敏郎。
    ●関電から見たら孫請けの現場監督=石原裕次郎。
    ●裕次郎の会社の社長、親玉=辰巳柳太郎。

    まあ大体のところ人間ドラマとしてはこの三者で進んでいきます。

    で、当然ながら。
    破砕帯が立ちふさがります。
    水が噴出します。
    もう、結局はこの破砕帯をどう攻略するか、という話です。
    コレは非常にわかり易い。
    もう破砕帯さえ突破すればダムはできたようなもの、という気分です。
    トンネルが、日露戦争に於ける、旅順港みたいな位置づけ。
    で、旅順を落とすための二〇三高地が、破砕帯ですね。
    分かり易い例えですね。「坂の上の雲」読者の方たちにだけは。

    と、言う物語なんです。
    歴史的事実のお話ですから、最終的にはもちろん、破砕帯は突破。トンネル感動の貫通、ダムも完成します。
    技術的に言うと、ボーリング打ち込みまくったり、水逃がしのトンネル掘りまくったり。物量投入大作戦で乗り切ったそうです。
    だけど映画の見所としては、そういう技術の具体なお話ではなくて。コレはなかなか、重厚な人間ドラマでした。

    さすがに、熊井啓監督ですね。
    薄っぺらなプロジェクトX的な「ニッポン頑張った」物語にはしていませんねえ。
    (プロジェクトXが薄っぺらいって悪口言ってるわけじゃないですよ。アレはアレでスゴイんです)

    三船敏郎はそもそも、「この仕事はやりたくない」って関電内で言うんですね。ヒトがいっぱい死ぬだろうって予期してるんですね。
    でも役員たちに押しつぶされて、受けちゃう。
    石原裕次郎は危険性を指摘してます。つまり、この工事は人が死ぬぞ、と。
    三船も裕次郎も、とにかく人命尊重なんですね。
    ところが辰巳柳太郎は昔気質で、最後の最後では土方が死んだって掘りぬくんだっていう精神。

    で、破砕帯にぶつかって。
    どんどん人が死ぬ。
    実際黒部ダム工事で171人死んでるそうです。

    三船敏郎は、現場の最高責任者。
    なので、人命尊重なんだけど、工期も守らねばならぬ。
    社運を賭けて挑む関電の予算も気になる。
    矛盾する要求に引き裂かれていく。
    裕次郎と激突することもある。
    「下請けの現場は、限界まで頑張ってます。これ以上は無理です!」。
    うーん。2014年の今も、日本中で叫ばれている言葉ですね。

    裕次郎と辰巳柳太郎の親子確執も根深い。
    辰巳柳太郎は戦前、「皇国のために」って無理な工事でバンバン土方をぶん殴って、暴力で支配してた男なんですね。
    戦後派の裕次郎との断層が深い。
    そこにもってきて、破砕帯で人が死んでいく。土方は逃げる奴は逃げる。
    面と向かって裕次郎や辰巳柳太郎や三船敏郎をなじる者も当然いる。
    「所詮お前らも経営側だ」なんて言われちゃう裕次郎。無言。

    現場を知らぬオエライさんが視察に来て、好きなこと言ったりする。
    合間に、三船敏郎の娘が裕次郎と結婚したり、別の娘が病死したりします。
    かなり群像劇です。他の人も出ます(説明が雑だなあ・・・)。
    宇野重吉の息子役で寺尾聰が出ます。
    ルビーの指環の12年くらい前になるんですかね。若いです。下手です。この役、死ぬだろうなあと思ったらヤッパリ死にます(笑)。

    舞台設定は1960年前後ですから、戦後わずかに十五年。
    「戦争の頃は」「戦争の頃と同じじゃないか」という会話も飛び交います。
    結局、日本のため、という旗印は同じなんですね。
    そのために、多少の人命の危機はやむなし、という結果論にならざるを得ない現実なんですね。
    コレ、21世紀ニッポンの原発問題に置き換えたって、ビンビン来ますね・・・すごいお話です。

    そういう、重い重い問題に、安易な解決は何も用意されていません。
    そこが潔くて好きです。
    そういう気まずさや、苦い思いを残したまま、トンネルは進む。
    破砕帯は突破されます。ダムは完成します。
    ラスト。完成したダムと発電の威容を見せながら、佇む三船と裕次郎で終わるんですね。
    工事でなくなった人の慰霊碑があります。
    なんとも複雑で苦い表情のふたりで終わります。

    というのが、なんていうか、筋書きベースのこの映画の見所なんですね。

    それで、是非指摘しておきたいのが語り口ですね。撮り方。
    コレがまた・・・唖然とするくらい。大半の場面、ワンシーンワンカットなんですね。
    ほとんど、なんじゃこりゃぁ・・・というカメラワークもあります。
    滝沢修と三船敏郎の関電社内の場面とか。

    そして、決めの場面で、裕次郎のアップの長回し。
    これも・・・度肝抜かれます。
    まずは、辰巳柳太郎と親子対決して、辰巳柳太郎が大暴れして荒れる場面。
    コレ・・・ずーーーーーーっと裕次郎のアップなんですよ。暴れてる辰巳柳太郎、音だけ(笑)。もう、目が点でした。
    さらに、終盤。下條正巳たちが裕次郎に「お前も所詮経営側だ」みたいな罵倒をぶつける場面。
    ここももう、ずーーーーーっと裕次郎。すごい。ひれ伏します。シビレます。
    手法的に、男気。
    ほかにもソンナ場面がいくつもあります。すごすぎます。
    つまりなんていうか、物凄く割り切ってる。男気溢れてます。

    だからといって、ケチくさいワケでもないんです。
    なにせ、題材が題材ですから。予算はすごいことになっています。
    迫力溢れる映像がかなり目白押しです。
    巷間有名な「出水事故の場面」もすごいです。
    けど、僕がいちばんすごいなあ、と思ったカットは。
    佐野浅夫さんが爆死したあとで、遺体を乗せたトロッコで出口に向かう裕次郎。
    その見た目のように。冷たいモノクロームのような坑道の出口が迫ってくる。
    魂が震えましたねえ。名カット。(終盤で同じカットがもう一度使われているのには爆笑しましたが)。

    制作裏話的なことは、wikipediaでも詳しいですが。ひとつ大事な点。
    これは、映画の斜陽化を受けて、独立プロを作った石原裕次郎が中心になって、三船敏郎を巻き込んで作った映画なんですね。
    「五社協定」に縛られて動けないところ、「劇団民藝」の宇野重吉のお陰で役者を手配して。※言葉が分からない人はぐぐってください。

    裕次郎も三船も、予算がないところを、関電と熊谷組、ほかのゼネコンの協力を取り付けて。
    ほとんど、自主映画なんです。裕次郎と三船と熊井啓が、関電とゼネコンから金を貰って作った自主映画なんですね。
    その荒々しい感じというか、原初的な感じが映画に現れています。と、僕は思います。
    そして、石原裕次郎さんの強い意志で、「映画館で見て欲しい」。DVD化もテレビ放送もしてこなかったんですね。
    スポンサーで金主な訳ですから。当然、関電とゼネコンに悪いようには描かない。というか、描けない。
    自民党的プロジェクトX的ヨイショ傾向はやむを得ないんですね。
    と、思って観たんですけど。
    そうでもないんですよね・・・。それがすごい。
    意外に、ダムや工事や経済成長というのを、俯瞰的に突き放してます。
    なんていうか・・・スポンサーの企業さんたちに、バレない程度にね(笑)。
    ラストの水力発電装置の、まあ、無機質に撮られてること(笑)。

    撮りたかったのは、巨大な困難に命懸けで挑んで苦しみ悶える男たちの姿なんですね。
    その姿っていったいなんなんだろう、っていうような映画ですね。
    モッタイつけずに死ぬほど恥ずかしいど真ん中の言葉で言うと

    "巨大な敵と戦う男のロマン"

    ・・・ってやつですね。恥ずかしいですね。言っちゃいましたね。

    なんだけど、その戦いの、原動力の大義名分には情熱がないんですね。
    情熱があるのは、"戦っちゃう男たち" なんですね。
    "戦う理由" はおろか、究極で言うと "戦いの結果" すら、実はポイントじゃないんですね(笑)。
    そこ、ハッキリしてます。

    なんていうかな・・・この「黒部の太陽」・・・ハッキリ言って、戦争映画、戦場映画なんですよね。そういう意味で言うと。
    オトコの子は、どこかで戦争が、戦場が好きなんですよね。
    「最前線物語」も「戦場のはらわた」も「大いなる幻影」も「大脱走」も「宇宙戦艦ヤマト」も「機動戦士ガンダム」も
    「騎兵隊」「ガリポリ」「地獄の黙示録」「日本のいちばん長い日」「アウトロー」「MASH」、
    「勝利への脱出」も「独立愚連隊」も「スター・ウォーズ」だって「七人の侍」だって「ワイルドバンチ」だって「機動警察パトレイバー」だって、
    そしてほとんど全ての西部劇と言われる映画や、ドン・シーゲルの「ラスト・シューティスト」。
    規模の大小はあっても結局、戦争であり戦場の映画なんですよね。それと同じなんです。

    どれも、戦争行為を政治的経済的人道的に礼賛はしてないんですよね。
    別に、勝った方の上の偉い人を称えるワケでもないですよね。
    でも面白い。大半、男子的には。
    上に挙げた作品全部がマッタク好きじゃない、なんていう男子がいたら、それぁ、ニセモノです。よくわかんないですが。
    だいたい、「ラスト・シューティスト」を面白くないという男の子は、僕は信じない。
    脱線でした。

    (まあつまり、設定に戦争が出てこなくても、ジョン・フォードとペキンパーとイーストウッドの映画はほぼ全部、ソレなんですね。
    "戦いの場の男の子たちの映画" なんですね。
    で、そこには、右翼とか左翼とか関係ないんですね。
    個別に監督さんのその時代における政治的立場はあるとは思いますけど、本質はそこじゃないんですね)

    だんだん何の話だかわからなくなってきましたが。
    最後に特筆すべきは、脇役の魅力ですね。まあ、上記のように女優さんはほぼ出ないんですが。
    大滝秀治さん、加藤武さん、佐野周二さん、下條正巳さん、宇野重吉さん、志村喬さん・・・そうそうたる面子です。
    分けても、滝沢修さん演じる関電社長は出色でした。さすが。脱帽です。

    日本映画ばなれしたスケール感と情熱。
    戦後史、経済成長の歩みを叙事的にざっくりわしづかみにした手応え。
    傑作だと思います。
    でもって、撮り方や制作スタイルを見ると、唯一無二の異色作でもあります。
    映画らしい力感溢れる映画です。なんていうか、テレビドラマ的な、セリフの作品、じゃないんですね。
    脚本すなわち構成は重要ですが、セリフの映画ではないんです。
    脚本だけ読んだって、ツマラナイです。確実に。だって、映画になるための脚本です。設計図だけなんですね。
    スクリーンで観ないと本来しょうがないような割り切りの文体です。
    そして、ペキンパーやフォードに連なる、まごうかたなきオトコ映画です。
    オトコ映画好きな人は、お時間のあるときに是非ご覧ください。
    もっと、評論家や批評家に語って欲しい、再評価して欲しい映画ですね。

    (・・・って告白すると、年末に大阪市内の名画座にかかっていて観に行こうと思ったら風邪を引いて果たせず、悔しいから年始に知る限りで最も巨大なテレビのあるおウチでDVDで観てしまったんですけどね)

    (これ、香取慎吾さんでテレビドラマになったんですねえ。観てないけど、どんなだったんだろうか・・・。映画は、名作です)

  • 1968年公開.石原プロ,三船プロの共同制作映画.
    黒部ダムの建設のために大町〜黒部間のトンネル工事の話である.高度成長期まっただなかの企業戦士たちが主人公.みなさん仕事にかける意気込みが半端ではない.

    昔の映画ならではの大掛かりな撮影による出水事故のシーンは大迫力.

    このとき,三船敏郎48才,娘婿役の石原裕次郎は34才.二人ともやはりスターだね.今の48才でこんな貫禄のある人いるかな.

    全体としてはやはりちょっと長すぎる気はする.

  • 石原裕次郎をはじめて良いと思った。
    終わりがまるっきり風立ちぬだった。これだったのか。

  • 黒部第四ダム建設のためのトンネルを通すために奮闘する男たちの物語。
    主人公らはもちろん、関電の社長さんとか、土木作業員たちとかも、男としてかっこいいっていうのはこういうことなんだろうなー。
    社長(だっけ?)が特に良かった。トンネルを通すためには資金を惜しまず、頭も下げて、現場視察で作業員にきつくあたられてもねぎらいの言葉とともに去るという、人間の大きさが感じられるキャラクターだった。
    トンネル貫通式と同時に娘の訃報が届くとか、泣かせるための筋立てができすぎてるのが、出来すぎてて逆に興醒めだったけど。
    自分はこれに出てくる人たちはかっこいいと思ったけど、こういう男っていまどき流行らないんだろうなぁ。

  • 男気満載の硬派な作品。
    リアルな映像の迫力は凄まじい。

    3時間15分…流石に尺が長いと感じるけれど、
    破砕帯との終わりの見えない戦いのジリジリ感が伝わってくる。

    昨今、新国立競技場の建設費が2500億円だ!といって大騒ぎになったけれど、このダムのプロジェクトは、今やろうとしたらいくらになるのだろうか。

    三船敏郎のカッコよさにシビれる。
    着物姿が似合うと思っていたけど、洋服の着こなしも素晴らしい。

    トンネル工事を再現したセットの中での撮影中、
    石原裕次郎が大怪我をする事故があったらしい。

    必死に逃げる様子を捉えた映像は、
    映画というよりはドキュメンタリーに近い。

  • 男の仕事への熱意、親子間の確執、本部と現場の対立、添え物程度に出てくる女性、くらいでいいのでは…。長すぎるために的が絞りきれておらず、どこを見せたいのか分からない。疲れます。

  • 1968年公開
    監督 : 熊井啓
    ==
    黒部ダム建設をめぐる男たちのお話。

    昔の映画って、いろいろガチだからすごいなって思います。破砕帯掘削シーンの切羽落盤洪水のシーンは、ほんとに洪水起こしてて、本気で逃げている、あの表情は、演技じゃでないものねw 黒部ダムももちろん、この映画そのものに携わっている人の熱量の質量がすごいビシビシ伝わってくるというか。

    俳優陣、男臭い泥まみれの映画です。黒部ダム帰りに見れて、記憶が複層化されてよかった。

  • 長い。黒部の勉強がしたかったのでためになりました。
    三船の娘が白血病なのは余計。それでも仕事に励む美を追求しているのだと思うけど、家族よりも勤労という日本人の美徳意識は見直すべき。

    下記、映画の中で言及された内容

    資本金130億で400億の工事
    構想は戦前からあった。30-40年かけて調査はしていた
    第三発電は電力確保のために戦時下で軍の指令のもとつくられた。300人近く死亡
    黒部はトンネルができるまで手彫り。その後はドリルで少し掘ったところにダイナマイトを投入して爆破。崩れた石をトロッコで運ぶ。木の板と鉄で周りを固める。ダイナマイトやトロッコに巻き込まれる事故も発生。

    一日三交代、700人体制で工事していたが途中で技師さんたちが逃げる。
    一日平均10mで1700mまでは到達。その後、破砕帯にぶち当たり、湧き水が噴き出たり、崩れたり。水抜き用のトンネルをつくる。パイロットを掘ってもガスが発生したり、水がすごい勢いで湧き出て難航。結局、10本500m先端から大口径のボーリング124本2900m。地盤がための薬液13万リットル。破砕帯は864m
    シールド工法を使う案もあった。シールドは転用不能。

  • 脚本が素晴らしい。濃い。すごい映画や・・・。
    (最初ミフネがブルース・ウィルスに見えた)

  • 雪山を自力で登って黒部にたどりつくイントロから始まって
    エンディングでは観光解説つきのトロリーバスで黒部に訪れる
    黒部に通じるトンネルが開通したからこその平和な光景が感慨深かった

全14件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

黒部の太陽 [通常版] [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする