ヴィンランド・サガ(12) (アフタヌーンコミックス) [Kindle]

  • 35人登録
  • 4.00評価
    • (5)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 幸村誠
  • 講談社 (2012年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (1ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ヴィンランド・サガ(12) (アフタヌーンコミックス)の感想・レビュー・書評

  •  逃亡奴隷ガルザルとアルネイズの物語。逃亡奴隷はただ凶暴なだけではなかった。彼に宿る強い想いがあった。戦いの嵐の中で子供を失ったアルネイズさんにも強い想いがあった。
     「蛇」がスヴェルケル大旦那に読み聞かせている聖書を盗み聞きするトルフィン。自分が殺した人たちを安らかに眠れる場所に連れて行くため,剣を必要としない地を作りたいと思っている。エイナルに話すうちに,幼い頃レイフから聞いたヴィンランドのことを思い出す。
     安らかな土地を築きたい想いはトルフィンもクヌートも同じなのに,選んだ道はこんなにも違うのか。アルネイズのために「蛇」と戦わねばならない状況で,トルフィンが取った方法は,かの日のトールズと同じだった。

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ヴィンランド・サガ(12) (アフタヌーンコミックス)はこんな電子書籍です

ヴィンランド・サガ(12) (アフタヌーンコミックス)のコミック

ツイートする