フィリップ、きみを愛してる! [DVD]

  • 254人登録
  • 3.67評価
    • (24)
    • (31)
    • (39)
    • (5)
    • (3)
  • 28レビュー
監督 : グレン・フィカーラ  ジョン・レクア 
出演 : ジム・キャリー  ユアン・マクレガー  レスリー・マン  ロドリゴ・サントロ 
  • Happinet(SB)(D) (2013年5月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953043305

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

フィリップ、きみを愛してる! [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 始めは、よくあるドタバタで、先も読めるしと思って観たいたけれど、良い意味で裏切られる展開でおもしろかった。

    「どうやって信じればいい?」
    ユアン・マクレガー。演技もがんばっていた。
    「何もない」
    ジム・キャリーが真実を言う場面がよかった。

    また、細かいところ。フランスパンのむきを直したり、端役の癖などもよかった。

  • IQ169の天才詐欺師スティーブン・ラッセルの実話を基にしたラブ・ストーリー。ある男性へ愛する気持ちを伝えるためだけに、詐欺と脱獄を繰り返す男の姿をコミカルに描く。

  • ハッピーキューティーライフ!!

  • 実話だって。ジムキャリー、ユアンマクレガー、二人ともよい。

  • うっかり泣いてしまった。涙を返せ。オチこんなんかよ!馬鹿か!
    ユアンかわいすぎてたまらん。ほだされすぎじゃー!
    これが実話だとするとフィリップはその後どうなったのかな。幸せになっていてほしい。

  • 唐突なカミングアウトシーンに爆笑してしまった。ハートフルコメディだと個人的には思います。

  •  隠れゲイがカミングアウト後、恋を続けるために詐欺しまくり、捕まりまくり、脱獄しまくって恋を貫こうとする実話。たった数行であらすじ書けちゃうほど単純なジム・キャリーらしいコメディーだけど、裏には愛されなかった幼少時代あり納得もしてしまう可哀想なアダルトチルドレン作品と感じた。
    ゲイだったからじゃなく、愛されたくて嘘や詐欺を繰り返し、脳内が幼児性に満ちてるから単純な間違いを繰り返して、今なら病名が付いてあんな長い刑にならないかもね。

  • 請求記号:11D028(館内視聴のみ)

  • 実話……実話!?
    愛ってすごい。原作の邦訳はされていないみたいだけど、読みたいな。

    母親をもてていたら、きっとまともな愛し方を知っていただろうに。

  • まさかのノンフィクションのゲイの話。
    詐欺をしては脱獄をし、そして詐欺をして脱獄をする…その原動力はすべて愛する人のため。
    大好きな人に好かれたくてその人の望むことをしたくなるのは至極当然のことで、主人公はそれが行きすぎてしまったんだなという印象。
    どう見てもクズ、だけど大好きな人に尽くしたい想いは誰もが持ってるもの。
    愛されすぎたフィリップもそんな主人公の悪行を知り離れようとするけどやっぱり好きで…
    物語が終った後、フィリップはどうなったのか…幸せになっててほしい
    吹き替えのフィリップの声の可愛さ、色気が好き

  • エグいゲイの表現がなくて普通の詐欺師の映画って感じ。ぼーっと見てられる

  • 実在した脱獄王の話。

    この映画をみて思ったのは自由だなと。

    法律を守ることは大事だけど、自由だな。

    楽しそうだなと。何を大事に生きていくのか考えたいな

    と思いました。

  • 時間の無駄。ナヨナヨしていてもユアン・マクレガーはかっこよかった。それが唯一の救い。

  • ノンフィクションというのは、やはり驚き!

  • ふたりとも大好きになってまう。

    恋人を刑務所から救い出そうとして自ら詐欺師&天才脱獄犯として犯行を繰り返すラッセル。

    実話っていう。

    主人公のふたりはゲイだけど、

    愛の形がなんであれ

    好きな人に好きになってもらい、その人を幸せにするため・・・


    と独りよがりに思い込んで嘘を重ねて行く主人公を見ていると

    せつなくなってくる。

    嘘をついた自分を愛してもらう方法しか知らなくなって、

    本当はどんどん大切な人を傷つけてることに気づいていない。

    愛する人にまっすぐに目を見て嘘をつかれたら

    そりゃ誰だってショックだよね。


    とにかくユアン・マクレガーの可愛さに惚れる。

  • コメディだと思ってさみしいXmasに借りてきたのに、中身はガチなゲイの純愛映画。
    思わず吹いたわ。
    ガチすぎるだろ。
    いやー、ジムキャリーすごいね、ほんと。おもしろかったけどさ

  • ゲイで天才詐欺師の半生を描いたお話。
    嘘のような本当の話と聞いてビックリしました。
    これだけ無茶なことをやれてしまうんだから、愛は強いなあ、と思います。
    ゲイとか関係ないんだな、と思うのと同時に、主人公の「自分がわからない」という言葉が、ゲイゆえにアイデンティティを持てなかった結果だったのかなあと感じました。
    それはやっぱり悲劇だなあと、思います。

  • 詐欺師でゲイですが終始愛に真摯でした。

    本筋自体はわりと王道の恋愛ものですが、男同士ってだけでこうも見えかたが普通の恋愛映画と違うものか…(笑) でもたまにフィリップがかわいく見える瞬間がががが。

    演出は明るめでしたが、事実をもとにしただけあってなかなか世知辛い結末でしたね。

  • これが実話なのが凄い!交通事故がきっかけで自分らしく生きると、ゲイであることをカミングアウト。恋人のために詐欺をして刑務所へ。そこでフィリップと出会う。フィリップに会いたいために、フィリップを出所させるために奔走する。真面目に働けばフィリップと幸せになれたのになあ。エイズで死んだと思ったらこれまた嘘。流した涙を返して!(笑)

  • ユアン・マクレガーがひたすらかわいく、色っぽかった。
    これでファンになりました 笑

  • ゲイの詐欺師が恋人のために奔走するコメディ。とにかく楽しい。
    弁護士になりきったり、大会社の財務担当部長になりきったりできるのは、普通に働いていてもデキるということなのに、恋人にゴージャスな暮らしをと、ついつい犯罪に手を染めてしまう。そこが憎めなくて笑える。
    始終クスクス笑いながら見てしまった(通勤で見ていたので、クスクス笑いながら男同士のアレをみるのはかなり...)。
    ゲイの話ってなんだかかわいらしい感じがするのでいい。

  • 全部が全部じゃないかもしれないけど、実話か…。
    テンポ良くて観やすい映画でした。

    ユアンマクレガーの乙女感がすごい。かわいい。
    女走りもばっちりでした。

    それにしても二人とも年とったな〜という感じ。

  • 途中まで、このままいつものかんじのジム・キャリーとゲイカップルの話で終わってしまうのかとハラハラしたけど、最後はきちんと本質が見えてよかった。スティーブンはきっと幸せというものを知らないんだろうな。最後の牢屋の中のフィリップを想う表情がすごく切なかった。あと、ユアン・マクレガーはNGを出したいくらい本物だった。

  • 嘘を突き通してでも守りたいもの“彼への愛”、彼が欲しかったもの“ひたむきな誠実さ”

  • ジム・キャリー、ユアン・マクレガーやっぱりすごいな。
    おもしろかった!

全28件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

フィリップ、きみを愛してる! [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

フィリップ、きみを愛してる! [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

フィリップ、きみを愛してる! [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする