魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 2nd A's(超特装版) [Blu-ray]

  • 51人登録
  • 4.87評価
    • (13)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
監督 : 草川啓造 
出演 : 高町なのは:田村ゆかり  フェイト・テスタロッサ:水樹奈々  八神はやて:植田佳奈 
  • キングレコード (2013年3月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988003817756

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 2nd A's(超特装版) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • なのはさんとフェイトちゃんがいちゃいちゃしているのは、この際置いておいて。
    自分も超弩級の魔砲を打っておきながら、「話を聞いて」とのたまうなのはさんが大好きです。「いいこだから」とか言いながら、バインドとかしちゃうなのはさん。敵に悪魔と呼ばれる小学生のなのはさん。一生ついていくっす!と泣きたくなるくらいに強い、なのはさん。ああ、大好きだ!
    フェイトちゃんは、なのはさんがやられてしまったのを見てあんなにもメンタルをやられ、いつもの力が出せなかったのに、なのはさんはフェイトちゃんがやられ(吸収)されても、まったくぶれない。メンタルの強さには、頭が上がりません。たとえ全力の攻撃が通じなかったとしてもすぐに、「もう少し頑張らなくちゃだね」と気持ちを切り替えられるなのはさん。メンタルコーチとしても、頭が下がります。
    リインフォースにも号泣するし、デバイスが自らを進化させようとするのにも泣けるのですが、でも、私がこの映画を見る最大の理由は、なのはさんのSLBのためなのだと思います。
    絵は可愛いけれど、彼女の強さは少年漫画に通じると思うのですが、いかがでしょう?

  • TV版観ていたのにも関わらず、また泣いてしまいました。

  • 本編5回目。特典が楽しみである

  • 「祝福の風……リインフォース」

    このセリフから始まる怒濤のラストは自分の中で泣きと燃えのトップ。はやてとヴォルケンリッターの絆、それを影から見て何よりも永遠に続くことを願っていた”彼女”三者の思いが絶望から希望に変わる。その瞬間を表すこの言葉を聞くだけで、TV版で、劇場で、そしてこのBDで三度泣かせていただきました。
     見るたびに泣ける本当にいい物語です。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 2nd A's(超特装版) [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 2nd A's(超特装版) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 2nd A's(超特装版) [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする