藝人春秋 [Kindle]

  • 36人登録
  • 4.00評価
    • (7)
    • (9)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 水道橋博士
  • 文藝春秋 (2012年12月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (144ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
大野 更紗
岸見 一郎
ウォルター・アイ...
岡田 武史
伊賀 泰代
落合博満
有効な右矢印 無効な右矢印

藝人春秋の感想・レビュー・書評

  • 面白かった。芸人にはディープな人が多いな。

  • 草野仁さんの章がおもしろかった。
    体格の良いまじめな司会者というイメージしかなかったが、学生時代、相撲が強かった話やアスリートとして活躍できるくらい足が速かった話、お父さんの教育方針など、博士の手にかかると、おもしろい面があらわになる。

  • 様々な有名芸人たちの生き様を読める一冊です。
    水道橋博士のちょこちょこ入れてくるジョークもこの本の面白さの一つかも(笑)

  • 予備知識ゼロで読み始めたら、ものすごく引き込まれました。

    水道橋博士の(若干よくもわるくも屈折した?)フィルターを通して、題材となっているタレント、著名人との交流秘話、人物像が描かれていてとても興味深い。根底にあるお笑いへのこだわりと、師匠・北野武へのリスペクトと、人への興味?がよく表れていると思います。

  • 水道橋博士による芸人批評。最初のそのまんま東の回が一番面白かった。この手のほんは芸人、ひいてはテレビ業界の裏側がかいま見えて面白い。ただし感動する程でもない。軽く読むぶんにはいい程度。星3つ

  • 芸能人の書いた本は普段めったに読まないものの、水道橋博士に関しては別格だなと改めて痛感。
    博士の生来のルポライター気質が存分に活かされた一冊だと思う。
    近くで見てきた人だからこそ気付く視点で物事が語られていて、なおかつ芸人らしいユーモアも忘れていない。

    個人的には甲本ヒロトのエピソードが好き。
    「楽しいことは楽(ラク)じゃないんだよ。同じ字だけど、よく勘違いしてる人がいるんだぁ。」
    このヒロトの発言は沁みる!!!

  • 水道橋博士が出会った芸人たちのエピソードが盛りだくさん。伝説級の芸人たちの生き様の苛烈さががんがん伝わってくる。ある部分が徹底的に過剰であると同時に、ある種の欠落でもある。そんな人間でないと芸の道で頂きに立つことはできず、そしてそれは決して幸福とは限らない。芸の道だけでなくビジネスの世界でもそうなんだろうな。自分はそういう人間にはとてもなれないなあ。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

藝人春秋を本棚に「読みたい」で登録しているひと

藝人春秋を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

藝人春秋を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

藝人春秋はこんな電子書籍です

藝人春秋の単行本

ツイートする