モールス [DVD]

  • 173人登録
  • 3.40評価
    • (8)
    • (25)
    • (34)
    • (10)
    • (0)
  • 26レビュー
監督 : マット・リーヴス 
出演 : クロエ・グレース・モレッツ  コディ・スミット=マクフィー  リチャード・ジェンキンス  イライアス・コティーズ 
  • Happinet(SB)(D) (2013年5月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953043275

モールス [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 主人公はいじめられっこの少年。
    隣に引っ越してきた少女に、恋心を抱きます。
    しかしその少女には秘密があり・・・

    ホラー作品ですが、小学生らしいピュアな恋がキュンときます。
    「友達になんてなれない」というところから始まって、
    友達になって、
    「付き合って」と告白して。

    告白のシーンはとくに印象的でした。
    「付き合っても今と変わらない?」
    って、少女が聞くんです。

    まだ性欲を伴わない、
    「愛で合う」ような恋愛なんです。
    相手に対する優しさと思いやりで関係が成り立っています。

    ラストにいい余韻があります。
    この終わり方は好き。
     
    原題は「Let Me In」です。
    なんとなく、原題のままの方が良かったような・・・。
    「モールス」はモールス信号のことで、たしかにそれが出てきますが、
    大きくスポットが当たってないんですよね。
    モールス信号の解説はついてないから、
    二人がなんとやり取りしているのか、推測するしかなく、
    でもそこは、推測させる良さもあるにはあるのですが。
    「モールス」という無機質な名詞より、
    「Let Me In」という、気持ちをともなった言葉の方が、
    この映画には良いように思いました。

  • 設定はめちゃくちゃ良かった。吸血鬼を生存させるために無償の愛を注いだ男といい、その男の若かりし頃を反映しているような少年といい。。。
    けれども結末で一気に冷めた。まるで同じ悲劇が反復されるかのような予感しか感じられないような終わり方。これはないだろう。

  • マット・リーヴス監督、同脚本、ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト原作、2010年アメリカ。コディ・スミット=マクフィー、クロエ・グレース・モレッツ、イライアス・コティーズ、リチャード・ジェンキン出演。

    <コメント>から
    •久々の洋画。好きでほとんどみたスティーブンキングの作品と勘違いして借り、見終わって、「さすがスティーブンキング、ホラーなのにテーマは愛なんだよな…。『ペットセメタリー』と同系だ」なんて思ったら勘違いでした。
    •でも、退屈させない展開。映画の底にあるオーウェンとアビーの種を超えた精神愛のおかげで、怖さ、グロさが鼻に付くことはなかった。
    •邦題「モールス」は2人がモールス信号でやり取りしたからなのだろうが、話の筋からは瑣末なこと。正体を知られたアビーが、いけないと知りながらオーウェンに近づこうとする切なさがテーマだから、原題どおり「LET ME IN」(中に入れて)でよかった。
    •アビー役のクロエの可愛さに満足。
    https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/5e/Chloe_Grace_Moretz_Cannes_2014_3.jpg/170px-Chloe_Grace_Moretz_Cannes_2014_3.jpg
    口の大きい人が好きです。ロシア系かと思ったらドイツ系なのですね、クロエさん。
    因みに、鈴木ちなみに似ている。
    https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS3nGfxEDNZkJsFh0ygJ_xkMpk9MqQvFUHzEj4so4zAZkIvVEvj_w
    •ストーリーで引っかかったのは、血の調達係のトーマスが酸をなぜ持ち歩いているのか?好きになったからといって血の契りなどかわすのか?死んだ刑事をあのまま放っておいてオーウェンは大丈夫なのか?

    <あらすじ(ネタバレ)>
    いじめられっ子の少年オーウェン(コディ)が母と住むアパートの隣の部屋に、美少女アビー(クロエ)と老人トーマス(リチャード)が越して来る。当初はつれないアビーだったが徐々にオーウェンと仲良くなり、お互いに恋心が芽生え、壁越しにモールス信号で交信するようになる。
    ある日、オーウェンが2人の愛を確かめるために血の契りをかわそうと指を切ると、アビーは吸血悪魔となって血を舐め、外に飛び出し、通行人の女性を襲う。一部始終を見たオーウェンは、アビーに不信感をもちつつ想いを断ち切れない。
    アビーの訪問を受けたオーウェンは、「中に入れて」という問いかけに答えずにアビーを中に入れると、アビーは身体中から血が吹き出す。襲われることも考えずにアビーを抱きしめるオーウェン。しばらくすると部屋に刑事が訪問、アビーは刑事をも襲った挙句、行き場をなくし転居。
    ある日、オーウェンはプールでいじめっ子に殺されかけるが、おそらくアビーがやって来たのだろう、いじめっ子たちはそこで仕留められる。
    アビーを追って列車に乗り遠出するオーウェンが、そこにいない誰かとモールス信号でやり取りするシーンで幕。

  • 繊細で切ない純愛だった。ホラーのシーンは予想以上にホラーで、怖い。アビーをお世話していた男の最期に泣いた。アビーとオーウェン、結局この二人には限られた未来しかないよな…哀しい。僕のエリは未視聴なので観てみたい。

  • バンパイヤってネタは最後まで明かさない方が良かったんでないだろうか!?

    これだけ人が死んでいるのに、周囲の人間に警戒感が微塵もないところも脚本が雑過ぎる。

    まぁ寄生する人間をとっかえひっかえするという主旨なんだろうけど、その繰り返しは今回で終わりにするというエピローグの方が良かったんでないだろうか!?

  • 何も前情報無しで観ていたので、てっきりいじめられている男の子と父親に虐待されている女の子のハートウォーミングストーリー、もしくは胸糞映画なのかと思っていたら、突然女の子が猿みたいなスゴイ速さで動き出して衝撃。

    父親が血液集めてたんだし、途中で気付けよ私。

    ヴァンパイア物だった。

    と気が付いてからは、割と主人公の12際の少年少女に感情移入しながら観れたけど、やっぱり女の子が猿にしか見えない。動きや姿勢もそうだけど、突然木に登って、人をがむしゃらに襲って血まみれにするなんて。ヴァンパイアって知的でスマート印象があったので妙に納得できず。

    ただ男の子が本当に可愛くて純粋で、応援したくなる。二人で楽しく過ごせますように。

  • 「僕のエリ」きっかけのため比較してしまうが
    やはり引き込まれた。

    男の子役や、透明感あふれる風景とカメラワーク、本家にはかなわないなぁ。

    アビーにお付の人の謎が、写真で描写されてたりと
    「僕のエリ」より分かりやすくしてる雰囲気。

  • リメイクする必要あった?

  • リメイクだとは、知らなかった。
    バンパイア映画の中では好きな方。
    オリジナルも見てみたい。

  • レンタルのジャンルがラブストーリーってなってるけど、十分ホラー要素たっぷりな作品でした

全26件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

モールス [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

モールス [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

モールス [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする