彩雲国物語 文庫 1-18巻セット (角川ビーンズ文庫)

  • 57人登録
  • 4.73評価
    • (12)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 雪乃紗衣
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 4534993302972

彩雲国物語 文庫 1-18巻セット (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これだけ長期で何度もくりかえして読んでる本もなかなか無い。

    国中でただ1人の女性官吏である秀麗。困難な道でも、まっすぐで時々熱すぎる情熱で爆進しながら、男社会の中で奮闘する彼女に何度も勇気づけられます。
    読むたびに私も頑張ろうって思わせてくれます。

  • 二次創作からドハマり。原作が読みたい

  • 最後3冊を発売当初に購入し、終わってしまう悲しさも相まってずっと読まないでいた物語でしたが、意を決して最初から最後まで読みました。
    最後はあっけないような、でも、ほっとしたようなそんな終わり方でしょうか。
    もっと読みたい!あのあとが知りたい!!と強く思いましたが、余韻としてはそれくらいの方がこれからも気になり続ける本として残るので良いのかなとも思いました。
    これからも何度も読み返すたびにドキドキしてワクワクさせられると思うとにんまりします。

  • これは、みないと損なアニメ

    性別に関係なくみれます

    私の中では最高の面白さ楽しさ★5ですよ

    内容がともかく、全てにおいてすばらしいです、
    OPの音楽も好きです

    架空の中国を舞台にした政治まじめにを扱った物語です、

    名家で貧しい主人公の紅家の娘秀麗ががある日、即位して
    働かない新王の教育係を引き受けることになり

    そこから物語はじまっていきます、紅秀麗は官吏になって人を助けたいとおもっていても女性は官吏なれない決まりがあり、そこにたちむかっていきます

    ※官吏とは現代でいえば国会議員みたいな職でしょうね
    第一期と第二期ありますので、十分に見ごたえある、
    作品、ほんとにおすすめです

    さらに第2期までありますよ、全部物語りは続いてますので 最後ま一気にみたくなりますよ、音楽もなんかとてもあってますね

  • 久しぶりに読みたくなったので、大人買いしなおした物。何度読んでもいいわーって思える物。秀麗が「突っ走ってでも頑張んなきゃやってらんない」というのはあまり好きではないが、劉輝のオトナな対応が案外ツボ。誰が黒幕なのか、誰が劉輝のそばに残るのかを考えるのは楽しい。
    個人的に好きなのは藍家五人兄弟が好きだったりする。藍家の当主はもとより、楸瑛や龍蓮が面白い。

  • 出会いは覚えていません。気まぐれだった気がします。確か、茶州編の後半辺りからの付き合いです。
    狩人以外に二次創作をしようと思う話に出会えました。

    ヒロインは、悠舜の養い子で色々面倒な身の上な娘です。現在進行形でいろいろやらかしています。

全7件中 1 - 7件を表示

彩雲国物語 文庫 1-18巻セット (角川ビーンズ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

彩雲国物語 文庫 1-18巻セット (角川ビーンズ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

彩雲国物語 文庫 1-18巻セット (角川ビーンズ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

彩雲国物語 文庫 1-18巻セット (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする