採用基準 [Kindle]

  • 169人登録
  • 4.04評価
    • (20)
    • (36)
    • (15)
    • (1)
    • (0)
  • 32レビュー
著者 : 伊賀泰代
  • ダイヤモンド社 (2012年11月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
堀江 貴文
南場智子
有効な右矢印 無効な右矢印

採用基準の感想・レビュー・書評

  • 「必要なのは、組織のあらゆる場所で、目の前の変革を地道に主導するリーダーシップの総量が、一定以上まで増えることです。」

    これ、採用基準じゃなくてリーダーシップ論では。
    自分が採用された理由を知りたくて読んでみたけどわからなかった。
    でも、主体性の大切さを学べた。

  • 参考にはなったが、もう少し短くまとめられていてもいいのではないかと思った。

  • 元マッキンゼーの人事マネージャーによるリーダシップ論です。

    マッキンゼーが求めている採用基準を通じて、それが日本に今最も足りないものの一つであることを説いています。

    日本だと、どこからかリーダーが突然現れて、日本をよくしてくれると思ったり、日常生活の中でも誰かひとりが強力なリーダーシップでぐいぐい先導してくれる人のことをリーダーシップがあるということが多いですが、著者によれば、リーダーシップとはみんなが本来持たなければならないものであるそうです。

    日本には優秀な人はいるが、①目標を掲げ、②先頭を走り、③決断をし、④伝えるというリーダーがなすべきことを行っている人が本当に少ない。つまり、リーダーシップの総量が足りないのである。

    難しく考えることなく、このリーダーシップは訓練を受けると遅かれ早かれ、誰でも発揮することが出来るようだ。

    私自身も著者の意見には大いに賛成である。今海外で働いているこの時間を、リーダーシップを十分に養う貴重な機会ととらえ、活動していこうと改めて感じた。

  • 良質なリーダーシップ論。ネットで活躍されているちきさんの正体かと言われている。ちきりんさんのブログを購読している私としては、文体こそ違うが、皮肉の効いたレトリックや使っている語彙がほぼ同じに感じる。主張のリズムも似ているので、まず本人とみて間違いないだろう。本書のリーダーシップ論の展開は精神論的に感じる人もいるかもしれないが、失敗を恐れリスクを取らないことが常態化している今の日本には良い刺激となる一冊だ。ちなみに私はこの本をkindleで600円で購入しました。たまに価格が変更されているみたいです。皆様、最安値で購入できるよう価格を何度かチェックされることをおすすめします。

  • かつて上司からすすめられて読んだ本。ご多分にもれず、面接での選考基準でも解説してあるのかと思ったら違って、リーダーシップの何たるか、リーダーシップの重要性がとことん詰まった内容だった。

  • リーダーシップについて延々と書いてありますが、採用基準というタイトルの秀逸さはすごい

  • 自らの働き方のひとつの指針として。

    ◯リーダー、マネージャー、コーディネーター及び雑用係の違い

    ◯リーダーの役割
    1.目標を掲げる→メンバーを鼓舞できるもの
    2.先頭に立つ
    3.決める cf.決めることで見えてくる課題
    4.伝える

    ◯誰もが声を上げられる組織のメンバーが持っているもの

    ◯仕事の仕方
    ・バリューを生む
    ・ポジションを取る
    ・自分を中心に置いた組織図を念頭に置く
    ・フィードバックの機会を設ける(事前に自身の目指すリーダー像を持つ)

    ◯世の中は一人のリーダーでは変えられない
    ならばどうするか、自ずから必要となるリーダーシップ

    ・思考意欲と思考体力の先天性

    ◯リ ーダ ーシップとは 、学び 、鍛えるべき資質である( = T r a i n a b l eなスキルである)

    ◯世界中の人たちのニ ーズをくみ上げ 、それぞれから求められる製品やサ ービスをタイムリ ーに提供していくためには 、分散型の意思決定システムが不可欠だと考えている

    ◯「国際交渉の場で 、きちんと自国の利益を確保できる人材を育成することが急務である 」と考える
    →レッドライン死守外交から、戦略的国際貢献志向のリーダーシップ交渉に変える

  • タイトルだけ見て、マッキンゼーの採用担当の視点や業務内容が書いてあるのかと思い、興味があったので読み始めたのだが、いい意味で期待を裏切る内容。その主張する所は、リーダーシップの意義と重要性についてなのだが、これがまた、個人的には働く上での姿勢としてパラダイムシフトを起こしたと言ってもいいぐらいに、感銘を受けた。

    特に、リーダーシップは役割を与えられて発揮するものではなく、常日頃から全ての人に求められ、かつ発揮する機会が与えられているものだとの主張は、自身の日常業務に対する意識を見直すいい気づきになった。「それはリーダーが考える事」とか「誰かやってくれる」では、課されたタスクは義務でしかなくて面白くないし、ストレスにもなる。そんな他人事意識を卒業して、どうすれば主体性を持って物事に取り組む事ができるかを教えてくれたように思う。

    後、人事に携わった方だからこそ?か、読んで物凄いモチベーションが上がった。日本人(だけではないが)がリーダーシップを発揮する大変さや苦悩を汲んだ上で、それ以上に得られるリターンを丁寧に解説してくれているので、「頑張れ」と背中を押される感覚があって嬉しい。読後の前向き感が気持ちいい。

    30代の間に何回か読み直したいと思った本でした。

  • 一人のリーダーが組織運営に必要なことを全て行うべきだ、考えられるからこそ、リーダーは本来の責務に加えて、雑用まで担当させられる
    リーダーの仕事は、周りの人を楽しくさせることではなく、何としても成果を出すこと

    部下でない後輩や同僚に仕事をお願いするのは難しいです。

    最近、上司に代わり所属グループの方々に仕事をお願いする機会が増えました。「上司の代わりに言っているので、お願いできませんか」と言って、皆さんがこちらの要望通りにして頂ければ有難いですが、そうは問屋がおろしません。10数人もいれば、お願いを聞いて頂ける方もいれば、聞いて頂けない方もいます。

    こちらとしては、上司から言われたことを伝言ゲームのように伝えているわけではありません。できるだけ、こちらからのお願いが皆さんの成果や会社への貢献に繋がるように説明してるつもりです。しかし、これは「そんな成果、貢献は不要」と言われてしまえばお終いです。

    本書で強調されているリーダシップが発揮できれば行動の意義を理解してもらえる、とも思いました。しかし、これは成果を共有できてこそ成立するものと思います。成果が担当者レベルで閉じている部署では、リーダーシップの発揮は徒労にもなりかねないのではないかと思いました。

    今、自分にできることと言えば、成果の共有と成果に集中できる環境を整える、です。これがリーダーシップと言えるかどうかわかりませんが、何事もまずは試して見なければの精神で臨みます。

  • 【大橋】
    最初の1章はマッキンゼーについてがメインですが、2章目からはがっつりリーダーシップとなぜそれが必要なのかについて書かれています。

    一番ハラオチしたのは、
    「目的を共有できていれば、全員がそれに向かって最大の成果を出すために自分のやるべきことをやる。”誰かがやってくれる”という考えにはならない」ということ。


    「どうして毎日を最高レコードで生きられないのか。」Link Styleの吉川さんも言ってましたが、琉球が最大限に成果を出すためには全員が自分のベストを尽くす必要があるんですよね。

    そのために必要なのは「現状のなにがいけないのか」の分析や「どこに責任があるのか」といった判断より先に「全員が同じ方向を向けているか」という目的の共有だと思いました。



    (要約)「チャレンジを続けていると、次々と新しいこと、より大きな仕事を手掛けることが怖くなくなります。反対に簡単にできる仕事ばかりやっているとできないかもしれない仕事が怖くなる。
    全力を出し切らなくてもできる仕事を続けていると視点が低くなる。この状態で高いスピードで成長を続けるのは誰にとっても難しい。」

    入社年度に関わらず、しっかり目指す先が見えていて挑戦を習慣にしてしまい、成長し続ける新人にあっさり追い抜かれてしまう可能性があるのはこういうところなんだろうなと思います。

    最近の14,15のガツガツ具合を見ていて、私もうかうかしているとすぐ後輩に抜かれてしまうな、と。

    裏を返せば社歴や経験にかかわらず、追い抜くことができるチャンスだと思います。
    私たちが狙って行けるのはこういうところなんじゃないでしょうか!

  • 採用基準 / 伊賀 秦代 / 2013.09.16(27/158)
    ・問題解決に必要なリーダーシップ。どんな場合でも他者を巻き込んで現状を変えていこうと思えば、必ず必要。問題解決に必要なのは、問題解決スキルではなくリーダーシップ。
    ・リーダーシップ:チームの使命を達成するために必要なことをやる人。自分で決め、その結果に伴うリスクを引き受け、その決断の理由をきちんと説明すること。上司の意見を採用するか否かは自分自身が判断すること。CF)フォロアー=指示待ち。
    ・EX)沈没間際の救命ボートの漕ぎ手:いい奴ではなく、命を守るという目的達成をできそうな人を選ぶ。
    ・メンバーがリーダーにどこまでついていけるかは、その成果を出すことに、各メンバーがどれほどコミットしているか、成果を出すことを、どれほど重要と思っているか次第。
    ・人はチャレンジを続けていると、次々に新しいこと、より大きな仕事を手掛けることが怖くなくなる。反対に、簡単にできる仕事ばかりやっていると、できないかもしれない仕事が恐怖になる。毎日やればなんともない車の運転も、数年ぶりでは怖くなるのと同じ。0
    ・自分の実力を超えた仕事を任されている人は、きちんと結果を出すべき重要な仕事と、時間をかけるべきではいインパクトに低い仕事に分け、優先順位をつけて取り組む。収縮とやればできる仕事しかしないと、すべて細部まで詰めて仕上げる時間余裕あり、高い視点で仕事の優先順位を見極める必要がなく、すべてにおいて重箱の隅をつつく作業に没頭しがち。全力を出し切らなくてもできる仕事を続けていると、保守的になり、視点が低くなる。
    ・実力以上の仕事をしている人は、特別な勉強や訓練の機会を持たず、日常の仕事から品よくに学びえないと、必要なスキルを身につけれない=学びの臨戦態勢を保っている。
    ・リーダーがなすべき4つのタスク:①目標を掲げる、②先頭を走る、③決める(たとえ十分な情報が揃ってなくても、検討を行う十分な時間がなくても。リーダーが決断するのはこれで万事うまくいくという結論が出た段階ではなく、問題は山積みだが、今決断して前に進むべきタイミングと判断して、決断する。従い、決断後に問題が噴出するのは想定内)、④伝える(コミュニケーション。人によって感受性や思考回路が異なるので、新たな情報が入ったり、思考にふけるたびに、異なるアプトプットが出てくる。それが積み重なると、同じゴールを見ているはずだったのに、違った場所を目指しているということになる。従い、何度も繰り返して粘り強く同じことを言う必要がある。)
    ・マッキンゼー流、リーダーシップの基本動作:①バリューを出す(今自分のやっている仕事はどのような価値を生むのか?漫然と作業しない)。②ポジションをとる(あなたが意思決定者だとしたら、どう決断するか?いったん決めてから問題点を洗い出し、対策を考えていくのは新しいことを試みる際の一つの手段。準備が完璧になるまで決めないという意思決定方式は、準備を完璧に行うことが可能と思っている時点で、この考えは極めて傲慢であり、非現実的。そうではなく、常にポジションをとり、結論を明確にしながら、その結論に対して寄せられる異議やフィードバックを取り込んで、結論を継続的に改善していく方が現実的。)③自分の仕事のリーダーは自分(自分中心の組織図を書く)④ホワイトボードの前に立つ(ディスカッションリーダー(会議の参加者の意見を全体像の中でとらえ、論点を整理して議論のポイントを明確にしたり、こう着した議論を前に進めるために視点を転換するなどのスキルが必要)、できるようになる前にやる
    ・一人の偉大なリーダーを望む気持ちは、誰かがこの大変な現状を一気に変えてくれるはずという他者依存の発想に基づいている。救世主の期待。=スーパースターシ... 続きを読む

  • マッキンゼーで人材の採用担当を12年間務めた著者が、長年の経験から考える求められるべき人材像や今の日本に欠けている視点などについて述べている。
    著者は、「リーダーが必要」と一貫して主張している。このリーダーは管理職や経営者になってから求められるものではなく、新人の時からリーダーシップを発揮していくことの必要性を説いている。角が立たずに丸く収める人、つまり調整役は日本人ではよく見られるが、「成果を最大化するという目標を尊重していない」という著者の言葉は耳が痛かった。日本がリーダーシップをとる人の総量が不足していると思うのも頷ける。
    著者が述べるリーダーとは、①目標を掲げる、②先頭を走る、③決める、④伝える、の4つのタスクは胸に刻んでおきたい。そして、「時間がないから決められない」、「自分の役職ではできない」と言うことは、単なる言い訳であるということも。
    「会議で発言しない人は出席していないことと同じ」、「リーダーシップ体験の積み重ねで解決できる問題の範囲や規模が広がる」など、一歩控えめな日本人に対して的確に警鐘を鳴らしているように思った。すぐに実践しても今の日本の組織風土では叩かれて終わる可能性もあるので、少しずつ積極的に前に出ていき、信頼を勝ち取っていってこそ、求められているリーダーとなるのかも知れない。

  • リーダーシップの実践方法論と、著者のマッキンゼー愛がよく理解できた笑

  • マッキンゼーの元採用担当者によるリーダーシップ論の本。日本に必要なのはリーダーシップ・キャパシティ(リーダーシップの総量)であり、少数のカリスマリーダーではない、というメッセージ。リーダーのすべきことは①目標を掲げる、②先頭を走る、③決める、④伝えるの4つ。日本で「リーダーシップ」を正しく理解し身につけている人がどれだけいるのかなと心配になる。
    マッキンゼー万歳という内容ではないが、所々にマッキンゼーや外資の風土だからこその話もあった気がする。

  • タイトルから想像した内容とは若干違っていて、「リーダーシップ」がテーマの本。どれだけ問題解決スキルを身につけても、リーダーシップがなければ世の中を変えることは出来ない。私も、何か変えたければリーダーシップを身につけなければならないと気付かされた。まずは、決断に伴うリスクを引き受けることを意識していきたいと思う。

  • マッキンゼーの採用基準から説明を始め、
    リーダー像およびリーダーシップスキルについて具体的に明記している.

    以前はリーダーについて漠然としたイメージだけで
    リーダーシップが求められていても具体的に
    どうすればよいのかわからなかった.
    本書を読むことで,リーダーシップスキルに
    対する認識が大きく変わることはなかったが,
    リーダーに対するイメージを具体化することができた.

  • マッキンゼーのリーダーシップ推し本

  • なるほどの1冊!

  • 「私たちはなぜこんなにも早く新首相を見限ってしまうのか。それは国民が「たった一人のカリスマリーダーが日本の窮状を劇的に解決してくれるはずだ」との幻想を抱いているからだ」。はい、耳が痛いです。。団体の後ろから付いていくタイプの人、読んだら人生観変わるかも?

  • 書いてあることは、ある意味今まで自分では経験してこなかった側面からの意見がきちんと書かれていて、タメになった。

    しかし、「欧米のやり方が正、日本のやり方は誤」という一方的な見解で書かれているように思え、本来日本の持っているものを良くするような方法論が書かれているわけではなかった。
    また、「こういう人材が必要、育てなければいけない!」ということは書かれていたが、具体的にどのようにその様な人材を見つけて、育てていくかについてはほとんど書かれておらず、悪い言い方をすれば「意見の押しつけ」っぽく見えた。

    恐らくマッキンゼーという環境においてはこれが正しいと思うので、決して悪いことが書かれているわけではない。
    単純に自分の期待しているものと違っていただけかもしれない。

    補足だが、文章はあまり読みやすくなかった気がした。

  •  友人の薦めで手に取った(正確にはkindleで読んだ)のだが、本書に書かれていることは友人の推薦の言葉に凝縮されていた。

    「リーダーシップとは、自分事として問題を考えること」

     リーダーシップと言えば、通常は組織やチームのトップに立って目標を設定し、ぐいぐいと周りを引っ張っていくことと思われている。一般的な定義はそうだろう。
     しかし、著者はマッキンゼーにいた経験を引きながら、リーダーシップの"真の定義"を提示する。それが、先に掲げた「自分事として問題を考える」ことなのである。誰か上に判断を下し、その判断に責任をとる人がいて、自分たちはその判断に従って動く、というのではない。全ての人間が主体的に課題や問題解決に取り組むことがリーダーシップである。その意味で、リーダーシップとはリーダーだけが持っていればいいものではなく、組織のメンバー全員が持っていなければならないものである。そして、日本の問題はこのリーダーシップの総量が足りないことにある、と本書は指摘する。

     友人が本書を薦めてくれたときも同じ事を言っていた。
    「お前らと一緒に仕事をしていた頃は、仕事を安心して振ることが出来た。それは今まで能力が高かったからやと思ってたけど、それだけじゃない。能力よりもこの本の言うところのリーダーシップを持った人が多かったと言うことやわ」
     今は随分苦労しているようだったが、確かに僕もこの友人たちと一緒に仕事をしている頃は楽しかった。一つのプロジェクトをぶち上げた時も、それぞれが指示待ちになること無く仕事を見つけて主体的に動いていた。戦争の時に小隊がフォーメーションをとりながら互いの死角をカバーして敵中に入っていくというか、そういうバックを任せる安心感というか信頼感があったのを覚えている。(中には仕事の待ち時間に、余技で超絶的にゲスい小説を書いて回覧してる者もいた。あれは腸が千切れるかと思ったくらい笑ったなぁ…)
     本書を読みながら振り返ると、このときのメンバーと一緒に仕事をしたお陰で、その後も仕事や私生活でかなり主体的に動くようになったと思う。リーダーシップの総量が多い中にいたからか、主体的に何かするということに抵抗がなくなった(ただ、リーダーシップとサボり癖は必ずしもイコールではないようで、個人の仕事は遅れがちだったりもするが…orz)。

     本書を読んだ後に言って欲しくないのが「そうそう、日本にはリーダーシップが足りないんだよ!」というしたり顔の説教である。自分だけが分かったようなことを言うことこそ、この本が強く戒めるところであろう。そんなみっともないドヤ顔をする暇があれば、せめて自分だけでもリーダーシップを発揮して、日本のリーダーシップの総量アップに雀の涙ほどでも貢献すべきだ(笑)。本書を読んで感銘を受けたら、やることは一つ。まずは自分がリーダーシップを発揮し、そのリーダーシップを周囲に感染させていくことだろう。
     また、本書を読んでリーダーシップやある種のやる気に溢れてきても、それが「俺、今からでもマッキンゼーに入りたい!」と思うのは、ちょっと方向性が違うかもしれないのでご注意あれ(私も少し思ってしまいました)。

  • マッキンゼーが求めているのは、リーダーシップが取れて、成長し続けることができる人である。昨今問題になっているオーバードクター問題も、専門性があり、かつリーダーシップのとれる人材であれば、民間企業への就職も可能なのではないかと述べられている。ただ、日本企業ではチームワークは求められても、リーダーシップをとることは管理職になるまで問われないことが多い。本来は誰もがリーダーシップをとれるようにすることで会議なども生産的になるし、非常時に上司がいない状況でも、自分でその時最善と思われる行動をとることができる。マッキンゼーが必要とする人材とは、すなわち世界基準で必要とされる人材である。

  • マッキンゼーの人事観点から日本人の苦手なリーダーシップ論を中心にページが割かれている。 全員がリーダーの組織には賛否あるかもしれないが、会議や仕事に対する取り組み方では参考になるメッセージが多かった。

  • Kindleで初めて買ってみた本。2013.2
    意外と読みやすいし、電子書籍いけるな!と思った。安いし。
    内容も考えさせられ、やる気が出た。今後とも頑張らなければ。

  • 著者のマッキンゼーでの経験を基に、どんな人物が成果を上げる優秀な人材になるのかが述べられている。また、今後世の中で求められる人物像についても推察できる内容。

全32件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

採用基準を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

採用基準を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

採用基準の単行本(ソフトカバー)

ツイートする