統計学が最強の学問である [Kindle]

  • 289人登録
  • 3.73評価
    • (15)
    • (43)
    • (30)
    • (2)
    • (2)
  • 30レビュー
著者 : 西内啓
  • ダイヤモンド社 (2013年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
ダニエル カーネ...
池井戸 潤
ジェームス W....
クリス・アンダー...
シーナ・アイエン...
伊賀 泰代
エリック・リース
エリック・ブリニ...
有効な右矢印 無効な右矢印

統計学が最強の学問であるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ランダム化比較実験。

  •  統計学の歴史から実際の処理方法の簡単な紹介まで。あくまでも統計学を紹介する本であって本格的に活用するならちゃんとした教科書が必要だが、ある程度は統計処理の技術に踏み込んだ構成になっている。過去に読んだ同様な本に比べるとかなり突っ込んだ内容だ。

     文体が軽く、時には口述筆記かと思うほど口語体なので文章の格調には欠けるが、最近はこういう本が増えている気がする。ただ本書の場合、ちょっと気を抜くと難解になってしまう分野なので、このくらいがちょうどいいのかもしれない。

  • 中程、21章「統計学の理解が劇的に進む1枚の表」は、筆者のとっておきの発明といった趣だが、悲しいかな素人にとってはこの辺りから急激に難しくなる。こうなると、気楽に行き来のしにくい電子書籍は使いにくい。

    きちんと理解すれば間違いなく有益な知識が得られそうなので、再読して理解を深めたい本。

    (2017/2/17読了)

  • 【この商品は1冊単品版です。「最強の学問『統計学』」(週刊ダイヤモンド 特集BOOKS(Vol.11))(定価300円・税抜)とセットになったお得なサービスパック版(2冊で1400円/税抜)も販売しています。詳しくは『ダイヤモンド社 統計学』で検索ください】

    あえて断言しよう。あらゆる学問のなかで統計学が最強の学問であると。

    どんな権威やロジックも吹き飛ばして正解を導き出す統計学の影響は、現代社会で強まる一方である。

    「ビッグデータ」などの言葉が流行ることもそうした状況の現れだが、はたしてどれだけの人が、その本当の魅力とパワフルさを知っているだろうか。



    本書では最新の事例と研究結果をもとに、基礎知識を押さえたうえで統計学の主要6分野

    ◎社会調査法

    ◎疫学・生物統計学

    ◎心理統計学

    ◎データマイニング

    ◎テキストマイニング

    ◎計量経済学

    を横断的に解説するという、今までにない切り口で統計学の世界を案内する。



    ------



    統計学によって得られる最善の道を使えば、お金を儲けることも、自分の知性を磨くことも、健康になることもずいぶんと楽になるだろう。
    だがそれはあくまで副産物である。統計リテラシーによって手に入る最も大きな価値は、自分の人生を自分がいつでも最善にコントロールできるという幸福な実感なのだ。

    著者について
    1981年生まれ。東京大学医学部卒(生物統計学専攻)。東京大学大学院医学系研究科医療コミュニケーション学分野助教、大学病院医療情報ネットワーク研究センター副センター長、ダナファーバー/ハーバード がん研究センター客員研究員を経て、現在はデータに基いて社会にイノベーションを起こすための様々なプロジェクトにおいて調査、分析、システム開発および戦略立案をコンサルティングする。著書に『コトラーが教えてくれたこと』(ぱる出版)、『サラリーマンの悩みのほとんどにはすでに学問的な「答え」が出ている』(マイナビ新書)、『世界一やさしくわかる医療統計』(秀和システム)など

  • イマイチ。
    セミナーで紹介されてついつい購入。
    騙されたかも。

  • このデータ社会を生き抜くための武器となる統計学!そんな統計学の何たるかを教えてくれる一冊!!【中央館2F 350.1/NI 】

  • データをビジネスに使うための3つの問い
    1.何かの要因が変化すれば利益は向上するか?
    2.変化を起こす行動は可能か?
    3.行動が可能としても、それは利益を上回るか?

    最近よく書いてますが、現在、特許のベンチマークに基づく特許出願戦略なるものに取り組んでいます。出願数のみにフォーカスしたベンチマークと課題・解決手段まで踏み込んだベンチマークの二本立てです。

    ベンチマーク分析では、「自社はこの国の出願数が少ないから、もっと伸ばすべき」、「この課題は他社の出願数が少ないから、ここを重点的に伸ばすべき」、などの主張が使われています。これでは、上の2だけではないかと思います。1や3がすっぽり抜け落ちています。

    また、「減らすべき」という主張をほとんど聞きません。原資が決まっているなら、最適な特許ポートフォリオ構築のために、どこかの出願数を増やすのなら、どこかの出願数は減らすべきです。

    代案を提示したくても、現状自分も出願数以外の主張をできずにいるため、仕方なしに上で挙げたような主張を使っています。

    本書で見つけた出願数以外を主張するのに使えそうなツールとして、形態素解析ツールがありました。特許ら文章の塊ですので、何とかこのツールを有効利用できないか考えてみます。

  • 統計学が現代社会において、これほど深く関わっているとは知らなかった。目から鱗という内容の本であった。
    統計学自体は目立たない学問だと思う。医学の分野や国の政策決定において、陰ながら、意思決定における重要な理論的裏付けのひとつとなっているのだろう。私達はそうして得られた成果を享受し、気に入らなければ呑気に批判するだけだから、お気楽なものである。Googleが統計的手法を最大限駆使して、今の地位を築いたのも納得できる。
    著者は東大医学部卒ということでバリバリの理系だ。明快な理論を駆使した分かりやすい文章に好感を持てたし、勉強になった。

    それにしても、本書の読書を通して、自分の理系的センス(能力?)のなさを再認識した。数学的な部分の理解は放棄して、結果だけを読み進めてしまう。最近は数学的な思考を最初から頭が拒否してしまうようだ。いまだに、理系クラスに進みながら数学や物理が苦手だった高校生時代のトラウマが消えない。数学の勉強をしていないのに試験が迫ってきて、困ったどうしようと慌てる夢をいまだに見ることがあるのだ。

  • 統計学をマスターすれば、いろいろな判断が楽になるんだろうな、と思う。

  • 後で書こう

全30件中 1 - 10件を表示

統計学が最強の学問であるに関連するまとめ

西内啓の作品一覧

西内啓の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

統計学が最強の学問であるの単行本(ソフトカバー)

ツイートする