S-Fマガジン 2013年 03月号 [雑誌]

  • 20人登録
  • 4.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 早川書房 (2013年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910019750338

S-Fマガジン 2013年 03月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • とりあえず英米SF受賞作だけよんだ。
    「選択」ポール・J・マコーリイ 異星人とのファーストコンタクトを経た未来。打ち上げられた異星人の機械を見に少年たちは川を下る。青春ファンタジー風味とSFアイディアがバランスよく融合していい感じ。「フェアリイ・ランド」はピンと来なくて放りだしたんだけど(笑)、これは面白かった。
    「紙の動物園」ケン・リュウ 父さんがカタログで買った母さんの特技は折紙だった。シンプルでウェットな話だけど、小道具が効果的に使われてこれもよかった。
    「ベティ・ノックスとディクショナリ・ジョーンズ、過ぎ去りしティーンエイジに立ち返っての奇譚」ジョン・G・ヘムリイ(ジャック・キャンベル) タイトル長!地球を救うためにティーンエイジである過去に戻って任務を遂行する二人。ティーンエイジャーなので行動に制限がかかるところを上手く使って非常に出来の良い娯楽作品に仕上がっている。一番面白かった。一部悪ノリ気味なところがあるのは大目にみよう(笑)。
    「霧に橋を架けた男」(前篇)キジ・ジョンスン 以前紹介されていた、濃密な霧の立ち込める世界で橋を架ける事業を営む男の話。ある意味予想通りだが、大人しめ抑えめの前半。さてどうなるか。

  • なんと。
    早川様ありがとうございます。

  • ポール・J・マコーリィ「選択」。すごく良かった。異星人来訪後の激変した地球で独自の生活を頑なに続ける人達と、否応無く新しい世界に巻き込まれてゆく少年の物語。"ジャカルー"シリーズの一作とか。他の短編も読んで見たい。短編集でないかなー。

  • ケン・リュウの「紙の動物園」最高

  • 表紙イラストレーション:Skan Srisuwan
    2012年度英米受賞作特集

全5件中 1 - 5件を表示

S-Fマガジン 2013年 03月号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする