のぼうの城 通常版 [DVD]

  • 1354人登録
  • 3.45評価
    • (85)
    • (252)
    • (297)
    • (66)
    • (18)
  • 260レビュー
監督 : 犬童一心  樋口真嗣 
出演 : 野村萬斎  佐藤浩市  榮倉奈々  成宮寛貴  山口智充 
  • Happinet(SB)(D) (2013年5月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953032798

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

のぼうの城 通常版 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 野村萬斎の田楽がすごくいい。

  • 埼玉県行田市忍城が舞台。成田長親は秀吉の関東平定の命でやってきた石田三成の水攻めに対しても、農民を本丸にあげて守り通す。水攻めで出来た堀の上に舟を浮かべて田楽を踊り、石田三成に近づいては、撃たれ、城外の農民の同情をかい、城外の農民は堤防を崩す。でくのぼうのフリをしていますが、平素より農民の暮らしをおもんぱかる優しい城主で、いざというときは、人望があるため家臣のみならず農民と一致団結をはかることができる立派な城主でした。

  • エレカシが主題歌ってことで観てみたら、なかなかどうして心晴れるいいエンタメ作品だった。間違いなく負け戦だろ、ってところを、勝たずとも負けずというところに持ち込む手腕たるや天晴れ!姫の演出がブレブレのようで浮いていた気もしないでもないけれどご愛嬌ご愛嬌。個人的にはエレカシの世界とも合致してて満足です。

  • 野村萬斎の田楽踊りを見るだけでも価値のある映画!

    最後の長親の決断も潔く、総大将らしく、よかった。きっとあんなのぼう様だったから家臣も、農民も、みんなが協力しようって思うんだろうな。人望が厚いとはまさにこんなのぼう様!

  • かなり期待して観たから想像程ではなかったけど結構楽しめた。
    原作が良かったって声が結構あるから読んでみたい。

  • これが史実に基づいているなんて!!なんて天晴れな殿様。
    知恵があり、人心を掴むとこんな恐ろしい力を発揮するのか。すごい洞察力だし。後味すっきりさわやか。

    「戦になっちゃって、みんなごめ〜〜〜ん!!!」と百姓に言える殿様って、他にいなさそう。

  • 田楽にあわせて、麦を踏み、苗を植える人々。
    戦なんてしないで、楽しく暮らすだけじゃ、どうしてダメなんだろうね。
    萬斎さんがとてもかわいい。

  • 原作は昔読みましたが、同じ「忍城の水攻め」をテーマにした小説なら「風来忍法帖」(山田風太郎)のほうが百倍面白くて、映画はあまり期待しないで見ました。案の定、原作の弱いところがそのまま出たかなぁという印象。

    少人数で城攻めの大軍を手玉にとる局地戦、そして迫力あふれる水攻め。ここまでは百点なのです。でも後半が弱い。これは原作の弱点でもあるのですが、クライマックスになるような見せ場がないんですね。田楽踊りの策略もテキトー極まりないし、なにより最後の総力戦の直前に停戦になってしまうのがストーリー的に痛い。主要人物が誰も死なないのもドラマとして盛り上がりに欠ける原因(史実どおりなんでしょうが)。

    かわりに開城後に主人公と石田三成が対峙するシーンをクライマックスに持ってくるんですが、オーラ溢れる野村萬斎に対して上地大輔の演技は全くの迫力不足にて、これまた盛り上がらず。あちゃー。

  • 良くも悪くも野村萬斎のための映画という感じはする。

    (すごくよく似合っていた。でも良くできすぎてて、原作で感じたボーッとした感じが、「本当にボーッとした人」ではなく、ポーズとして「うつけ」をやっている人になってしまっていた。)

    まぁしかし、時代劇の王道感も良かったし、エンドロールで現代のシーンを入れるのって、
    ちょっとしたアイディアだけど、僕にはすごくいい演出だと思った。
    400年の時は経ってるけど、時間や場所は確実に400年前から繋がっていて今があるんだからね。
    あの演出にはジーンときました。

    本を読んだ時にも思ったけど、これは石田三成の物語でもあって、
    その視点で読むと悲しさがただよっていて泣けてくる。

    この、無邪気な正義感はあるけど軍略や政治下手な若者が、
    この後、関ヶ原で西軍大将となってしまって大いくさで負けるんだよね~
    ということを我々は知っているから、いちいち悲しい。

    三成って人は、実は素直ないい人で、本当は人に好かれる人間だったんじゃないかなーと
    勝手に想像してるんだけど、めぐり合わせが悪かったのか、自分の器以上のものを
    背負い込んじゃってダメだったんだろうな~と思ったりもします。(知らんけど)

    大将である秀吉が女湯から「三成、お前も入るか?(^O^)/」と言われたとき、
    「ハッ、喜んでヽ(=´▽`=)ノ」とか言える人だったら、
    もしくは天下を取れたかもしれないけどね。

  • 震災後の公開が延期されたいわくつきの作品ですが、確かに水攻めのシーンは迫力があって、とてもあの震災の直後では公開できなかっただろうなあと納得しました。ただそれでもハリウッド作品のリアルな映像を見慣れてしまうと、チャチな感じに思えてしまいます。その辺はお金のかけ方だから仕方ないんでしょうが。
    原作に比べると少しレベルダウンしたような印象を受けました。この辺も時間の関係で仕方ないとは思うのですが、野村萬斎ののぼう様は知的な感じがしてしまって、もう少しバカな感じの方が良かったかなあ。上地雄輔の石田三成は中々良かったです。やっぱりただのバカじゃなかったんだ。

全260件中 1 - 10件を表示

のぼうの城 通常版 [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

のぼうの城 通常版 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

のぼうの城 通常版 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする