これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義 [Kindle]

  • 24人登録
  • 3.83評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 東江 一紀 
  • 文藝春秋 (2012年10月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (162ページ)

これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義の感想・レビュー・書評

  • 学生時代の物理は、問題解くためのパズルみたいに扱っており、とても本質まで考えるみたいな作業はしていなかったので、改めて読んでみました。

    振り子や虹の話では感心できる部分も多々あったのですが、原始の話になると途端にちんぷんかんぷんになってしまいました。

    物理学者はこんな難しいこと考えているんだ、と思うと、修士で会社員になって良かったと思います。とてもついて行けそうになかったと思います。

  • マサチューセッツの名物教授。
    体当たりの実験とかで有名らしい。(現在80歳近い…)

    本書では、物理に対する愛、また僕みたいな今までの人生で物理学なんかかすりもしなかった人間に対してもすごく丁寧に最後まで書ききってくれてます。(それでもわからんもんはわからないということは置いといて。)虹や振り子、エネルギーといった想像しやすいものから、宇宙といった未知の世界まで全15章。盛りだくさん。

    また、こういった物理学の本でも、人生の人との出会いの大切さを学べるのは面白い。

    *言葉の陰に、真実を隠してはいけない
    *われわれの知らないことが存在することをわれわれは知っているが、未知の未知、すなわち、われわれが知らないということすら知らないようなことも存在する。byラムズフェルド
    *高気圧から低気圧へと空気が動くことによって起こるのが風
    *教えるものにとって大切なのは、知識を箱にしまい込むことではなく、箱のふたを開くこと!

  • とりあえずプリズムを買ってしまったし、偏光板も財布に入れてしまいましたね。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義を本棚に「読みたい」で登録しているひと

これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義を本棚に「積読」で登録しているひと

これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義はこんな電子書籍です

これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義の単行本

ツイートする