黄金を抱いて翔べ コレクターズ・エディション(2枚組)(初回限定版) [DVD]

  • 110人登録
  • 2.66評価
    • (0)
    • (8)
    • (29)
    • (19)
    • (5)
  • 25レビュー
監督 : 井筒和幸 
出演 : 妻夫木聡  浅野忠信  桐谷健太  溝端淳平  チャンミン 
  • エイベックス・ピクチャーズ (2013年4月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953032675

黄金を抱いて翔べ コレクターズ・エディション(2枚組)(初回限定版) [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 高村薫の同名小説が原作。高村薫のデビュー作だとか。そちらは未読。
    原作にかなり忠実に作られているらしいけど、何しろ前情報なしで鑑賞すると、登場人物プロフィールや人間関係わかりにくい(*_*)
    ちょっとしんどくなるくらい。
    金塊強奪のスリルにぞくぞく…なんて感想もちらほら目にしたけど、個人的には全然スリル感じられなかったなぁ。多分あまりに「裏社会」感が出すぎていて、別世界の住人たちのやらかしていることって見ていたから、ドキドキはらはらなんてなかったんだろうなー。もっと普通の人たちがやっていたら別なんだろうけど。
    じぃちゃんの話は泣かすところなんだろうけど、私には蛇足にしか映らず(^^;
    世間狭すぎだろー!!
    原作とりあえず読んでみようかな~♪
    何だかんだと酷評してしまっているけど、良かったのは、舞台である大阪が、面白いスパイスになっていたところ!
    見知らぬ人が絡んできたり、世間話が多かったり…

  • 原作同様、強奪実行までが長い。
    人間関係分かりにくかった・・・

    大切な人を多く失い、さらに危険を冒してまでやる価値があった強奪だったのか微妙。

  • 銀行の地下3階にある金塊を盗む計画を企み、仲間を集める北川。幸田と計画を詰めていくが、その間に、弟のハルキが賭場で喧嘩し、そのチンピラからも狙われる。爆弾を作るモモは、元北朝鮮のスパイ。エンジニア野田は途中で抜けたがるが、計画を知ってしまったため、最後までつきあうことに。まあ、とにかく人が死ぬ。とにかく爆発する。途中で、あれ?北野監督映画だっけ?と思うようなシーンが結構あったような。井筒監督だったのね。ストーリーがつかめなくて、よく分からなかったなぁ。説明が足りなくって。エンターテイメントとしては面白かったけど。妻夫木くんの岸口の死体を見つけたシーンは鳥肌ものだったけど、この作品は全体的に浅野さんがかっこよかったなぁ。

  • 原作を読んでから観た。北川のイメージが違っており、個人的には原作の方が作品の男同士のやりとりが面白かったと思うのでマイナス評価。ふんわりと重い空気があるのは良かった。北川のミスキャストに★★

  • 強盗モノとか好きなので、観たけれど、イマイチかなぁ。
    暴力的だし・・
    計画が雑すぎる。

    あれで強盗は出来ないでしょう・・

    人間関係がちょっとわかりにくかったし、がっかりした。

    じいさんが父親だとわかるところはよかったけど・・

    ちょっと残酷なシーンが多かったかな。

  • これだけ豪華なキャスト集めて宣伝費莫大に費やして良くもまぁここまでつまらない映画出来たなと感心した。

  • だから、妻夫木にこういう役をやらせたらダメだって。桐谷健太ははまっていたが。チャンミンを入れる必然性は意味が分からない。

    中身はB級的なんだが、演出をA級に無理に近づけようとして失敗したパターン。『掘った、奪った、逃げた』を見てよく勉強しろと言いたい。


    【ストーリー】
    過激派や犯罪者を相手に調達屋をしていた幸田弘之(妻夫木聡)。幸田は二十数年ぶりに訪れた故郷の大阪で、大学時代の友人・北川浩二(浅野忠信)からある計画を持ちかけられる。大手銀行本店の地下にある240億円相当の金塊を強奪するというのだ。銀行担当のシステムエンジニアである野田(桐谷健太)と共に計画を練る中で、さらに、元エレベーター技師で銀行の内部にも詳しい“ジイちゃん”こと斉藤順三(西田敏行)と、爆弾に精通している元・北朝鮮のスパイの青年“モモ”ことチョウ・リョファン(チャンミン)を仲間に引き入れる。

    計画を知ってしまった北川の弟・春樹(溝端淳平)もメンバーに加わって、いよいよ6人の男たちによる計画が始動する。目標の金塊は銀行の地下3階にある。地下2階の駐車場から侵入すると同時に、中之島変電所を爆破し、銀行だけでなく辺り全域を停電にする作戦だ。その準備のため、幸田は野田と共に群馬・高崎の工場の輸送車を襲撃し、ダイナマイトの強奪に成功する。だが、思わぬ障壁が彼らを待ちうけていた。

    高村薫の同名小説を「パッチギ!」「ヒーローショー」の井筒和幸監督が映画化。大阪を舞台に、金塊強奪計画を企てた6人の男たちの生き様を、ミステリーとアクションを交えて描き出す。出演は「悪人」の妻夫木聡、「バトルシップ」の浅野忠信、井筒監督作品には5年ぶりの出演となった桐谷健太、今回が日本での俳優デビューとなったチャンミン(東方神起)、溝端淳平、西田敏行ほか。

  • まーまーおもしろかったけど、ストーリー展開が単純で後半間延びした感じが残念でした。

  • 息子と見た。
    引き込まれるほどではなかったかなあ。

  • のっけから、日本映画らしくない(?)弾着描写。
    他にも、プロっぽい描写が散りばめられていて、高いテンションが続きます。

    「北」の工作員を巡って、左翼と「北」の要員と主人公達が入り乱れるシーンは、ハラハラする。かつ、おかしい。
    「北」の人たちは、消音機付けているのに、銃の扱い方が下手くそに見えた。

    井筒監督の映画は、あまり観ていないのですが、他の作品も、緩急の利いた映画なのでしょうか。

    関西弁が印象的でした。

全25件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

黄金を抱いて翔べ コレクターズ・エディション(2枚組)(初回限定版) [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

黄金を抱いて翔べ コレクターズ・エディション(2枚組)(初回限定版) [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする